眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

京極夏彦

ただただそれは

最近の私が物語に求めているものは、安易な快楽ではなくて。スカッとするような衝撃でもなく、はっとするような驚きでもなく。ただ、地面の底をひたすらに這いずり回るような、どん底の人間を描いているような暗いもののようなもので。今日、本屋に行って真…