眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

雑談

私は親不孝者

親と電話をしていて、ライブの話になった。私はコロナ禍になってからライブに行っていることを親に内緒にしている。親から「最近ライブには行っていない、よね?」と訊かれると「うん」と答えている、嘘つきものである。今の世界ではライブに行っているとい…

今日も眠かった寝てしまった

昨日は早くに寝たのに、起きた時からすごく眠たかった。睡眠障害か、と疑うほどに眠たくて眠たくて、本を読んでてもまったく集中できなかったので諦めて寝た。2時間ほど寝て起きて読書を再開したのだが、またすぐに眠気が襲ってくる。もうなんなんだろうこれ…

衝撃的な本に出会った

昨日の夜は恋愛のことで落ち込んでいて、その落ち込んでいる状態が嫌だったのでとある本を読んでいた。コミュニケーションに関する本で、小手先のしょぼいテクニックを紹介するものではなく、意識の根本から変えていくような本で、読んでいて苦しくなった。…

横たわっている

なんだか疲れてしまって横たわっている。吉祥寺をとことこと歩いたせいだろうか、一週間分の疲れがしっかりと露出したせいだろうか、明日のデートへの緊張からだろうか、頭がぼおっとしていて横たわっているだけで精一杯である。ドラマとかアニメとか、街に…

何もかも

何もかも全部全部忘れて、初めからやり直したいな。29年はあまりにも長すぎて、たくさんのものを背負いすぎた。多くの思い込みに囚われて、自由な思考が妨げられている。 一人の女性を愛したいと思っている。昔だったら、「自然に出会うのが正義だ」なんて思…

今日も終わる

ああ今日が終わる。子どもの時に想像していた大人にはなれなかったね。大きくなったら自動的に結婚するものだと思っていたよ。こんなにも恋人、結婚相手に出会うのが難しいことだなんて知らなかったから、学生の頃は好き勝手遊んで勉強しているだけだった。…

過去を思い出すときにコロナが頭を過るのが不愉快

マスクを着けるということが子どもの時から苦手だった私は、風邪を引かないように半袖半ズボンでやり通していた。その結果、あまり風邪を引くことはなく、「冬男」という、そこまで嬉しくないあだ名を頂いた。それはさておき、そろそろコロナ騒動が私の生活…

感想を書くという難儀な行為

ブログに本やドラマの感想を書こう書こう、と思って作品に向き合っていると、作品が醸し出している細やかな機微に気付き辛くなり、大枠だけを捉えて、「この作品はこんなことを伝えようとしている」なんて大層なことを書いてしまいたくなる、難儀だ。感想な…

すっきりした

平日に有給休暇を充て、久しぶりに小旅行をしてきた。電車に1時間半以上も乗ることは今の私には新鮮で、平日でコロナのせいか電車はすかすかだった。「温泉に入ること」と、「お昼ご飯に蕎麦を食べること」だけを決めて、細かい予定は決めなかった。せっかく…

他人の家

子どもの時から他人の家に行くのが楽しみで仕方がなかった。まず匂い。何が要因かは知らないけれど自分の家とは異なる匂いが家の中に充満しており、それを余すところなく嗅ぐことで家に対する期待値が上がった。次にどのようなものを家に置いているか。自分…

刺激がないと生きている心地がしない

タイトルの通り、刺激がない人生は生きている感じがしない、そもそもそれは人生と呼べるものだろうか。私にとっての刺激とは音楽であり、ドラマであり、小説であり、漫画である。それらをがぶがぶと享受しているときに溢れだす心の高揚、それを出来る限り長…

もう一つのハッピーエンド

なんかもう生きているだけで丸儲け、という風に考えられなくなってきている。このままコロナの感染が拡がり続け、私たちの生活が今まで以上に制限されたとして、それでいいのか、そのまま生を続けていくことに意味があるのか、という話。私の趣味であり生き…

今日の借りは明日返すことにする

毎日、2本の文章を書いているとさすがに両方を満足に書けない日がある。そもそも、「なにもしたくない」という日は1ヶ月に1日くらいはあって、じゃあそういう時はどうするのか。ぎりぎりまで文章の事は考えないで目の前の享楽にどっぷり浸かり、ただただ今が…

文章に触発されて文章を書いている

4日連続でお酒を飲んでいて、それはあまり喜ばしくないことなのだろうけれど、今の私はお酒を飲むことでその前の時間を区切るようにしている。家にいるときの私は人と交流することのない、自分の好きなものだけをだらだらと楽しんでいる人間で、そうした生活…

今更ながら「鬼滅の刃」に夢中になっている

先日までドラマに夢中だったが、ここ数日は漫画ばかり読んでいる。「鬼滅の刃」はアニメは全部観ていたので、無限列車編の前までは内容を知っていたけれど、無限列車編以降からぐっと内容が面白くなって、ページを捲る手が止まらない。もちろん無限列車編前…

なんだかんだでライブに行けている

昨年の11月25日に下記のエントリーを書いた。 bigpopmonster.hatenadiary.jp このエントリーを書いた時よりも新型コロナの感染状況は悪化しているし、延期・中止になっているイベントも多くあるが、「なんだかんだ」で開催されているイベントもある。ライブ…

こだわり抜かれた傑作

社用のスマホの調子が良くない。3年前に支給されたスマホで、仕事で使う以外は使っていないはずなのに、ここ半年は言うことをなかなか聞いてくれず、指示した動作を行うのに数分かかってしまう。スマホには寿命というものがあって、それは多分2年くらいなの…

世間から隔絶していた

この3連休、テレビやネットでニュースを見ることなく、ひたすら趣味に埋没していた。韓国ドラマやアニメをひたすら摂取する生活は痛快で、ずっとこの時間が続けばいいのにとすら願っていた。たまに通過する「将来に対する不安」は気にしないようにして、目の…

「安達としまむら」に癒される

人といることはほんの少し苦痛を伴う理解できないこと、面倒なこと、関係のこじれに伴う修復、解体への労力だけどそうした負の面の隙間に幸せは転がっている子供のときになくした小さなボールをふと見つけるように安達と出会ったことがよりよい未来、そのも…

パソコンを買い替えたい

今プライベートで使っているパソコンは社会人になったときにお兄ちゃんに貰ったものなので、かれこれ6年ほど使っている。性能はそこそこいいのだけれど、酷使してきたからかここ1,2年は少し動かしただけでフリーズすることが多く、元に戻るまでの時間を足し…

今日も文章を書きたい

文章を書くのは非常に難しい。文章を書くうえで一番難しいのは「何を書くか」を決めることで、これさえ決まればあとは手が勝手に動いてくれるので(私の場合は)、それに任せればいいだけである。「何を書けばいいのか」を誰かが教えてくれるわけではない。…

このまま突き進んでいくのか

www.jiji.com 1月7日(木)、東京での新型コロナ新規感染者数は過去最多を記録した前日から800人以上も上回り、2,447人を記録した。愛知県では400人を超え、他の県でも緊急事態宣言が遅かれ早かれ出るだろう。感染に歯止めがきかない状態になっていて、でも…

夢は夢のままにしておくことにした

平日、22時過ぎ、一人暮らしの寒い部屋。夢中になって読んでいた本に区切りをつけて、ふと、「自分は一人であるな」ということを実感する。物音が全くしない部屋で、先行きが不透明な世界に包まれて、「どう転がっても自由です」と言われている、それはもう…

私を笑え

放っておくと次第に固まっていく思考、「こうでなければならない」という考えが私を縛り、遠くの方へ行くことを許してくれない。気軽に同僚に声をかけたり、垣根を越えた交流だったり、主に人間との交流に関することで私は私を縛る、臆病になる。小さい頃の…

それぞれが生きている、今

軽い気持ちで久しぶりに呟きを眺めていたら、懐かしい記憶とか、その先の妄想とか、あの時の決意とかたくさんぶわあーっと溢れ出してきて、感状のやり場に困っている。私はその人をもういない者として認識していて、それはその人のことをもう思い出したくな…

東京に帰ってきた2

東京に帰ってきて2日目。たくさん寝て、外に出たのも近所のコンビニに寄っただけなので全然東京を満喫出来ていないが、一人でいることにこの上ない解放感がある。雑音が入らない、というのが一番嬉しくて、隣から声が聞こえないし、工事音もない、ただ空調の…

東京に帰ってきた

一人、人の話し声のしない部屋でのんびりとしていることがこれほどまでに安らぎを与えてくれるものだということを私はすっかり忘れていた。家族と過ごす時間はかけがえのないものであるが、それをたくさん摂取してしまうとどうやら疲れてしまう体になってし…

人間が駄目になる

今日で休暇も7日目となるが、そろそろ人間として駄目なところへ行ってしまいそうである。休暇の計画を大雑把でも決めておかなかった私が悪いのだけれど、ここまで落ちてしまうとは思っていなかった。予定がないからずるずるとよふかしをしてしまう、そしてよ…

年末年始を感じられない

かれこれ6日も休んでいるんですけれど、年末年始を一切感じられなくて、このままでいいのか?と不安です。一昨年、去年は年越しイベントに参加したので辛うじて「年末年始感」があったのですが、今年は皆無。そりゃ、外に出ることもなく、家でごろごろと寝て…

自堕落な生活

長期休暇で予定がないと、途端に生活が破綻する。朝はずるずると眠気の余韻を残し、しなければならないことがないので昼近くまで寝てしまう。ぼけっとした頭に朝食(昼食)を押し込んで、そのあとはぼおっとして過ごす。目的を掲げて事に励めば生活に張りが…