眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

伊坂幸太郎「ホワイトラビット」感想

前作「AX」からあまり間を開けずに刊行された本作は表紙からもわかるように新潮社から出たものだ。新潮社の伊坂といえばデビュー作「オーデュボンの祈り」に始まり、「ラッシュライフ」 「重力ピエロ」「砂漠」などなど、数々の名作が出ている。そしてネットでは、昔の伏線回収が冴え渡っていた伊坂幸太郎が帰って来た、みたいなコメントを見たような気がする。これは読む前から期待値がぐんと高くなるでしょ。でも最初にハードルを上げてしまうと、少しでも気に入らないつまらないぶぶんを見つけてしまうと、粗探しが始まって、読み終わった「大したことなかったな」と落胆してしまうケースが多々ある。のであまり期待せずに読みました。

 

うーーーーーん、いや悪くはない。悪くはないんだけど、そんなに楽しくはなかった。伊坂幸太郎ではおなじみのあの泥棒も出てきたのにこんなにも落胆してしまうのはなんなんだ。なにが気に入らなかったんだろう。たぶんもう自分の読書のレベルみたいなものが伊坂幸太郎を越えてしまったんだろう。最近は遠藤周作を読み始めていて。「沈黙」のイメージが強いから、取っつきづらいかなと思っていたんですけど、今読んでいる「深い河」というのが、なかなかに面白い。早く読み進めたいのに仕事が忙しいし、ジムに行って水泳して気持ちよく体を疲労させなくちゃだし、それにアニメも見なきゃなんだよな。幸せに叫びだ。次回作に期待しています。

 

 

 

はい、生まれました。はい、死にました。その間には、いろいろあるんだよ、お父さん。

 

ホワイトラビット

ホワイトラビット