眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2020年9月3日(木)

「くだらない?それなら笑ってよ
いやじゃない?ならばついて来てよ
揺るがない、それだけはどうにも揺るがないんだよ」

 

今日も一日、やることが常にある状態で、それを綿々と繋げていくことに精を出していた。体感的には、東京へ来てから3カ月くらいかなと思う、実際は半年も経っていて自分の感覚が信じられなくなる。暦では9月、夏を満喫していないのにもう秋に差し掛かろうとしているなんて、2020年さん、ちょっと生き急いでいやしませんか。それに週末にかけて日本列島を襲う予定の台風10号さん、これ以上日本を、世界を苦しめないでくれませんか。被害が最小限に留まりますように。そんなことを考えていて、そんなことを考える余裕があるくらいに私はゆとりを持って仕事に取り組んでいた。営業の時は鬱陶しい先輩からああだこうだと難癖をつけられて腹が立っていたけれど、今はほぼ一人でこつこつと作業を進めているので気楽である。「この仕事は明日に回そう。今日やってしまったら明日やることがなくなってしまうからな」と自分で決められるのは精神的に楽である。教育係なのかなんなのか知らないけれど、もし教育係だとしてもその機能を全然果たせていないコピーロボットさんにたまにめんどうなことを言われるけれど、それに対しておかしいと思ったら「それはおかしいですよ」と言えるくらい、そこまでこの職場は難易度が高くない。朝、面倒なことがあって、これはちょっとどのように解決したらいいのか分からないし、自分で勝手に判断するのは怖いので、責任を分散させるために周りの人に相談し、最終的に上司に相談。結局のところは誰かのちょんぼだったんだけれど、まずは近いところから疑ってかかる姿勢が大事であることを思い知らされた。あの人は仕事が出来るように見える、としても完璧な人なんていないので、まずは身近なところから間違っていないかどうかを確認していくことを思い知った。こういうことは口でああだこうだ言われるよりも身をもって体験したほうがぐっと体に染みつくんじゃないでしょうか。

 

 

午前はそんなばたばたがあって、あまり食欲がわかないので、昨日に引き続いて揚げたてのカレーパンとチキン南蛮バーガーを食べた。2日連続でも飽きないということは、美味しいということの証左でしょう。だらだらとBALLOND'ORを聴いていて、明々後日には今聴いているアルバム曲を全部堪能できるのだな、しかも私が愛してやまないDaisy Barで、ということで興奮を抑えながらうきうきしていた。

 

 

午後も四方八方から仕事が舞い込んできて、それを淡々とこなしていったら時間があっという間に過ぎていくという素晴らしい時間の流れ方で、定時を楽勝で迎えることが出来ました。月初でみなさん忙しいのか、私一人でえんえんと伝票を見続けるのは骨が折れましたが、私が見なかったら誰も見ないんじゃないのか、というくらいにみなさん、自分の仕事に夢中だったので、伝票を見ることに精を出していました。定時になって、もう今日出来ることはやりきった、あとは依頼した仕事のレスポンスが返ってくることを祈るのみである(締切に間に合うかどぎまぎしている。仕事が出来る人はどんな些細なことでも素早く返してくれる人の事を言うのだと思います)。真っすぐ家に帰るのはなんだかな、と思い、お菓子屋でお菓子をたくさん買って、夕ご飯作るの面倒だな、と思い、近くの使ったことのないお店で細巻を買って、家に帰ったらお風呂に入るのも後回しにして夢中になって細巻を食べました。ネギトロ×2、鉄火×1、イカ×1で満足。お風呂に入って、しばらくぼおっとしてから20時の配信が始まったマカロニえんぴつのライブを観る。「hope」から始まって、無観客ライブだから出来ることを詰め込んだ素晴らしいライブ。でもMCで「これをふつうにしたくない。みんなが前にいて、そこでライブがしたい」と話すはっとり、私も画面越しではなく、生であなたたちのライブが見たいのです。最近では最後に持ってくるのが恒例になりつつある名曲「ヤングアダルト」のあとに重要なお知らせが。11月にマカロニえんぴつがメジャーデビューすることが決まりました。このお知らせも観客の前で言いたかっただろうな、と思うと悔しくて仕方がありません。メジャーに行ったからといって私達は変わりませんし、相変わらずのグッドメロディーを届けていきます、と話すはっとりを、マカロニえんぴつを信頼して、これからもついていきます。からの「OKKAKE」はこの場面にぴったり過ぎて、ちょっとうるっときてしまいました。この曲は「レモンパイ」のカップリング曲で、何度か彼らのライブに行ったのですが一度も披露してくれなかった、でも彼らの曲の中でもトップクラスに好きな曲なので、画面越しとはいえとても嬉しい。歌詞もメジャーデビューをするこのタイミングにぴったりなんだよな。

 

ずっと歌っていてくれよな?
売れそうにない音程で
ずっと二人の距離は埋まんないよ
って笑っておしえて
待っていてあげる一生ね、ごめん凄い好き

 

ライブが終わり、またマカロニえんぴつのライブに行きたい体になってしまったので、コロナさん、そろそろ落ち着いてもいいんじゃないでしょうか?

 

 

<セットリスト>

01.hope
02.遠心
03.トリコになれ
04.girl my friend
05.ワンルームデイト
06.溶けない
07.ブルーベリー・ナイツ
08.恋人ごっこ
09.春の嵐
10.ハートロッカー
11.愛のレンタル
12.洗濯機と君とラヂオ
13.ヤングアダルト
14.OKKAKE

 

f:id:bigpopmonsterpro:20200903212345p:image

 

 

配信ライブを観終え、昨日の分の文章も書き終えて23時、「ジャルジャルアイランド」で「ハズレの先生と電話する生徒【真夜中に電話する奴】」を見て、「このコンビがどこまでも自分たちの好きなことをやって、それがファンの好きなことと合致している稀有な例だよな」と思い、一日に2本も動画を上げてくれることに感謝しかない。またいつか、ライブが行けるのを楽しみにしてます。

 

 

今日も読書が全然出来なかったーーーーーー。