眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

232日目「依然として慣れぬ職場環境」

名古屋に赴任してから1ヶ月と1週間ほどが経った。環境が東京に比べると頗る良い感じだったので、GW明けにはすっかり自分のペースというもとを掴んでいるだろうと楽観視していた。現実はそんなことはなく、いまだに職場に入るときは緊張感が漂っております。優しそうな先輩にさえまだまだおどおどしている状況下を繰り返して、「いつになったら今の職場に慣れるんだろうな」と不安になって、夜寝る前はどうしようもない気持ちに駆り立てられてどうにもこうにもなりません。私が必要以上に緊張しているせいなのか、何故こんなにも緊張してしまっているのだろうか、何故自分の気持ちを素直に表現出来ないでいるのだろうか。夜、明日の朝のことを思うと苦しくて苦しくて呼吸が浅くなります。まあ、1日も生きたらすっかり体は疲れ果てているので、布団に入ったらすぐに寝てしまうのですけれど。

 

 

今日は朝からビクビクしており、それは金曜日に強めの先輩から「新規、新規」と言われたからでありまして、今日もそのことでせっつかれるのであろうか、と思うと気が滅入りそうになりました。しかし、蓋を開けてみたらそんなことはなく、優しい先輩が仕事を振ってくれたら、外に連れ出してくれたお陰で、あっという間に定時になっておりました。今日は大切なライブがあったので、どうにかそれに間に合ってくれ、とだいぶ前から祈っておりましたので、とても救われました。しかし、いつまでも優しい先輩について回るわけにもいきません。早々に自分一人で動けるようにならないと、会社からも強めの先輩からも何を言われるか分かったものではありません。ですので、1日でも早く独立できるよう、先輩の仕事っぷりを注意深く観察して、どのように気をつければいいのか、どこに力を注げばいいのか。早くその辺りの匙加減を無意識に分けられるようにやっていこうと思います。今日は午前中に喫茶店に行き、夕方にはスイーツを堪能したので、なんとも食三昧な1日になりました。早くダイエットして体を整えて、以前買ったスーツをまた着れるようにしないとな、と心の片隅では思っているのですけれど、いざ美味しそうな食べ物を目の前にしてしまったらそれに抗うことはなかなかに出来そうもございません。明日もお昼ご飯は躊躇なくカロリーの高いものを食べそうで怖いです。

 

 

明日はもっと積極的に動こうな。

 

カモフラージュ

カモフラージュ