眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019 Day2@中津川公園内特設ステージ(2019.9.29)感想

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

LUCKY TAPES


まだ眠気が残っていたので、のんびりと眺める。すごくお洒落な音楽。東京のお洒落な喫茶店で流れてそう。ライブにはそこまで心惹かれなかった。機材の不具合のせいか、今週の水曜日に配信される新曲の披露はなし。たぶんもうライブを観ることはないだろう。

 

 


go! go! vanillas


3人でライブをやるのが今日で最後とのこと。ほぼ全曲シングル、という過剰なまでの攻めっぷり。「チェンジユアワールド」ってこんなにもかっこよかったんだな、早くワンマンライブで聴きたい。そして令和になってから初めての「平成ペイン」はその曲の強度に惚れ惚れしてしまいました。続く「カウンターアクション」で攻めの姿勢を緩めず猛進し続けるバニラズを眺めていると、「そんなに頑張らなくてもいいのに」と心配になってくる。今度のZepp Nagoyaの公演からようやくバニラズが4人になって戻ってくる。その公演に行けることを楽しみにしています。



1.エマ
2.マジック
3.チェンジユアワールド
4.平成ペイン
5.カウンターアクション
6. No.999
7.パラノーマルワンダーワールド



THE BACK HORN


炎天下の中、少しくらくらしてきた頭を携えながら待っていると、12時50分にTHE BACK HORNが登場。「声」「コバルトブルー」「コワレモノ」とフェス定番の曲で場内を沸かすと、続く4曲目「心臓が止まるまでは」でふっと雰囲気が変わる。最近のTHE BACK HORNはこんな感じなんだ、早くフルアルバムを聴きたいな。「美しい名前」で神々しいほどの世界観にうっとりと浸ると、「こんな快晴の中で今度出るアルバムからの新曲をやります」ということで先行配信されている「太陽の花」を披露。最近はあまりTHE BACK HORNの曲に惹かれていなくて、そろそろ離れようかなと思っていたが、新曲が軒並みかっこいいので、今度のアルバムのツアーに行ってみようかしら。「シンフォニア」からの「刃」というごりごりの選曲で場内を再び沸かせてライブが終了。あっという間の35分。今日のライブも山田は全力で歌っていて、その姿を見ていたら、「こんな暑さに負けている場合じゃない。まだたくさんのアーティストが控えているんだから、ここから元気を出していかなくちゃ」と危ない考えを持ってしまいました。


1.声
2.コバルトブルー
3.コワレモノ
4.心臓が止まるまでは
5.美しい名前
6.太陽の花
7.シンフォニア
8.刃

 


流石に2時間弱も炎天下に照らされていると熱中症になりかねないので、日陰で小休止。次はa flood of circle。今日はどんな曲を演奏してくれるんだろう。

 


a flood of circle


今までそこまで大きな音を鳴らしていなかったのに、a flood of circle になると爆音になる。ライブ用耳栓をしても鼓膜を突き刺すような爆音は、どこか気持ち良くて感覚が麻痺してくる。「おはようございます、a flood of circleです」と佐々木がお決まりの文句を言うと、まさかまさかの「Summertime Blues II」。初めて聴いたのかな、くらいにこの曲の思い出が遠くて、フェスでこんなレアな曲を演奏してくれることに感謝。彼らにとっても最後の夏フェスで、気合が入っているのだろうか。続く「The Beautiful Monkeys」でモッシュをがそこらじゅうで巻き起こるほど場内が活気に満ち溢れると、キラーチューン「Dancing Zombiez」を投下。ああ、ここはa flood of circle桃源郷なのだろうか。次に「Black Eye Blues」で今日2度目のブルースを投下。全く手を抜くことのないパフォーマンスに、傍観を決め込んでいた私でもついつい心が躍ってきてしまって、小刻みにビートを刻んでいる。これがロックだ、これがa flood of circleだ!!「新曲をやります」からの馬鹿みたいに振り切れた「Lucky Lucky」でまたもやテンションが上がる。「おい、ちょっとテンションが低いんじゃないんですか?」と佐々木が煽ってからの「ハイテンションソング」は最高に気持ちいい。この曲は「CENTER OF THE EARTH」のなかでも大好きで大好きな曲なので、ライブの定番曲となっていくのが嬉しい。「お前たちに捧げます」と「シーガル」をぶちこむと、最後に「Center Of The Earth」で大団円。「CENTER OF THE EARTH」はa flood of circleの最近のアルバムの中で頭3つ分くらい抜け出しているほどに好きなので、その曲がフェスで2曲聴けたこと、ライブの最後に演奏してくれたことは本当に嬉しい。それと、a flood of circleはどんな場所であろうと一切手を抜くことのないバンドであり、やばい奴らであることを再確認したライブであった。早く次のワンマンライブが観たい!!

 


1.Summertime Blues II
2.The Beautiful Monkeys
3.Dancing Zombiez
4.Black Eye Blues
5.Lucky Lucky
6.ハイテンションソング
7.シーガル
8.Center Of The Earth



ストレイテナー

 

人生2度目のストレイテナー。初めてはダイアモンドホールで、5曲ぐらい聴いた憶えがある。あのときはそこまで彼らのことに対して興味なくて、「Melodic Storm」を演奏しても「ふ~ん」と思うくらいだったが、「DAY TO DAY」はかっこいいなと思った記憶だけはありありと残っている。で、最新のストレイテナーはどうか。殆ど予習してこなかったんですけれど、演奏が段違いにかっこいいですね。特に力強いドラミング、観てるだけで一緒になって力強くドラムを叩いている気分になって、気付いたら体を小刻みに揺らしていました。セットリストの方はというと、「クラッシュ」なんて涎ものの曲をやって頂けたんで、ファンの方々は嬉しかったんじゃないでしょうか(RISING SUNでやる予定だったが、台風で中止になってしまったので、今回の中津川でやったとのこと。「太陽」の曲だからやったそうです)。私は「タイムリープ」「シーグラス」を聴いているときがとても心地よくて、「これならワンマン観たいかも」と前向きなことをぼんやりと考えていました。

 


1.DONKEY BOOGIE DODO
2.Tornade Surfer
3.From Noon Till Dawn
4.タイムリープ
5.DAY TO DAY
6.クラッシュ
7.Melodic Storm
8.シーグラス
9.スパイラル

 


それにしても暑い。日陰が一向に出来ないから直射日光を直に浴びてしまって、体力が根こそぎ奪われていく。そして休憩時間が殆どないので 全然休めず、ぼろぼろの体でTHE BAWDIESのライブへ。



THE BAWDIES

 

ライブの締めに演奏される機会の多い「KEEP ON ROCKIN'」で始まり、一気にテンションは上がっていく。とにかくこの日のTHE BAWDIESは自分たちの好きなロックをいつも通り、楽しそうに演奏していたので、観ているこっちも自然と笑みが零れていく。新曲「BLUES GOD」は初めて聴いたのにすっと心に入り込んできて、気付いたら小刻みにリズムを取っていた。新しいアルバムが楽しみでしょうがない。そしてそのアルバムのライブも楽しみだが、名古屋はクラブクアトロという狭すぎるキャパで決行されるので、チケットが取れるのかどうか分かりません。追加公演があるのかどうかも分からないので、全力でチケットを取ろうと思います。あと、フェスという限られている時間の中でもまずまずの尺を取って寸劇をやる勇気、本当に尊敬しています。今回のスターウォーズの寸劇はちと微妙でしたけれど。

 


1.KEEP ON ROCKIN'
2.IT'S TOO LATE
3.LET'S GO BACK
4.HAPPY RAYS
5.KEEP YOU HAPPY
6.HOT DOG
7.BLUES GOD
8.SING YOUR SONG
9.JUST BE COOL



木村カエラ


人生2度目のカエラ。一度その可愛さに圧倒されているのにもかかわらず、今回もまたその圧倒的な可愛さにやられてしまいました!MCの端々がすごく可愛くてうっとりしてしまう。ライブは全編英語詩の「Circle」で持っていたタオルをグワングワン回して一気に周りの空気が澱んでいくと、続く2曲目で「リルラリルハ」を可憐に披露。「新しいアルバムを出したの。そのなかのいちごという曲を聴いてください」からの「いちご」はあまりにも優しすぎて、つい泣いてしまいそうになって。心の振れ幅がえぐい。そして遂に初めて「Butterfly」が聴けました。今日のこの素晴らしい景色を絶対忘れない。次に「みんなに私に15周年を見てほしいんだけど、40分じゃ全然足りなくて。なので、メドレーを作ってきました!沢山練習したから、ちゃんと見ていてね」から、ヒット曲メドレーへ流れ込む。すすんでカエラを聴いてこなかった人生ですが、殆どの曲を知っていたので、「カエラは波及力がすごいな」と実感させられました。「Yellow」とか「Jasper」、「TREE CLIMBERS」が聴けたのは僥倖。全部フルで聴きたかったよ。そんで「BEAT」からの「Magic Music」を妖精のようにステージを去っていった彼女は確かに存在していたんだ......。

 


1.Circle
2.リルラリルハ
3.いちご
4.Butterfly
5.メドレー
6.BEAT
7.Magic Music



9mm Parabellum Bullet

 

ものすごく久しぶりに見る。曲自体は3rdあたりまでしっかり聴いてきた。しかし「Movement」で(?)となり、「Dawning」で別れを決めた。それからも着実に活動していたんですね。今回、たまたま時間が余っていたので、とても久しぶりに9mmを拝見しました。まず異常なまでの手数の多さに圧倒されました。ギター、ベース、ドラム、そのどれもがサボることなくひたすら演奏し続けるさまはどこか「禅修行」を彷彿とさせました。演奏してくれた曲は「Discommunication」、「Black Market Blues」、「The Revolutionary」と、昔のファンにも優しい仕様になっておりました。で、一番驚いたのが、「ハートに火をつけて」という曲がかっこよすぎたこと。えっ、こんなかっこいい曲を作っていたの?だったらもう少し前からライブに行っておけばよかったよ、と少しだけ公開しました。最後に「Punishment」で締めたんですけれど、やっぱりあの曲かっこいいな。9mm、かっこいいじゃん!ということで、最新作の「DEEP BLUE」を借りようか迷っています(「Beautiful Dreamer」「名もなきヒーロー」があまりにも美しすぎたから)。今日のライブに来てよかったと思えた瞬間でした。

 


1.Discommunication
2.ハートに火をつけて
3.新しい光
4.Beautiful Dreamer
5.名もなきヒーロー
6.太陽が欲しいだけ
7.Black Market Blues
8.The Revolutionary
9.Punishment




サンボマスター

 

あまりにも愚直。「生きろ」とか軽々しく言うなと思う。でも、サンボ山口の必死なまでの、異常なまでの客の生に対する執着は、観る者の生を圧倒的に肯定していて、観終えたあとは心がすっと軽くなるんだよな。「お前がくそだったときなんて一瞬だってねえんだよ」と大声出して叫んでくれる山口を信じられるくらいに、まだ私は生きていたいと思っているよ。

 


1.青春狂騒曲
2.歌声よおこれ
3.世界を変えさせておくれよ
4.ラブソング
5.ロックンロール イズ ノットデッド
6.できっこないをやらなくちゃ
7.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
8.輝きだして走ってく


SHIKABANE (佐々木亮介、菅原卓郎、村松拓、山田将司)


完全に3次会のスナック状態。贅沢な時間。a flood of circleHoney Moon Song」はもうちょっと丁寧に歌ってほしかった。でもこれがSHIKABANEクオリティ。THE BACK HORN 「コバルトブルー」で艶やかにそして力強く歌う佐々木があまりにもかっこよくて、どうにかなってしまいそうだった。9mm Parabellum Bullet「Black Market Blues」はこういう風にしてうたわれると違った良さが現れるんですね、強かでした。最後にシアターブルック「もう一度世界を変えるのさ」で大団円を迎え、今日という日が終わってしまうことが寂しくなってしまって、シャトルバスへ向かうのが酷く悲しく思えました。


1.SHIKABANEのテーマ
2.Shimmer Song
3.Honey Moon Song
4.夏の終わりのハーモニー
5.コバルトブルー
6.Black Market Blues
7.もう一度世界を変えるのさ

 

 


SHIKABANEのライブが終わったのが20時過ぎ。1か月分の体力を使い切った後のような、生気を殆ど感じられないような体をむりやり動かしてシャトルバスに乗り込む。中津川駅について、まだ電車の発車まで時間があったので、近くのセブンイレブンで900mlのポカリスエットを買って、口をつけてぐびぐびしていたら殆どなくなってしまった。電車に乗ってから1時間ほど、今日の楽しかったことを思い出してやけに年老いた気持ちを味わっていた。今日が終わってしまった。ああ、今日が終わってしまったんだ。そして明日は休みではなく仕事であるという事実があまりにもしんどくて、一瞬だけれど全力で現実逃避をしたくなりました。家について、倒れこむように布団委横になって、もう動きたくない、風呂に入れない、歯すら磨く余力が残っていない私は、ぷつりと電源が落ちてしまったかのように眠り続けるのでした......。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20191005122239j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191005122233j:image