眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

ヒーローなんてなれない

誰もが憧れるような赤いマントを羽織っている

どんな敵でも倒してしまうヒーローになんてなれないよ

自分のことですらいっぱいいっぱいで  君のことを救うことすらままならない

君が泣く姿をこれ以上見たくないのに  今日も涙が流れてしまった

 

ひとつだけ叶えられるのならば  私は私のヒーローになりたい

なれないことは分かっているけれど  願うくらいは許してくれないか

こんな情けない自分をまずはしっかりと救えるような人間になりたい

そうしてからじゃないと  とてもじゃないけれど君を救うだなんて  世界を救うだなんて

そんなことを呟いている僕は今日も   着古したスーツを纏って会社に行く

上司に怒られても  取引先に愛想つかれても

明日は来るから  それでも朝はやってくるから

悩んでいる暇はないな  早く寝ないと

そう思うと余計に眠れなくなって  君のことを思い浮かべながら今日も寝不足で会社に行く

 

誰もが憧れるような赤いマントを羽織っている

どんな敵でも倒してしまえるヒーローになんてなれない

自分のことですらいっぱいいっぱいで  君のことを救うことすらままならない

君が泣く姿をこれ以上見たくないのに  今日も涙が流れてしまった