眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

残業

残業が引き起こす心の揺らぎ

アルコールを摂取していないのに、今、酔っぱらっているように頭がくらくらしてまともに思考を組むことができないのは、思わぬ残業をしてしまい、心がきゅーっと締め付けられたからである。今しがた夕飯のビビンバを食べ終えて、ご飯の量がちょっと多くて、…

2020年10月12日(月)

「判断待って待って まだあらすじは終わってない切り取り方にも難があるだろう散々ぱら端折って 行儀良く侮ってんじゃねえよ私を 私を 私を 私を」 非常に充実した1日であった。適度な忙しさというものは人生を豊かにしてくれる。常にすることがあって、でも…

2020年10月5日(月)

「キャパシティ超える キャパシティ超える寝ても覚めてもおんなじ景色なら どうすりゃいいんだよキャパシティ超える ねぇマスターお願い全部が全部忘れちゃうくらいのおかわりちょうだい」 昨日寝たのが遅かったので、朝はとことん眠くて、何度もアラームを…

2020年9月29日(火)

「本当は弱さは強くて 涙こそ道しるべその目を離さないで さあ 次はどこへ、どこへ行こう?」 ユニゾンの8枚目のアルバムのフラゲ日である。そんな日に会社に行くなんて、正気の沙汰ではなかった。忙しい時期にぶつからなければ有給休暇を取るつもりであった…

122日目「震えるぜ」

今日も元気に残業残業。定時内に終わらせられなかった仕事は、今日のうちに終わらせましょー。ついでに、上司に頼まれた「残業してまでしなくてもいい、くだらない雑務」もごりごり残業して片づけましょー。この職場には人件費、という概念が存在しないよう…

121日目「颯爽と駆け抜けていく一日と残業の無意味さ」

23時に会社を出て、家の最寄り駅まで会社の人と一緒だった。今日、ひとりでぼんやりできた時間は1時間も満たないだろう。今日、一体何をしていたっけ。何のために、会社に残っていたんだっけ。一日が終わってしまうギリギリにようやくブログを書けるという異…