眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

人生

仕事のために生きていない

簿記の試験に必死になっていたときは、「ああ、休日なのに仕事のために頑張ってるわ」と自分の行動に感心していたが、試験が終わって、それから二週間が経って、現在、簿記の勉強をしていない。完全に興味がなくなった。熱に魘されているように勉強をしてい…

夢想していることを実現させてみろ

午後に、マナー講座の動画視聴の時間があり(終始、白目)、あまりにも暇すぎたので、その時にぼんやりとこの先のことを考えていた。 Ⅰ.この会社に残るという選択を取ったとする。いつまでも今のようなぬるま湯は続かない。続かないくせに、一向に大した仕事…

うっすらと広がる寂寥感

4月の初めから怒涛のように押し寄せてきた仕事の山、山、山に翻弄されて、いいように扱われていて、最初の方は、「こんな風に生きるために生まれてきたわけじゃないのに」と駄々をこねていた。でもそれでもいいのかな、そんな風にして生きていくのは自分ひと…

ふっと我にかえりたくない

家に帰って、一人きりになって、もう職場に行きたくないなという気持ちがどんどんと高まっている。苦しい気持ちが昂って、帰りの電車で久しぶりにMr.Childrenを聴いていて、ベストを聴いていて、胸が苦しくなった。高校生のときに大好きだった曲が、今になっ…

3連休の終わり(次の連休はGW)

久しぶりに活動的に動けた休みだった。最近までの私は精神的に死んでいて、外に出ることすらままならず、家でずっとごろごろしていた。心がしんどい時は無理をしてでも外に出て、外部の空気を浴びた方がいいというのは頭では分かっていても、それを実行する…

とても幸せな時間の中にある/いる

普段生きている日常から離れ、今まで体験し得なかったことに没入する時間が日常を生きる糧となる。 今の仕事は忙しいものではないし、難しいものでもなく、厄介な人間関係が纏わりつくものでもないが、「こなしている」感じが非常に強く、仕事というよりも作…

全てがきらきら輝いているように感じられる

年始からの鬱屈した感情はしばらくの間続いてしまい、(もはやここまでか...)と諦めかけていた。出社して仕事をしているときは目の前の仕事に集中していればいいので、そこまで気を揉むことはないのだが、定時で仕事を終えて家に帰る、家に帰っても昨日と同…

3,000回目を迎えた

このブログを書き始めたのは、まだ会社に入って2年目の秋。あの頃は当時付き合っていた彼女と同棲をして、仮配属の経理チームで日々、ストレスを抱えつつもそれなりに充足を感じながら仕事をしていた。あれからもう5年以上も経ってしまったのか、あっという…

死にたさの濃度が薄まった

この間の土曜と日曜日は「死にたさ」が激し過ぎて、必死になってネットにしがみついていた。「死にたい ◯◯」で調べて、ひたすら死に関する文章を読んでいた。ある人はひたすらに電話相談を受け付けていた。ある人は死にたさを拗らせて結婚していた。ある人は…

少しずつ平気になっていく

bigpopmonster.hatenadiary.jp 昨日の夜は吐き出そうにもなかなか吐き出せなかった苦しみをようやく吐き出せた安心でぐっすり眠り、今日の朝はそこまで不安はなかった。「大抵のことはどうにかなるし、どうにもならないことはどうにでもなってしまえばいい」…

平気な顔して生きていられない

勇気を出して街を歩いていると、平然とした顔をして歩いている人だらけで、そんな風に振る舞えない私はもしかしたら異端ではないかと思い知らされる。今年に入ってから、いや、去年の終盤の方から自分のことばかり考えることが多くなり、それは主にこれまで…

考えなくてもいいことを考える代償

全てが虚しく思える朝。なんで生きてるの?と考えなくてもいいことを考えた代償としての新しい一日はあまりにも眩しくて、前に進むのも後ろに下がるのもままならない。じっとしててもいいのだろうかと迷う。自分が立っている場所がいかにぐらぐらとした場所…

弛緩した頭は快楽を目指す

仕事に張り合いがないと、日常に刺激を求める。弛緩した頭は衝動を求め、今日も世界を彷徨い歩く。刺激を感受する量は一生で決まっているので、早い段階でたくさん摂取してしまうと、あとの人生はただの退屈な日々になる。退屈が悪いわけではないし、退屈こ…

無意識に自分の人生が変わっていく

知らず知らずのうちに自分の人生を変容させる行動を取っている。革靴を新調をしたり、新しい髪型に挑戦してみたり、思い切って眼鏡を買ってみたり。全て、意識的にやっていることではない。「なんとなく、今日はこれをやってみようかな」と思いついたことを…

自分を高めに見積もる傾向がある

つまりは楽天的な性格なんだと思う。本気を出せば大体のことは出来る、でも本気を出すに値しないことばかりなので、本気を出していない、という理屈を持ち合わせている。要するに「口だけ」人間の典型である。 生活を営んでいると、「これくらいのことならこ…

よるべなさだけが残る

行方不明の希望を捜しに行くほどの体力は残っていない。すぐに捜しに行けば見つかったかもしれないのに、いつかいつかと先延ばしにしていた私が悪いのだ。大切なことからなくなっていくよと中学の先生が教えてくれたけれど、それはどうやら真実だったようだ…

信じ続けたことはあっけなく崩れ去ってしまう

どんな経緯でそれを信じていたのか忘れてしまうくらい、昔からそれを信じていた。それさえ守っておけば人間的な生活を送れるものだと思っていた。それは今までの私の人生をそっと照らしてくれる、まるで私がこの世界の主人公であるかのように思わせてくれる…

人生に意味を求めてしまう脆弱性

前にも同じようなことを書いた気がするが、その思いが強くなってきたので書く。 肌感覚で「人生に意味なんてない」というのは分かるんだけれど、どうにかして意味を付与して、恰も物語の主人公のように振る舞いたいと思うのは、そうしないとあまりにも人生が…

久しぶりに漫画を読み耽った

DLsiteで少年画報社の作品が土日の2日間だけ読み放題という意味不明な企画をしていたので、面白そうな漫画を読んでいた。土日のほとんどは外に出たら寝たりしていたのでそこまで読めなかったが、読んだ漫画はどれも面白く、今まで私はどうして真剣に漫画と向…

日常に波がないと文章を書く気分にならない

仕事で耐えざるストレスに晒され続けると、ストレス発散を兼ねて狂ったように解読不能な文章をえんえんと書き続けられる。心の中でぐるぐると悩み続けていると悶々とするだけだが、文章というかたちで外部に出力するとスカッとするし、頭のなかのごみが霧散…

今後の人生について

平坦で平凡な日々がえんえんと繰り返されている最近ですが、それをこれからも飽きることなく繰り返していくのか。正直なところ、もう人生に飽きちゃっていないか。刺激のない、起きて飯食って仕事して飯食って寝る、そんな日常を毎日繰り返しているのに発狂…

翌日

昨日の夜のことは思い出したくない。でも必要な夜だった。一人では抱えきれない感情を必死になって抱えて、それが溢れてしまってどうしたらいいのか分からなかった。だからあんなことをしてしまったし、それはそれでよかった。ただ、お酒を飲んでから酔いを…

一人でもよかったんだ。

先週別れた彼女との思い出を過去にできたと思っていたけれど、それは思い込んでいただけで、まだ過去にはできていなかった。マッチングアプリでたくさんの女性とメッセージを交わし、そのことが今になって急に虚しくなった。最初の頃は失恋を忘れるんだって…

悩むのが馬鹿らしくなった

ついさっきまで「これからの人生をどうしていくのか」ということを悶々としながら考えていた。答えのない問いをえんえんと考え続けてくると気分が滅入ってくる。絶対的な答えが無いことは分かっているのに、ついつい考え続けてしまうのは私が真面目過ぎるか…

くだらないと思うからくだらなくなる

だめだだめだ。だめだと思うから余計にだめに思えてくるのだ。具体的な話はあまりしたくない。思考の海の中をのんびりと泳いでいたい。疲れたから行動を制限する、そして自動的に思考が始まる。自分が今置かれている状況を冷静に見つめる。そこまで悪くはな…

気づいたら人生なんてあっという間に終わっているのさ

自分を助けることが出来ていない。しんどい状況が続いていても、それを打破しようとする行動を取れず、痛みが引いていくのをじっと見守っているだけである。なぜこのような及び腰になっているのかというと、季節のせいである。というのは安直な理由だけれど…

生きているだけで肯定されたい

今の人生、誰かに肯定されるということが殆どない。大した仕事をしていないから周りの人から称賛されることもないし、無理矢理褒められることを求めるのはかっこ悪すぎる。友人関係は、そうだな、最近はみんな結婚してしまって、頻繁に会う人が本当にいない…

嫌なものは嫌々

どうしようもなくなって、叫びたくなった。どうしてこんなに惨めな気持ちにならなければいけないのだろうか。私が何か悪いことでもしたのだろうか。誰かに対して、許されざるような罪を犯したのだろうか。考えても答えなんて出ないよ。やっていくしかない、…

脳が捩れるくらいに頑張れば、何かが変わるのかな

ここ数年、特に大学生になったあたりから勉強するのを怠ってきた。それはモラトリアムの享受であり、単純にややこしいことを考える体力がなくなってきたせいでもある。社会人になっても高校生の頃のようにシャカリキに勉強すると思っていたが、蓋を開けてみ…

いつまでも眠る

最近、というよりもここ一年くらいかな、どよーんとした日々が続いて、もうどうしたらいいのか分からなくなっている。会社に行って、遅々として成長をしない自分を眺めていると涙が出てくるほどにイライラするし、そんなことでイライラしている自分を眺めて…