眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

読書

2021年5月1日(土)

2021年GW3日目 今日も晴れ。午前5時、ふっと目を覚ます。マンションの外か、マンションの中か、どちらかは判然としないが、男が叫んでいる。時折ガラスの割れる音が響く。笑う女の声がそれに続く。私はまだ悪夢を見ているのだろうかと、不思議と心は落ち着い…

2021年4月25日(日)

そもそも人が歩けば景色が変わり、その先には人なり動物なり植物なりが必ずいて、何ごとかが起こるのは必定であって、何も起こらなかったということは何も見ていなかったということを意味する。何も見ていなかったのは目的や目的地を持っていたからに違いな…

2021年4月24日(土)

やっと休みです。あと3回会社に行けばお休みなので、気持ちは既にGWです。でも楽しみにしていたGWは、去年と同じようになんのイベントもなくなってしまいそうで震えています。一番楽しみにしている、5/2の屋内型のロックフェスが中止になってしまいそうで、…

2021年4月23日(金)

在宅勤務。昨日はお酒を飲んで変な時間に寝落ちしてしまい、起きたら午前中に2時。そのままのうつろな意識でロフトに上がり、どてっと布団に倒れ込んで、そのまますやすやと眠りを貪る。朝になり、ベランダから太陽の光が差し込んでくる、それによって私の体…

2021年4月21日(水)

在宅勤務。故にすることはないし、朝遅くまで寝ていられるし、仕事中に音楽を掛けられるし、良いことづくめで笑ってしまう。ずっと在宅勤務が続けばいいのに。私の家は会社から近いので、通勤時間がなくなる恩恵はそこまでないけれど、朝の、あの気怠い気分…

2021年4月17日(土)

今日は何もない休日。雨が降っているし、外に出たい気分はない。ただ、家の中にずっとこもっていると気が滅入ってくるので、どこかのタイミングで外に出られれば、と思っている。 9時過ぎに目が覚めて、それからはずっと起きていた。これといってしたいこと…

寝れない

午前2時を回ったけれど寝れない。眠気が一向に来ない。日中、膨大な睡眠をしたわけではない。ただお昼過ぎにちょっとだけ寝たのが原因しているかもしれない。それと夜に鑑賞したライブの興奮がまだ残っているのかもしれない。それとは別に将来に対する不安が…

2021年4月4日(日)

村上春樹の「一人称単数」を読み終える。そこまで心惹かれるお話はなく、私はもう村上春樹を必要としていないことが分かって、少し悲しくなった。 お昼は久しぶりに高円寺に行って、「味噌一」というお店で味噌ラーメンを食べる。思っていた通りの味、安心し…

2021年3月29日(月)

在宅勤務。最後の在宅勤務。泣いても笑っても、今日で全てが終わり、そして始まる。誰かが言った。「在宅勤務をするようになってから、人間の洞察力は鈍くなっている」と。それはいちぶぶんを切り取った、独善的な発言である。ただ、そのような意見があると…

2021年3月16日(火)

出勤。今日は在宅が良かった。今日はライブの予定を入れていて、17時に新宿ロフトで開演するものだから、おちおち会社にいる余裕はなかった。それだけれど在宅ではないので、大人しく出勤した。よく動く人々はほぼ出社していて、だから共有の仕事はしなくて…

2021年3月15日(月)

在宅勤務。無駄に晴れていた。毎日服用している薬が切れてしまって、そのせいで薬を2日前から摂取していないせいか、異様に眠たかった。眠たさを抱えたまま仕事が始まった。すべきことは先週の金曜日のうちに済ませておいたので、のんびりと構えながら仕事を…

2021年2月12日(金)

平日なのに8時過ぎまで寝ているのがなんだかおかしかった。今日は銀座でお寿司を食べるぞ、銀座でお寿司を食べるぞという気持ちでいっぱいだった。朝すぐに外に飛び出したら偉い人に怒られそうだったので、午前中は家でのんびりすることにした。ちょっとだけ…

2021年2月11日(木)

bigpopmonster.hatenadiary.jp 上記の記事の通り、今日は睡眠で一日が終わってしまうという悲しい一日であった。そんななかでもなんとか成し遂げたことがあって、読みたい読みたいと思っていた尾崎世界観の「母影」をようやく読んだ。女子小学生から見た世界…

2021年2月10日(水)

出勤。刺激の強い本を読んで、そのままのテンションで寝てしまったので朝から変な気分だった。テレビを見ていても落ち着かないので、Echo Showで適当にJ-POPを流し、歌っていたら時間になったので外に出た。 今日は私のチームはフル出勤。それぞれが違う軸で…

2021年1月27日(水)

最後に出社したのが先週の水曜日なので、約一週間ぶりとなる出社となった。昨日はビール(500ml)にかまけていたせいで床の上で寝てしまうという愚行に走り、午前2時に起床、すぐにロフトに上がって寝るも、朝は眠たさの権化となっていて、だからそこまで出…

衝撃的な本に出会った

昨日の夜は恋愛のことで落ち込んでいて、その落ち込んでいる状態が嫌だったのでとある本を読んでいた。コミュニケーションに関する本で、小手先のしょぼいテクニックを紹介するものではなく、意識の根本から変えていくような本で、読んでいて苦しくなった。…

2021年1月22日(金)

久しぶりに純粋な有給休暇を取得した。取得した本来の理由はライブ遠征だったが、この時期に行くのは危ないかな、と判断して遠征は断念。でもせっかく平日が休みなのでなにかしたいな~、土日ではできないようなことがしたいな~、と考えていたら「温泉」と…

2021年1月16日(土)

晴れ。9時起床。今日はすごく暖かくて、暖房をつけなくても不便はなかった。今日も特にすることは決めていなかったので、全話分録画していて放置していた「トニカクカワイイ」を4話まで観る。1話までの感想は、「これはどういった風に盛り上がっていくお話な…

2021年1月10日(日)

朝の8時に一度目覚めるが、眠たいので二度寝をする。二回目に起きたのが10時過ぎ、渋々ロフトから降りて朝食のフルーツグラノーラを食べる。今日は何の予定も決めていなかったし、昨日は結構外を歩いたので、一日中家でだらだらするのもいいだろう。と思い、…

2021年1月4日(月)

6時30分に目が覚めた。アラームは6時45分に設定していたのに、遅刻するのが怖くて早めに起きてしまった。すごく眠たいが、ちょっとだけ寝るのはあまりにも危険で、でも下に降りるのもまだ早い気がして、微睡のなか今日の仕事のことを考えていた。あっという…

2021年1月3日(日)

夜遅くに寝たせいだろう、今日も起きたのはお昼だった。こんな調子だと、明日も朝に起きられないような気がしていて、ちょっとだけ震えている。新年早々、遅刻だなんて洒落にならないよ......。下に降りて、朝昼兼用としてたらこマヨパスタを食べる。今年初…

2020年12月28日(月)

「おそらく君が真ん中な世界とかがあってそれはきっと誰だって見れないから信じらんなくて重ねられない今日と明日もこの手で描けるのなら」 bigpopmonster.hatenadiary.jp 深夜に酒なんか飲んでいたくせに、寝る寸前まで顔が赤かったくせに、寝るとすぐに眠…

2020年12月27日(日)

「君にたどり着くまで後どれくらいかかるんだろう私は、ごめん、ふわふわ わがままだな」 年末年始なんてあっという間に過ぎてしまう。「あっ」と言う間に過ぎてしまうのに、私はだらだらと睡眠を貪っていた。この1週間で私の体はだいぶ疲弊してしまったのか…

2020年12月24日(木)

「祭囃子のその後で 昂ったままの人 泣き出してしまう人多分同じだろう でも言葉にしようものなら稚拙が極まれり」 なぜこんなにも眠たいのか。十分な睡眠を取れている、とは言い切れないけれど、ちょっともうこれは病気なのではないか、と思われるほどの眠…

2020年12月23日(水)

「存在証明 なんてもの俺には間に合ってますものさぁ 目を凝らせよ」 起きたら3時だったので、愉快な気分になった。このまま朝まで踊り明かしてみたら私の人生は劇的に変化するかもしれない。でも臆病な私は、寝不足で人生を失うことを恐れ、急いでロフトに…

2020年12月22日(火)

「騙す算段なら最初から君の脳内に溶け込んでねじを巻いたのは僕の仕業永劫他人の僕の仕業」 8時過ぎまで寝ていて、それでも寝足りないのは昨日のライブではしゃぎすぎたから。こんな遅くまで寝ていられるのは在宅勤務だからで、今日を在宅勤務に設定した過…

2020年12月17日(木)

「とぼけてる天才の鐘の音が鼓膜揺らして僕はといえば無意識の空間を漂っている」 寝落ちしていた体が無造作に起きて、それを無理矢理ロフトに押し込んで寝た。すぐに朝は来て、でも今日は在宅勤務なので普段よりはのんびりとした朝が流れ込んでいた。今日も…

2020年12月14日(月)

「少しずつ変わっていく物憂げなこの世界それでも変わらないメロディーが僕の心を打ち抜いた」 ふやけていた休日のことを今更書こうだなんて、なんて恥知らずなことをと糾弾されるかもしれないが、毎日日記を書かないとむず痒い私はそれでも日記を書かなけれ…

2020年12月11日(金)

「明日晴れるのはため息のせいなんかじゃなくてもっと単純めいたシンフォニー変わる信号に騙されてるようじゃ君だってまだまだ」 午前2時に浅い眠りから目覚める、椅子に凭れて下品な鼾をかいている男がいた。急いで歯を磨き、眠気が全身を覆う前にロフトに…

2020年12月10日(木)

「シューゲイザースピーカーを鳴らせ世界の温度呼応して複雑化する思考回路重低音倍音を上げて 明日が来て 依然、尚、鼓膜がどうも痺れる判例は尽きない 生きる証拠実感したのは誰だ?」 もう寝落ちはしたくない。と思っても、また寝落ちしてしまう自信の情…