眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

408日目「あと少しの辛抱」

仕事は、その、本当にくだらないよな。もうここで時間を潰すのは本当に無駄だよ。

 

 

慌ただしく過ぎていった一日。昨日の夜は少しだけ夜更かししてしまってせいで、朝起きるのが億劫だった。布団である程度うだうだしてから、朝ご飯を食べる。親が作った温かいご飯を食べる機会ももうそこまで残されていないことを少しだけ考えて、ちょっと寂しい気分になった。ちょっとだるくてどうしようもならない気分になってしまったので、通勤時にKing Gnuの「Ceremony」を聴いていた。聴くたびに「完璧なアルバムだ…」と感心してしまう。これから彼らがどのような進化を遂げていくのか楽しみで仕方がない。とりあえずは3月に初めてのワンマンライブに行けるので、旧譜も含めて聴きこんでいくつもり。会社に着いたのが結構ぎりぎりであったが、別に後ろめたさみたいなものは感じなかった。あと1週間もしたら私は名古屋から去るので、別に無理して周りの機嫌を取る必要はないだろう。鳩の声が職場に鳴り響き、粛々と仕事を進めていく。午前に1回、お客様の所へ行き、研究成果を発表するイベントがあった。そこで私が東京へ転勤すること、あたらしきものが引き継ぐことを軽く説明する。「そうか」という軽い反応。そのあとに粛々と打ち合わせを行い、昼前に終わったので早めの昼飯を食べる。名古屋では有名の味噌ラーメン。今回で2度目であるが、並んでまで食べるほどでは......、というのは悪口に当たるだろうか。会社に戻るとちょうど昼休みが始まったので、1時間まるまる寝て過ごした。ただ、周りから鼾が聞こえてくるので、耳にイヤホンを詰め込んで、軽くうとうとした。明後日にライブがあるCRYAMYを聴いていた。初めて聴いたときには「そこまではまらんだろうな」と思っていたが、この間のライブが圧倒的過ぎて、もうライブがあるのなら何が何でも行かなければならない、という強迫観念でいっぱいいっぱいになってしまっている。昼休みが終わり、午後はぬるーっと時間が流れていきました。

 

 

定時に家に帰り(このくだりを書くの飽きた)、夕飯が遅くなりそうだったので2週間以上ぶりのジムへ。33回目。今回は遅い時間帯だったので、回復を主眼に置いたヨガのレッスンを受けた。久しぶりの運動のせいなのか、それともレッスンが進んでいたせいか、いつもよりもしんどく感じた。そのおかげで、レッスンが終わる頃にはいつも以上の解放感に包まれていた。ずっと社内に居たので、私のストレスは知らず知らずのうちに溜まっていたのだろう。さっとお風呂に浸かり、そそくさと家に帰った。

 

 

そういえば、帰宅途中にレンタルショップにより、久しぶりにCDを借りた。別に東京に引っ越して、渋谷のTSUTAYAでじゃぶじゃぶ借りればいいのだけれど、今のうちに出来ることはしておきたいという考えがあり、気付いたら結構な数のCDを借りていた。

 

Perfume The Best "P Cubed"

Perfume The Best "P Cubed"

  • 発売日: 2019/09/18
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
井上陽水トリビュート

井上陽水トリビュート

 
天気の子 complete version (通常盤)

天気の子 complete version (通常盤)

  • アーティスト:RADWIMPS
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/11/27
  • メディア: CD
 
202020 [CD+DVD] (初回限定盤)

202020 [CD+DVD] (初回限定盤)

 
White White

White White

 
SHISHAMO 6

SHISHAMO 6

  • 発売日: 2020/01/29
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
Inside Your Head(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

Inside Your Head(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

 

 

 

身体がすごくだるい。それに伴って、精神がなんとも脆い状態にある。あと少しで環境の変化が起きるということも原因として挙げられるだろうが、季節の変わり目のせいだろう(としておく)。たぶん、2、3月は毎年毎年、精神的にやられている期間で、これは日本を離れないことにはどうにもならないような気がしている。なので、心身のだるさに対する特効薬はなく、ただただこの季節が過ぎることを祈るだけだ。でも、4月は4月で異なるだるさがあったような気がする。どこか、だるさが発生しないようなところで、ひたすらのんびりしたい。贅沢かな?