眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

「「CHOOSE A」release tour 2019-2020」(テスラは泣かない 。× The Cheserasera × climbgrow)@CLUB ROCK'N'ROLL(2020.1.19)感想

The Cheserasera

 

結構久しぶりな気がする。「幻」のリリースツアー以来かな。東京にいた時は彼らをちょこちょこと観れたのだけれど、名古屋ではそこまでライブをしてくれないですね......。今日のライブハウスはだいぶ小さな箱で、こんなにも至近距離でThe Cheseraseraを観れることに非常に興奮しております開演前。1曲目からぐっと彼らの世界に引き込まれた。普段観ていたライブハウスよりもぐんと小さくて、メンバーとの距離が近いので、どきどきしながら眺めておりました。体調があまり優れなかったのでのんびり観ていよう、と思っていたのですけれど、2曲目「I Hate Love Song」からぐっと心を鷲掴みにされて、気付いたら思いっきり体を動かしていました。しっかしねえ、こんなにも近くで観ることが出来て、本当にいいのですか?曲の完成度も高いし、それそぞれの演奏スキルも高いのに(MCに関しては触れません)、どうしてこうも売れないのかな。ドラマのタイアップが一つでもついてくれれば少しは風向きも変わるんじゃないかな。終盤3曲の畳みかけが凄すぎて、ライブが終わったあとにはへとへとになってました。何回聴いても「最後の恋」は名曲です!何回も何回も、これからライブで聴かせておくれよ。そしていつリリースされるか分からないアルバムも、首を長くして待っていますので、よろしくお願いいします。

 

 

<セットリスト>

01.(忘れた)
02.I Hate Love Song
03.Random Killer
04.幻
05.(忘れた)
06.Blues Driver
07.賛美歌
08.最後の恋
09.月と太陽の日々

 

 

 

climbgrow

 

1曲目「未来は俺らの手の中」からどうしよう無い感情に見舞われてしまった。ああ、かっこいい。本当のロックとは彼らの音楽の事を指すのだろう。そっから呆然とした状態でステージを眺めていた。田中仁太の名古屋でのラストライブであることに関しては一切触れず、ただただ最高のロックを鳴らし続けていた。もう全てがかっこいい。今まで私が聴いてきた音楽は何だったんだ?と考えさせられるほど、climbgrowは圧倒的にかっこよすぎる。彼らの音楽を前にして、私は語彙力というものを完全になくしてしまう。ただそこにあるのはかっこいい音楽、それを好き勝手に享受する私。それだけでいい、それだけがいい。「RAIN」のときに杉野泰誠が観客席に降りて、好き勝手歌っている姿が、もう、ロックじゃん、なんなんこの人......と嬉しくなった。まだ彼らの曲を全て網羅出来ていないので、分からない曲もあったけれど、それでもすぐにその曲の事が好きになったし、早く音源を聴きこんでいきたいと思わせられるほど、圧倒的なライブだった。彼らが名古屋でライブをしてくれるのなら、それがどのような形であれ何が何でも観に行くよ。そのときは今日観た時よりも更にかっこよくなっているだろうから、その日を楽しみにしています。

 

 2019年!1月!19日!クラブロックンロールをぶち壊しに来ました!!

 

圧倒的大勝利。ずっとついていきます。

 

 

<セットリスト>

01.未来は俺らの手の中
02.ハイライト
03.LILY
04.THIS IS
05.RAIN
06.FENCE
07.ラスガノ
08.風夜更け

 

 

テスラは泣かない。

 

今回のライブの主催者、なのに全く私に合わなかった。必死に何かを訴えているのだけれど、うん、どうしてだろう、私の心の扉をこじ開けることなく、するするすると萎びていってしまう。何がはまらないんだろう。声があまり好きではないのもあるだろ。曲に魅力を感じないのもあるだろ。ライブパフォーマンスも滑っているところがあるだろ。......いや、何か本当に申し訳ないです。あなたたちが必死に演奏しているのは伝わってきましたが、私の心には届きませんでした。たぶん一生、ライブを観ることはないでしょう。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20200119235053j:image

f:id:bigpopmonsterpro:20200119235102j:image