眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

197日目「ここを抜け出したら何かが変わるのかな」

ここまでの放置を食らうと、しんどい気持ちを上回り、「あれっ、 自分はこの会社の社員だっけ?」という疑問がわいてくる。 ほとんど誰にも話しかけられない、 仕事を一切振られない状況が続いてくると頭がおかしそうになって くる。いや、 こんな文章を書いている時点で既に頭はおかしくなっているのだろ う。あまりにもおかしな状況におかしくなってきたけれど、 冷静になって自分の置かれている状況を考えてみると全然おかしく ない。 むしろ真剣に真顔を取り繕ったところでこの状況にふさわしくない だろう。なんだこれ。なんなんだ、これ。こういう風に放置され、 自分でがむしゃらになって仕事にかぶりついて仕事を覚えていくよ うになるのが世間一般的な流れなのだろうか。は? いつの時代の話だよ。そもそ職人のように言語化できない・ マニュアル化できないような仕事ではないのに、 持っている知識を自分の中だけで完結させている、 若しくは後輩に仕事のやりかたを教える術を持ち合わせていないの か。おいおいおいおい、勘弁してくれよ。 こちとら仕事をごりごりやって自己研鑽するために会社に入ったっ ていうのに、 全然仕事を覚えることなく5年目を迎えるようになっているこの状 況は全然笑えない。ただただ震えている。