眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2020年8月22日(土)

「テレビの中の正義だけが正義と思っていて
最近疑問を呈し 回避したいのよ思考停止」

 

寝ていた。ずっと寝ていた。昼頃に起きて、フルグラを食べたらまたすぐに寝た。そうしたら19時前になっていた。平日にひどく疲れるようなことをしていないのに、どうしてこんなにも体がくたびれているのか。親に連絡したら、親も体がだるいそうだった。

 

 

20時からUNISON SQUARE GARDENの「USG 2020 “LIVE (in the) HOUSE 2”」を観た。初っ端の4:3の画面は、もしかして、と思っていたら「マスターボリューム」で、田淵の優勝で始まった。去年のアニバーサリーライブで披露されなかったシングルだったので、一気に興奮して、そのあとの「MIDNIGHT JUNGLE」で意識が吹き飛んだ。「ライトフライト」ってこんなところでやってしまうのですか、まあこういったところでしか出来ないのか、でも生で観たかったよう、と嘆きながら嬉しい。からの「サンポサキマイライフ」、セトリおじさんは今日のライブも冴えております。音源に比べて手数が増え、歌っていない時の過剰なほどの演奏に惚れ惚れする。かっこいい。生で観たかった。中盤のアコースティックの時間、まさか「チャイルドフッド・スーパーノヴァ」を演奏するなんて思ってもいなかったし、しかもアコースティックがしっくり来てて、え、もう、今回のライブも円盤化してくれい、と切に願う。圧倒的ドラムソロからの「マイノリティ・リポート(darling,I love you)」に痺れた(歌詞めっちゃ間違えていたけれど、別にいいのだ)。からの「何かが変わりそう」でしんみりして、ちょっといろんな感情をこの90分間で湧き上がってきたことに非常に嬉しくなった。そっからは盤石のセトリで、おまけで演奏された、前回の配信ライブではぼろぼろで、是非ともリベンジしたかった「Phantom Joke」は今回も強すぎでした。次の、次のライブでは是非ともこのボス級の曲をなぎ倒して欲しいです。そして早くも来月にまた、配信ライブが、しかも対バンなんですね、誰が出てくるのだろうか。楽しみすぎる。と先ほどのライブの余韻に浸っていたら、「Patrick Vegee」のジャケットが公開されていた。今回はうさぎかー、昨日の担々麺を思い出すな。と思っていたら新曲「世界はファンシー」という化物曲を投下していて、リピートが止まらない。かっこいい、かっこよすぎる。先月披露した「弥生町ロンリープラネット」との落差が激しすぎて、「Patrick Vegee」がどんなアルバムになるのか予想できなくなった。なんか、ぐちゃっとしているんだろうね。楽しみだ。

 

 

<セットリスト>

01.マスターボリューム
02.MIDNIGHT JUNGLE
03.fake town baby
04.フライデイノベルス
05.ライトフライト
06.サンポサキマイライフ
07.like coffeeのおまじない
08.23:25
09.ぼくたちのしっぱい(acoustic)
10.チャイルドフッド・スーパーノヴァ(acoustic)
11.未完成デイジー(acoustic)
12.マイノリティ・リポート(darling,I love you)
13.何かが変わりそう
14.10% roll,10% romance
15.Catch up,latency
16.crazy birthday
17.オーケストラを観にいこう
18.Phantom Joke(おまけ)

 

f:id:bigpopmonsterpro:20200822214318p:image

 

 

www.youtube.com

 

 

そのあとはだらーっと、だらーっとしていた。なんもやるきせんかった。多分、今の俺は鬱なんだろうな、とか考えていて暗くなって、たくさんの時間寝ていたので寝れるかしら、と不安だったが、25時くらいにそれなりに眠気がやってきて、寝るそぶりを見せたらしっかりと眠れたので安心した。結局簿記の勉強は出来なかったし、明日も出来そうにないけれど、生きることがまずは大事なので、別にそんな気にしなくてもいい、と思った。