眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

389日目「定時で帰って何が悪い?」

咳が止まらぬ。常にゴホゴホと咳き込むほどではないけれど、喉の奥の方で、咳の原因となっているものがじとーーっと纏わりついている感じが一向に治まらぬ。「風邪かも?」と思ったのが3日前で、それから風邪が悪化しないようにいろいろと気を付けていた。でも2日連続のライブは私の体力を根こそぎ奪っていったのかもしれません。昨日のライブなんて、途中であまりにも気持ち悪くなってしまって、前線から離脱して席に座りながらぼんやりと眺めておりました。最近の私には休息の時間があまりなかったのかもしれません。やりたいことがたくさんあるけれど、自分の体が万全でないと全力で楽しむことは出来ないので、ゆっくりゆっくりとやっていく所存です。

 

 

仕事の方は、そりゃあもう、ぬるりぬるりと進めております。可もなく不可もなく。こんな仕事の仕方をしている人間に、仕事のことを語る資格なぞないでしょう。どうしたものか......。

 

 

定時ダッシュして、一昨日に歯の詰め物が取れてしまったので、約1年ぶりの歯医者へ。初めまして、だったのでいろいろと緊張しましたが、家族も行きつけの安心の歯医者ということで、実際に受診して「ああ、ここなら安心して任せられる」と納得しました。とりあえず左下奥歯の詰め物が取れてしまったぶぶんを白いもので固め、ついでに右上奥歯の少々欠けているぶぶんもかるーく埋めてもらいました。ちょっと虫歯が進行している、とのことなので、虫歯の進行を遅らせる薬を塗り塗りしてもらい(そんな薬が既に存在していたのか?)、安心して帰宅。ばたんきゅう。仕事なんて全然していないのに、家から会社まで全然遠くないのに、一日の終わりにはどうしてこんなにも疲れ切ってしまっているのでしょうか。強靭な肉体と精神が欲しい。......筋トレしなきゃ。あとは人に対して積極的に話しかけなきゃ。分かっちゃいるんだけれど、ね。

 

 

会社帰りに恒例の本屋巡りをして、「驚きの世界史」を購入。世界史なんててんで興味がない、どころか苦手意識があるので。どうにかこうにかこの本を読んで、少しでも世界史に対して興味が持てたらいいなあ、と軽い欲求を抱きながらレジへ。今年中には読み切るぞ。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20200120193050j:plain

 

 

 

家に帰り、だらだらとしたプライベート時間を過ごす。この時間のために私は生きている。何気なく点けたテレべに「わたし、定時で帰ります。」が表示されていたので、軽い気持ちで1話を観始めた。......仕事の事を思い出してしまって辛くなってしまった。「仕事は死ぬほど働いてするもの」という昭和の価値観を振り回す上司*1と、ゆとり世代と言われる新人が対立し、......という「あれ、この光景をどこかで見たことがあるぞ」というデジャブ感はさて置いて、リアルさをそこまで追求していないからなんとか観ていられる。でも、60分このドラマを観ていて、終わる頃にはぐったりとしていた。「じゃあ一体どうしたらいいのさ?」と答えのない問いを考え続けるのが、これからの社会を担っていく若者たちの宿題なのでしょうね。考えたくねー。そもそも今の職場では残業なんて殆どしていないので、いや、やらなくちゃいけないことは多分いろいろとあるんだろうけれど、そこから必死になって目をそらし続けているから現状がこんなものであって......という不毛な悩みはさて置いて。このドラマ、一気に観終えてしまいたい。そしてそろそろ、私も自分の働き方についてしっかりと考えなければならない時期が来てしまったようだ。もうこれ以上は逃げ切ることは出来ないよ。 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20200120232743p:plain

わたし、定時で帰ります。

*1:そのような価値観を抱いてしまうのにも理由がある