眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

外食

2021年6月14日(月)

今日ものんびりする。特筆すべきことはない。喫茶店でコーヒーを飲みたかったので、いつまでも布団の中でうだうだするのは諦めて、10時過ぎに家を出て、喫茶店でのんびりとコーヒーを飲んだ。そこの喫茶店は感染対策がしっかりとしており、アルコール消毒に…

2021年4月16日(金)

朝5時に目が覚めた。昨日の夜に彼女と電話して、気持ちが昂っていたからだろうか。目蓋が重たいけれど、なかなか眠りに就けない。ふっと思い出して、映画のチケットを買う。あまり人気がないのか、2席しかうまっていなかったので、真ん中の一番良い席を取っ…

2021年4月15日(木)

今日も始まった。特に何の予定もない、5年後に思い返しても思い出せない、何もない、何気ない日になるだろうという確信のもと一日を始めた。その予想は当たって、特に記述することのない一日になってしまった。無念。 1ヶ月ぶりの海鮮丼。そこまで感動しなか…

2021年4月10日(土)

やっと来た休日。長かった。ここまで来るのに本当にどれほど私は精神を磨耗してきたことか。それでも信じ続ければ休日はやって来るんですね。ああ、今日という日が愛おしくて、ずっと続いてくれればいいのに、と願いながら何故か知らないけれど7時過ぎには起…

2021年4月4日(日)

村上春樹の「一人称単数」を読み終える。そこまで心惹かれるお話はなく、私はもう村上春樹を必要としていないことが分かって、少し悲しくなった。 お昼は久しぶりに高円寺に行って、「味噌一」というお店で味噌ラーメンを食べる。思っていた通りの味、安心し…

2021年3月5日(金)

2週間分の日記をようやく書き終えて、もうこれ以上書くことはないだろう。でも、本を読んでもアニメを観ても楽しくない現状、洋楽を聴きながら文章を書くのだけが唯一楽しいと思えるので、このままの勢いで書き散らかします。 昨日は久しぶりのちょっと重め…

2021年2月18日(木)

在宅。次に出勤するのは来週の木曜日。約一週間も会社の人と顔を付き合わせなくて済むというのは精神衛生上非常によろしい。ずっとこのまま在宅が続けばいいのだけれど、緊急事態宣言が解除されたらそれに伴って在宅も廃止されるから、ああ、悲しいのう。在…

2021年1月22日(金)

久しぶりに純粋な有給休暇を取得した。取得した本来の理由はライブ遠征だったが、この時期に行くのは危ないかな、と判断して遠征は断念。でもせっかく平日が休みなのでなにかしたいな~、土日ではできないようなことがしたいな~、と考えていたら「温泉」と…

2021年1月9日(土)

11時30分に病院の予約をしてあるので、昼までだらだらと寝ることはなく、9時過ぎにすっと起きた。韓国ドラマの続きを観ている余裕はなかったので、軽く観れる番組を何本か消化して、適当な時間になったら家を出た。電車は、うん、そこそこ混んでいるけれど不…

2020年12月28日(月)

「おそらく君が真ん中な世界とかがあってそれはきっと誰だって見れないから信じらんなくて重ねられない今日と明日もこの手で描けるのなら」 bigpopmonster.hatenadiary.jp 深夜に酒なんか飲んでいたくせに、寝る寸前まで顔が赤かったくせに、寝るとすぐに眠…

2020年12月25日(金)

「不器用で小さすぎる願いを叶えるように歩いていこうそれが僕のやり方だからさ この地面が続く限りは悲しいなら泣いたらいいし 楽しいなら笑えばいいし難しく考えるのは良くないから 僕はこの形でいいや」 そこそこの分量の文章を書いたのにデータがぶっ壊…

2020年12月14日(月)

「少しずつ変わっていく物憂げなこの世界それでも変わらないメロディーが僕の心を打ち抜いた」 ふやけていた休日のことを今更書こうだなんて、なんて恥知らずなことをと糾弾されるかもしれないが、毎日日記を書かないとむず痒い私はそれでも日記を書かなけれ…

2020年11月10日(火)

「ふいに響く誰かの声 他でもない優しい声でした「一人だけど 独りじゃない」鮮やかに 鮮やかに」 今日も眠気を多めに携えたまま起きなければならなかった、昨日もなかなか寝付くことが出来なかった。朝一なのにぐったりとした体を起こすのはなかなかにしん…

2020年10月25日(日)

「君が好きなこと先回りして 吸い込んで どうか 光君が嫌なこと推測をして 押し込んで どうか 光映し出せ その影を恋と呼ぶように」 夢がとても長くて、大学生の時の部活の先輩が出てきたから感傷的な気分になって、そうしたら夢の上映が終わって現実の世界…

2020年8月27日(木)

「話題の知った風な ラブソングなんかで何十億分の1なんて 当たるわけないのに」 昨日も一昨日と同じように椅子に座りながら寝落ちしていた。これが最近の私のスタイルである。今回は午前2時に起きたので、一昨日よりかは多少の進歩が見られた。ロフトに上が…

2020年8月8日(土)

「彼の存在理由は ロックンロールだったそうだ自分が自分でいられるための 誰も邪魔できない息吹」 お盆休み1日目 ちゃんとした予定も立てずに始まってしまった2020年のお盆休み。帰省もしないし、ライブに行く予定もないし、旅行も行かないんだったらこんな…

2020年8月1日(土)

「リプレイ、まだ平気かい? 止まれはしないんだよ無我夢中に理由は毛頭無い」 休日の朝がやってくることに、これほどまでに嬉しくなったのはいつぶりだろうか。営業で日々、精神を擦り減らしていたときは毎週毎週、土日が愛おしかった。仕事の事を考えなくて…

2020年7月26日(日)

「やっぱ離れられそうにもない なんか忘れそうで忘れらんない端から端までそう あなたの血が僕に流れてるんだ」 世間では4連休の最終日。しかし私は出社しなければいけなかった。何故日曜日に出社しなければいけないのかについての記述は避けるが、「休日に…

2020年7月25日(土)

「偶然の可能性とか もしや嫌われてしまうだとか無駄が過ぎる想像も目の前で鳴る旋律で無理やり解をつける」 3連休の最終日。明日は日曜日なのに仕事に行かなければ行けない不思議、コロナの新規感染者数が300人を超えたというのに明日から在宅勤務が消滅し…

2020年7月23日(木)

「きっとどの未来選んでもすれ違ってたから君が何を奏でても大差ない、ねえそうだろう?だけど だけど いつかの映画みたいにこの瞬間だけは意味がありあまるくらいだと思うから」 3連休の1日目。今日は前々から食べたいと思っていた「ビリヤニ」と呼ばれてい…

2020年7月19日(日)

「運命を知ってしまう僕らの想いは はじける満月を欠けさせたため息 朝を待つ」 久しぶりに晴れ、それも快晴である。10時頃までうだうだと眠っていた私は外が晴れていることに気付くと、すぐさま洗濯機を回し、溜まりに溜まっていた1週間分の洗濯物を干した…

2020年7月18日(土)

「ワールドワイドのテンションでガタガタ騒ぐ」 今日も雨である。ずっと雨でちょっとどうにかなりそうである。休日なのに朝早くに起きてしまうのが最近の傾向で、今日も朝7時に起きてしまった。PCの整理をもそもそとして、そのあとにバラエティ番組を観たり…

2020年7月11日(土)

「立ち止まって吸て吐いて 君を見つけたから小さな目に目を合わすよ 見上げる君の正面からミルクティーと飲み込んだ例えばおはようとか伝えることから始まれるような気がしてさ」 午前中は淀んだ天気で、雨がちょこちょこ降っていたので午後からの動きはどう…

2020年7月7日(火)

「本当は答えなら 昔から知ってるよどれほどのさ ヒントを貰っても 結局、自分次第」 今日は雨が降りそうで雨が降らなかった一日だった。しかし、湿気がすごく、それとともに蒸し暑さも尋常じゃなく、マスクをしながら外を歩いていると軽い眩暈を起こした。…

2020年7月5日(日)

「想い続けて想い続けてさ ここまで来たんだよまた今度 なんて言葉もあるはず無い 無い 無い から焦る」 7時に起きる。起きてしまった。眠たくはないんだけれど、でもまだ寝足りないような気もする。でもこのまま二度寝してしまったら取り返しのつかないこと…

2020年7月4日(土)

「大さじと小さじの間の気持ちいいところをついていく」 9時過ぎまで眠る。むくっと起き上がり、昨日の夜に起きた気持ち悪い出来事が遠い昔のように感じられる。あれは夢だと信じたい。朝ご飯にフルグラを食べながら、「かりそめ天国」を見てささくれだった…