眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

go!go!vanillas「THE WORLD TOUR 2019」@ Zepp Nagoya(2019.10.11)

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

バニラズのアルバムレコ発のワンマンライブを観るのはいつぶりだろうか(2年ぶり)。ふと考えてみると、バニラズのアルバムツアーのライブは毎回異なる地域で観てきた。「Kameleon Lights」は東京、「FOOLs」は大阪。そして今回の「THE WORLD」でようやく地元での参加となる。「THE WORLD」というアルバムを初めて聴いたときは、「うーん、微妙だな」という感想しかなくて、一度聴いたきりすっかり存在を忘れてしまっていた。しかしこの間の中津川でのライブでの新曲が頗るカッコよくて、「やっぱりアルバムのライブに行かなきゃ」ということで、なんとか参加する段取りがついた次第です。

 

 

バニラズは去年の12月、ベースの長谷川プリティ敬祐が交通事故に遭い、暫くは3人でのライブ活動を余儀なくされた。そして今回のライブで、ようやくプリティが帰ってくる。普段のバニラズのライブ前はこれから始まるエンターテイメントショーにわくわくすることが多いんですけれど、今回は緊張していました。果たして本当にプリティは返ってくるのだろうか。無事に演奏できるのだろうか。不安で不安で仕方がありませんでした。

 

 

定刻を少し過ぎると暗転し、SE「We are go!」が流れる。以前まではThe Fratellisの「Creepin' Up The Backstairs」を流すのが定番だったけれど、「FOOLs」が出てからはこの曲を流すのが定番になった。そしてメンバー3人が颯爽と現れ、遂に、プリティも現れた!このときをどれほど待ち望んだことか。3人のバニラズも勿論素晴らしかったけれど、でもやっぱり物足りなさを感じるぶぶんがありました。

 

 

1曲目「マジック」から「SUMMER BREEZE」「バイリンガール」と怒涛のシングルラッシュ。特にメジャー1stシングルでありながらどこか地味な印象を受ける「バイリンガール」はバニラズの中でも屈指の名曲であると思っているので、早々にこの曲を聴けたことに感謝。プリティは久しぶりのライブでまだぎこちなさそうでしたが、久しぶりにライブハウスで演奏できることが幸せであることを全身で表現していました。彼が客席に近づいて、ベースを弾いている姿を見ているだけで涙腺が......。これ、本当に現実なんだよな。どれほど待ち望んだんだよ。事故のニュースを聞いたときは「もうバニラズは終わりかもしれない」と思って苦しくて悲しかったけれど、4人のバニラズが戻って来てくれたんだ。

 

 

「パラノーマルワンダーワールド」で場内をしっとりとさせると、続く「人間讃歌」。一切手を緩めることのないセットリストに惚れ惚れしてしまい、私は恍惚な気分でいました。ライブが始まる前にビールを飲んで仕事から解放された気分を増長させたかったんですけれど、ドラッグストアには置いていなかったし、Zepp近くのセブンイレブンは閉店していたしで、結局は素面でライブを観ることになりました。しかし、素面で観たからこそ最後まで集中力を途切れさせることなくライブを観れたので、結果的にはオッケーでした。

 

 

バニラズのライブってこんなにも煽っていたっけ?煽っていたね。ズイショズイショで「みんなで声出せ!おいおいおい!」とか「男子、イエー!女子、イエー!」とか、「歌え歌え歌え!」とせかされるものだから、逆に真顔で観てしまいました。そんなに煽りに必死にならなくても、こっちはこっちのペースでライブを観たいっつうの。はい愚痴はこのあたりでやめておきます。

 

 

本編最後にプリティの事故のあとに発表されることになった因縁的な曲「No.999」で締め、アンコール1曲目の前にプリティ一人で出てきて、病室にいるときにどのように思っていたのか、とにかくライブハウスで演奏したかった、ということを話していて、ここでも涙腺が......。不意にメンバー3人が現れ、プリティに抱きつき、いちゃいちゃしているのを眺めていると、「やっぱりバニラズは4人じゃないと」ということを再確認しました。アンコール1曲目に「おはようカルチャー」を持ってくることだけでも泣いてしまいそうだったのに、歌詞を「おはよう敬祐」に変えていて、もう駄目でした。プリティ復活1本目のライブに参加できて本当によかった。

 

 

「THE WORLD」の曲を全部演奏しなかったことは釈然としませんでしたが、「バイリンガール」「デッドマンズチェイス」を観れたし、何より4人のバニラズが観れたのでこれ以上何も言うことはあるまい。台風でやばそうになってくるので颯爽と駅に向かったのですが、今日のライブを思い出しながらじんわりと余韻に浸っていました。これからもバニラズを聴き続けよう。そしてまた機会があったらライブに行きたいし、バニラズとともにいい歳の取り方をしていきたいな、と柄にもなく思った夜でした。

 

 

<セットリスト>

01.マジック
02.SUMMER BREEZE
03.バイリンガール
04.パラノーマルワンダーワールド
05.人間讃歌
06.チェンジユアワールド
07.サイシンサイコウ
08.ワットウィーラブ
09.NO NO NO
10.Do You Wanna
11.デッドマンズチェイス
12.ストレンジャー
13.カウンターアクション
14.エマ
15.平成ペイン
16.No.999
EN
17.おはようカルチャー
18.ライクアマウンテン
19.Hey My Bro.

 

f:id:bigpopmonsterpro:20191012201322j:image

f:id:bigpopmonsterpro:20191012201330j:image