眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

そろそろ本腰入れないとまずいんじゃないの?

先日のあれを見ていたら失笑を禁じえなかった。タイミングが遅すぎるし、要請のレベルで済ませてはいけないと思う。コロナウイルスと長期的にしっかりと取り組んでいかなければいけないのは、他国の状況を見ていて明らかではないか。だいぶまずい状況に来てしまっているのに、あんなことしか言ってくれないんじゃさすがにこの国に対する信頼が失われてしまう。和牛の件とか、ちょっとこいつら頭どうなっているんだよ。こんな頼りない国についていって大丈夫なのか?今までもこの国の上の奴らは信用していなかったけれど、さすがにちょっとここまで来ると、真剣になってこの国を出ないといけないのかもしれない、と思い始めている。今回の件で失望した人々が選挙に来てくれるといいのだけれど......これ以上希望を抱き、完膚なきまでに打ち砕かれるのにちょっと耐えられない。今すべきことは、「コロナに罹らない努力をする。もし罹ってしまったかもしれない、と思ったら他人に移さない」というシンプルなことを徹底してするくらいだろう。仕事なんてしている場合じゃない。鉄道を動かしているから仕事が「できる」と思っている人々、会社が未だに動いているわけでありまして。会社を休業している際の損失を国が補填する、という次元のことを言ってくれないと、会社はまだまだ動きを止めないし、人々は働きたくなくても働かざるをえないでしょ。ちょっともういい加減してくれないかな?危機感が足りなさすぎるよ、本当にもう。