眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

明日からまた......

久しぶりにはてなブログに浮上した。金曜土曜日曜は仕事で頭が占領されており、三連休なのにほとんど楽しめなかった。火曜日からまた仕事が始まる、という不安で頭はまともに働いてくれなかった。毎日のように寝落ちした。夜のうちにお風呂に入れず、「どうしたら自分は仕事が出来るようになるのだろうか」ということばかり考えていたら、お風呂に入る気力もなくなった。あっという間に時間は過ぎ、今は月曜日の15時ちょうど。そろそろ明日の事がちらついてくる人も多いだろうが、私は金曜日のユニゾンのライブが終わり、家に帰りご飯を食べてから仕事の不安に襲われた。普段はここまでひどく仕事のことで不安になることはないのだけれど、新しきものが金曜日に来て、そろそろ私もまずいかな、という現実に直面しているからだろう。金曜日、私は最後まで残っていて、そこで教育係の先輩に言われた一言で最高になるはずの三連休は仕事の事ばかり考えてしまって、休まらないものになってしまった。

 

 

「追いつかれてしまわないように、死ぬ気で頑張らないとな」

 

 

その言葉を残して先輩はさっさと帰ってしまった。呆然となった私はすぐに動き出すことが出来なかった。仕事が出来ない現実を見て見ぬふりをしてきた。でももうそんな逃げが許されるような状況ではない。それでも私はどうすればいいのか分からない。死ぬ気で頑張るってなんだろうな。仕事に対してそこまでする必要はあるのだろうか。そんな呑気なことを考えているから、私はいつまで経っても仕事が出来るようにならないのだろうな。

 

 

転職を考えている。以前は大学職員の道を考えてみて、ちょこちょこと調べてもいた。でも面倒になって最近は全然調べていなかった。「仕事が出来ないから死にたい」という強迫観念まで持ち合わせてしまうのなら必死になって次の場所を考えればいいのに、仕事が終わって自分の時間で出来ると、すぐに遊んじゃうんだよな。長期的に考えれば遊ぶよりも必死になって、それこそ死ぬ気で転職活動をしたほうがいいのの明白なのに、私は目先の楽しさを選んでしまう意志の弱い人間なのです。それでもさすがにそんな状況はまずいだろう、ということで新しい転職先を考えてみた。SE。校閲。ちらっと調べてみたけれど、自分に合っているのか分からなかった。経験不問、と書かれているけれど、さすがにある程度はその分野に精通していないとまずいだろう。やっぱりの歳で転職しようと思うのがまずかったのか。この歳になるまで自分のためになることを怠ってきた罰が当たったのだろうか。私は天を仰ぎ、そして布団に一気に覆いかぶさる。明日の事なんて考えたくない。.....私は仕事の事でいつまで思い悩まなければいけないのだろうか。さすがに飽きた、さすがにもう飽きたよ。