眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

愚痴

大人げないよな

仕事において、いつまでも自分の感情を発露している人を見ると、「大人げないな~」と心配になってしまう。何をされたのか具体的には分からないが、「今、自分は怒っているんだぞ」というのをアピールされたところで、周りからは(はぁ...)としか思えないし…

虚しくならないのかな

後輩から不憫だと思われていることに、彼らは気付いているのだろうか。その歳でそんなことを恥ずかしげもなく堂々としているのだから、自分がしていることの醜さに気付いていないのだろう。どうせ誰も注意してこなかっただろうし、これからも誰からも注意さ…

寝ればなんとかなる

bigpopmonster.hatenadiary.jp 昨日は久しぶりに感情が死んだ。今振り返るとそんなことで、と冷静になっているが、あのときはテンパっていた。 凪の状態がしばらく続いていて、感情が圧迫されるようなときの準備をしていなかった。営業にいたとき(特に東京…

感情が無事に息絶えた

隣のチームから無理やり接続された電話で、「で、どうしたらいいの?」と馴れ馴れしく口をきいてくる男。「時間がないから、メールで即で」と言われ、詳しい事情を把握することが出来ず。AからBへの移行をしたいとのことだが、それは問題提起のところから間…

上司の何気ない言動で私の精神が壊されていく

人にぶつかったら即死してしまうんじゃないか、というほどに近くに人がいるという状況がストレスになっている。1m以上離れていたらそこまでだが、1mを切ると動悸がして、30cmくらいになると吐きそうになる。 他人に対して敏感になる時期がたまにやってくるの…

会話のない、

感情の発露を封じられる。「お前、マスク外していた時に笑っていたよな。誰かと話しているわけでもないのに、ニヤニヤしてたよな。あれ、なんなんだ?」 思い出し笑いなのかなんなのか、私にも分からない。あと少しで労働から解放される、その事実が嬉しくて…

紙の日報という不条理

退社するたびに毎回思うのだけれど、いつまで日報を紙で提出させるのか。そもそも日報というものは必要あるのか。一日のどういったことをしたのかはネットのシステムに入力しているので、そこから情報を拾ってくればいいに。 日報をいまだに紙で提出している…

自分を徹底的に信じられるということ

仕事をしてて理不尽な目に遭った。むしろ今までのほほんと過ごせたことが奇跡的に思えるくらい、今日は仕事でこれでもかというほどに理不尽を浴びせられた。それはある側面では仕方のないことなのかもしれないけれど、それは違う側面ではあまりにも馬鹿馬鹿…

すごく疲れたので、もうこれ以上何も考えたくない

bigpopmonster.hatenadiary.jp bigpopmonster.hatenadiary.jp 「感情がものすごく揺れ動いた一日だった」。 ここまで切羽詰まった感情を受けたのはもしかしたら経理に再び配属されてから初めてで、営業にいた時は頻繁に存在していた感情であった。今までの労…

承認作業の圧倒的な遅延

上司の承認作業が遅れてしまうと、今まで頑張った全てのことがぱーになってしまう、それがあまりにも理不尽で巫山戯たことで、馬鹿馬鹿しくて付き合っていられなかった。客先が資料を送付してきたのも遅かったが(資料が会社に到着して、2日後には手許に来る…

やってらんねー

担当者は(こんな忙しい時期だけど)午前中は外出していたので、彼がしなければいけない簡単な仕事は私に託されていた。出来上がった書類に上司の承認をいただくだけの仕事で、私が代わりに承認をいただくことは彼から上司に既に連絡されていた。朝、始業し…

あと少しで8年目になる

別に誰かに嫌がらせをされたわけではないけれど、なんだか急に虚しくなってしまったよ。 あと1週間もしたら、大学を卒業して会社で働き始めて8年目になるけれど、なんだろうか、働いている実感というものが全然湧いてこなくて、このままでいいのだろうか、こ…

死にたくなる季節

コロナ禍になる前から他人と積極的に交流をはかるような人間ではなかったが、コロナ禍になってからはより一層人と話さなくなった。会社の人とは業務に関することしか話さず、それ以外のことを話すのはちょっと違うのではないか、必要以上のことをぺらぺら話…

吐きそう

仕事、しんどい。こんな日にライブの予定を入れるんじゃなかった。 しんどいしんどいしんどいよー、と言うだけで少し救われる。気軽に話せる相手が周りに一人もいないことはしんどいね。 仕事は滞りなく進んでいるのに、不意に出現する思わぬ敵にあたふたす…

業務上で通せんぼする人

不足分のデータがあったので、担当者に提出するように依頼した。仕事の出来る人(強気)は依頼した日のうちにレスポンスしてくれる、もしその日のうちの対応が難しければ「こういった事情で本日の対応は難しい。いついつまでには対応できる。申し訳ない」と…

2022年2月1日(火)

真面目なフリをしてる、それだけでなんとか日々を乗り越えられると思っていた。浅はかな考えだった。浅はかだった。ああ、これこそが純粋な浅はかだ。 労働を終え、電車に乗っている時の疲労感、今日は金曜日なのではないかと錯覚してしまう。まだ火曜日なの…

同じことがずっとぐるぐるぐるぐるしている

在宅してたのに、在宅してたからこそ、面と向かって話すことができず、テキストで仕事を推し進める、まだ紙ベースで仕事を進めているからこそ遅れてしまう時間を追い越すための行為があまりにも馬鹿馬鹿しい、精神的負荷がかかってしまう。そして、担当者に…

2022年1月24日(月)

在宅勤務をする人が多くなると、出社している人にかかる負担が重くなるのは当然のことで。日次業務も書類整理も来客応対も、全て出社した人間がしなければいないのはバグ。そんでもって在宅している人間が何をしているかと言う、それはもう、ねえ...。「書類…

これから新しいことを始めよう

昔の携帯の検索履歴に残っていた、大学時代に付き合っていた恋人のSNSを見てしまった。 酔っぱらっていた。一日中、せせこましく会社で働いていて、人と話すことなく、人が人と話しているのを聞いているだけで、一日が終わった。一日が終わろうとしていた。…

馬鹿だな

ああもう馬鹿だ馬鹿だ馬鹿だ。この世界がまともだと信じていたことが馬鹿だ。他人に期待をしていたことが馬鹿だ。お利口さんにしていたら何かが貰えると思っていたんだ、馬鹿だな。 生まれてからずっと馬鹿のようだった。 馬鹿のままで、生きてしまえれば幸…

共有の仕事における責任の所在

定時後、コピーロボットと199くんがおずおずと近づいて来て、「ちょっといい?」と時間を奪われた。共有の仕事における作業量の塩梅がおかしい、つまりはお前はサボっているのではないか、ということを迂遠に訴えてきた。こういうことを伝える時、どうしてコ…

書類整理の不満について

帰り際、「書類整理について、現状、どのように考えているのか?」と上司に唐突に問われたので、「順調です」と答えると、「コピーロボットは芳しくないと答えていたんだがね。なんで認識が相違するんだろう」とぼやいていた。あまりにもキツくし過ぎている…

なんだか情けなくなっちゃった

仕事を終わらせて、さて帰ろうと準備をしていたらコピーロボットに呼び止められた。 「井戸端会議さんがいなくなってから、(私)くんが率先して書類整理の仕事をしてくれるか見てたんだ。指示されるのを待っているだけじゃだめだよ。もっと人を巻き込んで、…

だいぶ落ち着いた

bigpopmonster.hatenadiary.jp 家に帰ったらすぐにシャワーを浴びて、夕飯のオートミール雑炊を食べ(キムチ鍋には飽きてしまった)、暖房をしっかりと効かせた部屋でのんびりとしていたら、少しずつ優しい気持ちが戻ってきた。寒さは人を残酷な気持ちにさせ…

もうお酒なんて飲まない方がいいよ

久しぶりにお酒を飲んで、酔っ払って、生きていることが馬鹿馬鹿しく思えた。駄目だ。お酒にすっかり弱くなっていて、缶ビール1本でへろへろだ。酔っ払った時に発露する感情、爆発しそうな考えは、普段の私が隠し込んで、見ないようにしてきたものだ。それが…

管理職じゃなくてもいいんじゃないの?

ミスをした。些細なことだった。ただ、私の部署のボスはそういった些細なことを執拗に詰ってくることで有名である。なので、出来る限りひっそりと仕事をしていた。 それなのに、気の緩み、はたまた聞き間違い、もしくはおばさんの勘違いを間に受けて、昨日と…

仕事の失敗

処理を失敗した。認識していた数字は実は修正前の数字で、数字がずれたままで処理をしてしまったので「浮かんでしまった数字」が生まれた。それをどうしたらいいのか。どのような仕訳を立てれば正しい仕訳になるのかは分かっている。ただ、その仕訳をどのプ…

信頼関係が築けていないのに、急に先輩ヅラする奴

うまくいかない仕事で苛々しているのか知らないけれど、今までやってきたことにこのタイミングでケチをつけるということはそういうことなのだろう。「人にね書類を渡すときはね、きちんとその人の目を見てね、その人に直接渡さないとダメなんだよ」と言われ…

2021年9月5日(日)

熟年の女性から性的搾取を受ける夢を見た、欲求不満なのだろうか。そんな奇妙な夢を見てしまったせいで、7時には目が覚めてしまい、どんよりとした空気が漂っていたので、(あれ、今日は晴れるんじゃないの?)、カーテンを開くとどんよりした空がどこまでも…

くだらないことで悩める幸せ

bigpopmonster.hatenadiary.jp ひどい女に出会って捨てられたということは捨てられた本人にとっては悔しくて悲しい出来事だけれど、あらゆる時代の世界を見渡せばそんな事象は日常茶飯事、何を今さらそんなくだらないことで悩んでいるの、と哲人に優しく叱ら…