眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

aiko Live Tour「Love Like Rock vol.9」@Zepp Nagoya(2019.1.13)感想

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

 

3ヶ月弱ぶりのaikoのライブ。運よくチケットを手にすることが出来たので、今年初めての3連休の最終日に行ってきました。

 

 

正直に申し上げますと、今日のセットリストで知っている曲は殆どありませんでした。しかし、それでライブを楽しめなかったわけではなく、最初から最後までずっとどきどきしながらaikoを眺めていました。昨日のライブの疲れも残っているだろうに、そんなものは全然見せないで、2時間40分もの長丁場を全力でパフォーマンスしきったaikoはやはり体力オバケ(良い意味で)でした。今回は整理番号が幾分かましだったので、花道に近いところを確保できました。ライブが始まってみて、aikoが花道に来るとむっちゃaikoが近くて、もうどきどきしっぱなしでした。おそらく2mもなかっただろうに、あんなに間近でaikoを観ることが出来たなんて、なんて幸せな夜なのだろうか。願わくばaikoと握手して観たかったんですけれど、それはファンクラブに入ってよっぽど良い整理番号を獲得しないと不可能ですね。......ファンクラブに入ろうかな...。

 

 

1回目のアンコールが終わり、aikoが袖に捌けるときに場内からアンコールの手拍子が巻き起こって、

 

そういうときだけむっちゃ団結力あるよね?私発信じゃないのに、そんな風なの見せられると妬いてしまうわ

 

みたいことをaikoが言ってて、「はあああ、aiko......」と愛おしくなりました。あとは、以前ライブをしたときに関係者席に居眠りしている人を見つけて、

 

本当もう、恨んでたよ。でもみんなはニコニコしながら観てくれているから、本当に嬉しい。みんなが嬉しそうに観てくれていると、ライブするときにめっちゃ変わるんだから

 

みたいなこと(だいぶあやふや)を言ってて、またもや「aiko.......」となった。

 

 

ふわっと浮かぶように跳躍したり、お立ち台に足をぐっと乗せて歌いあげているaikoの姿がかっこ良すぎて、「もうなんで、私はもっと前からaikoのライブに行かなかったんだろう......」と後悔の念に苛まれました。しかし、まだまだ活動を続けてくれるはず。なのでaikoがライブをしてくれる限り、出来る限りスケジュールを調整して、お金も何とか工面して、一本でも多くの現場に足を運ぶ所存です。

 

 

2時間40分があっという間に感じられるほどにずっと楽しかった。本当にaikoは凄い歌手だよ。これから聴きこんでいこう。というようなことをおそらく、前回のライブでも思っていたんだっけな。行きたいライブが2020年になってもまだまだありすぎて、お金と体力が持つかどうか......。でもaikoが名古屋に来てくれる限り、なんとかライブに行きたいな。

 

 

 

<セットリスト>

01.どろぼう
02.透明ドロップ
03.夢見る隙間
04.二人
05.白い道
06.オレンジな満月
07.キスの息
08.愛だけは
09.寒いね…
10.more & more
11.メロンソーダ
12.明日の歌
13.あたしだけのもの
14.遊園地
15.運命
16.beat
17.イジワルな天使よ 世界を笑え!
EN1
18.星物語
19.青い空
20.ハナガサイタ
EN2
21.愛の病
22.恋愛ジャンキー
23.be master of life

 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20200113220923j:image

 

f:id:bigpopmonsterpro:20200113220926j:image

 

f:id:bigpopmonsterpro:20200113220931j:image