眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

185日目「あとほぼほぼ一ヶ月で」

朝、いつもの時間に起きてニュースを眺めていたら中央線が遅延していた。停電が原因だそうだ。以前、台風で電車が遅延して、だいぶ遅れて出社したときに「この給料泥棒が」と上司に言われたことがトラウマになっていたので、いつもよりも早く家を出た。

 

 

電車はアホみたいに満員で、一本を見逃して次に来た電車に飛び乗った。そのままスイスイと進むものだと思っていたら、新宿で止まってしまった。これ以上は進めません、ほかの電車をご利用くださいとのこと。なんだかんだで会社に着いたのが始業の40分後。あー、またなんか言われるんだろうな嫌だな、と思ってオフィスのドアを開けたら、課長が「おはよう」と言って通り過ぎて行った。おっ、今回は大丈夫なのか、とハラハラしながらデスクに着くと、冷凍庫がキャンキャン喚きだした。「去年の台風の時にも同じように遅刻していたよな。みんな、ちゃんと時間通りに来ているんだよ。なんでお前は...」と通り一遍のことを捲し立ててきた。まあ、こんなものか。そうだよな、普段から早く起きて、会社に遅刻しないように準備しておくことが会社員としては必要最低限守らなければならないことだよな、と思った。でもさ、会社に遅れるってことは何かしらの事態に巻き込まれている可能性もあるじゃないですか、「どうして遅刻したんだ?何か危ない目にでもあったか?」と一言でも私の身を心配してくれるようなことを言ってくれたのならその人に対しての印象は変わるんだろうけれど。まあ、期待するだけ無駄だな。そして私は今後、遅刻しないように早く起きなくちゃいけないようです。真面目に考えるだけ無駄だ。

 

 

仕事は、ええと、ぎゅっと来てしまって慌てる場面がありましたが、まあ、なんとか、乗り越えられたのかな?そんなこんなで久しぶりに外に出て、打ち合わせをして、その流れで飲んでいたら家に着いたのが23時過ぎ。久しぶりにべろんべろんになってしまったのでお風呂に入らず、速攻で寝たんですけど、明日は流石に遅刻ができないので、気合いを引き締めて眠りました。明日は穏やかな一日になるといいな。