眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

朝起きたら満員電車に乗る

あと少しで今日を終わらせなければいけない。明日も早い。世界は危機に陥っているし、なんなら日本の状況も楽観視できるようなレベルではなくなっているけれど、明日からまた仕事がある。満員電車に乗って会社に行かなければならない。あれだけライブハウスを悪者扱いされていたのに、ライブハウスよりも劣悪な環境に違いない満員電車に乗るのだ。仕事だから仕方ないのか?毎日毎日、不安で仕方がない。こんなぎゅうぎゅう詰めの電車に乗っていたら、遅かれ早かれ危ない状況に陥ってしまうのは明らかだろ。さっさと決断をしてくれ。いや、私が決断しなければいけないのではないか。こんな状況ですら働かせることを良しとする会社に対して「NO!」と叩きつけなければいけないのは私自身なのではないか?満員電車に乗って、そこでコロナウイルスに感染して、それでそのまま死んでしまったら取り返しがつかないのだ。会社が何の対策も取らないようだったら、こっちからアクションを取らなければいけないんじゃないのか。なんでみんな、そんな普通な感じで仕事していられるんだろう。不安じゃないの?コロナウイルスに罹ってしまうことが怖くないのか?知らず知らずのうちに他人の大事な人にコロナを移してしまっているかもしれない、と不安にならないの?

 

 

こういうときは鈍感になって、「俺は大丈夫だから、とりあえず」と全力で現実逃避したほうがいいのか?明日から満員電車に乗らなければいけないのが嫌だ。もし満員電車に乗らない選択をしたら、少しは命が伸びるのだろうか?私の命も大事だけれど、知らない誰かの大切な人の命を知らず知らず奪ってしまうのは怖いよ。

 

 

明日、私はどうしたらいいんだい?