眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2020年8月15日(土)

「現時点に執着なんてない 僕よ 走れ」

 

お盆休み8日目

 

大したことは何もしていない。遅い時間に起きて、フルグラを食べて、テレビを観て、昼寝を取って、起きてテレビを観て、ちょっとだけ本を読んで、疲れたら寝る。それの繰り返し繰り返し繰り返し......。こんなことなら、帰省すればよかった。噂によると、祖父母の家に近い人は集まって、祖父母の家の掃除をして、そのあとにご飯を食べたそうな。自分も実家に帰ればよかった。でも、もしかしたら、もしかすると、どこかから拾ってきた新型コロナを名古屋に持ち込んで、祖父母の家へ持ち込んで......、という可能性は0ではない。0ではないから、私は東京に残った。しかし、可能性が0になるなんて、今後あり得るのだろうか。少しくらいは犠牲を払って動き出したのが今の日本で、でもそれに耐えきれずに苦しんでいる地域もある。待っていればワクチンが出来て、そいつを摂取すればもう少しはマシになるのか。どうなるのか、全く分からない。だから、どうしたらいいのか分からない。次の帰省のタイミングとしては年末年始だけれど、そのタイミングで日本、東京がどうなっているのか分からないから、今安易に物事を判断することは出来ない。でもその前に、12月に結婚式が2回もある。それをどうするか。私は感染者が出ながらも強行するような気がしている。この日のためにたくさんの準備とたくさんのお金を払ってきたことだろう。主催者である新郎新婦は何が何でも実施したいはずだ。でもなぜこのタイミングなのか。来年じゃダメだったのか。冬なんて、夏よりも予想がつかない状況になっているかもしれない。東京だけで1,000人以上の感染者を毎日出している可能性もある。もしかしたら、名古屋や大阪はそれ以上に状況が酷くなっている可能性だってある。もう一度問いたい。何故、この時期にしたのか。そういったことは他のことだってそうで、それを一つずつ考えていったら発狂してしまいそうになるだろう。そこには確固とした答えはないから。

 

「たぶんいける」

 

その気持ちだけで沢山の飲み会が開かれただろうし、その飲み会が発端でコロナが蔓延したところもあるだろう。どうしたらいいのか。私たちはどうしたらいいのか。分からない。考えることがめんどくさくなって、全部放り投げてしまいたくなる。正直な話、今年や来年に就職活動、もしくは登下校をする必要がなくて本当に良かったと思っている。もし私がその立場に居たら、たくさんの機会を逃していたことだろう。想像するに恐ろしいけれど、現実は想像の何十倍も恐ろしいと仮定しておかないと、多分やっていけないだろう。私はそこまで身の危険を感じる必要のない職場で働いているけれど、医療の最前線で働く人たちは命がけで働いている、生きていることだろう。そんな人たちが存在していることを少しでも想像することが出来るのなら、どうしてマスクをしないで人と話すことが出来ようか。健康上の理由でマスクが着けられない人は仕方がない。問題は、マスクをしなければいけないと分かっていて、でもマスクをしないで人とくっちゃべっている人の存在である。その人たちに関しての意見はもう、これ以上はやめる。ネットで沢山の人が話していることだろう。私がこれからの世界に願うのはただ一つ。

 

「早く前みたいな世界に戻ってほしい」

 

それは多分、もう不可能なことなのだろう。昔みたいな生活には戻れない、何かしらの不都合を抱えながらこれからの人間は生きていくしかないんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というくだらないことを考えていたら気分が悪くなった。<DaisyBar 15th Anniversary~BET IT ALL EXTRA ON LINE~>を観ている途中で気分が悪くなった。だから、ライブの途中だったけれど、急いでロフトに上がって目を瞑った。なんでこんなにわたしのからだはやわなのだろうか。ちなみにセットリストは下記になります。

 

<セットリスト>

1.新曲
2.Sofa Party
3.象のブルース
4.月面のプール
5.Brooklyn Bridge To Chorus
6.Honey Moon Song
7.ファイト!
8.カントリーロード (SISTER JET of circle ver.)

 

 

1.Morning Glory
2.マギーメイブルース
3.Manufactured Monkey Dance
4.ブコウスキー
5.たまにはアイラブユー
6.30
7.キャラメルフレーバー
8.オーロラchannel
9.SUPER BIG
10.Dancing Days
11.to you w/ 佐々木亮

f:id:bigpopmonsterpro:20200817204435p:image