眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

今年のお盆休みにしたいこと

明日から9日間のお盆休みが始まる。全然嬉しくない。ライブに行けない帰省できない、じゃあ一体何をするんだ?家に引きこもって、クーラーをがんがんにきかせて、韓国ドラマを観たり本を読んだりゲームをしておけばいいのか。例年のお盆休みを振り返って、今年は制限だらけのお盆休みであり、それは他の人々にとっても同じことであろう。居酒屋で仲間とお酒を飲むのが好きな人は例年通りに行かないだろうし、密になりやすい状況を生むライブハウスでライブをするなんてまだまだ難しいと思う。そんななかで、馬鹿なことを考えないで、未来の自分に繋がるようなことを、それがどんな些細なことであっても出来たら、少しはいいお盆休みであったと思えるんじゃないだろうか。最初にうだうだ書いてしまったが、ドラマも本も満足に楽しめていない最近だからこそ、この機会にそれらを楽しむことが出来る癖をつけられるようにしておきたい。多和田葉子がちょっと気になっているので彼女の本を読み進めていくつもりだし、他の本もがしがしと読み進めていきたい。ドラマだって韓国だけじゃなくてアメリカやイギリスの面白そうなドラマをNetflixで観たい。外出、外食は難しいかな。そもそも長期休暇に人で溢れかえりそうな所へ行くのはナンセンスだと常々思っているくせに、いざそういう行動が制限されるとしたくなってしまうのは、私が強欲な人間だからだろうか。梅雨が明け、暑苦しい日々が続いているので外に出ることはめったにないだろうけれど、もし外出するとしても人気の少ないところを選んでひっそりと行動しようと思う。そんなわけで、今年のお盆休みは「ライブ」と「帰省」がない、異様な休みになりそうです。

 

(2020年8月7日20時48分)