眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark@ナゴヤドーム(2019.9.21)感想

BUMP OF CHICKENの最新作「aurora arc」がとても気に入っていたので、そのアルバムのお披露目会的な意味合いの今日のライブはとても楽しみにしておりました。

 

 

BUMP OF CHICKENのライブは視覚的に訴えかけてくるものがとても強い。来場者全員に配られるザイロバンドによって会場が七色の光に照らされること然り、ディスプレイに映し出される幻想的な映像然り。それらをライブの演出に使うことによって、普段のライブでは体感できないような自由な感情を手に入れられるのです。

 

 

インスト「aurora arc」で一気に感情が高ぶると、「Aurora」でライブが始まる。いよいよ「aurora arc」の曲を生で聴ける時が来たのだ。それからはあっという間に時間は過ぎていった。ズイショズイショにライブの定番曲をやってくれるんだけれど、それよりも今日の私が求めているのは「aurora arc」の曲で。どの曲も素晴らしい曲で、生で観れることがこの上なく幸せだったんですけれど、特に凄まじかったのが「月虹」。音源を聴いていた時から(この曲すごすぎだろ......)という感想を持っていたんですけれど、いざライブで聴いたらその圧倒的な世界観に声を出すことをためらわれました。いやはや、「BUMP OF CHICKENユグドラシルまでが至高」なんて言っている昔のファンにこの曲を聴いてもらいたい。そして今のBUMP OF CHICKENにはまってほしい。ちょっと残念だったのが「アンサー」を披露してくれなかったこと。今回のライブには相応しくないと判断したんだろうか。この曲は発表された当初はそこまで好きではない曲で、「3月のライオン」で流れていたときも毎回飛ばしていました。でも最近になってこの曲の歌詞の意味が少しずつ分かってきたことや、そのメロディーに強く惹かれていることもあって、今回のライブで披露されるのを楽しみにしていたのに。「ジャングルジム」はやらないだろうことは予測できたんですけれど、「シリウス」は別日にやるのかよ......。あとは曲と曲の繋ぎ目が「下手くそかよ...」とつい漏らしてしまいそうになりました。曲が終わって暗転し、そこから30秒ぐらいして曲が始まる場面が何度かあった。曲と曲の隙間を無くして、常にライブに没頭できるような演出にしてくれればよかったのに。それともそれくらいの休憩を挟まないと藤原さんの喉がしんどいとかかな。あとはMCの時に妙にテンションの高い人(体育会系バンドじゃあるまいし)の無駄に元気なMCが鬱陶しかったです。何度も経験しているのに、それでもこの人のテンションには慣れないものです。

 

 

アンコールは神懸っていました。「ランプ」を選曲してくれたことに本当に感謝します。そして「カルマ」でライブを締めるという、最高の選曲。ありがとうございました。今日のライブを観て、BUMP OF CHICKENはそこまで演奏は上手くないし、曲としてもそこまで驚くようなものはないしMCも微妙だなと思うぶぶんはありました。でもアンコール終わりの藤原さんのMCはぐっと引き寄せられるものがありまして、「お前たちじゃない。お前に歌っているんだよ」というニュアンスのことをどっかで言っていたと思うんですけれど、そんなことを言われてしまったらこちとら真剣になってしまうものです。最後の藤原さんのMCがすごくよかったし、全体的には満足したので、また機会があったらBUMP OF CHICKENのライブに行くんだろうな、と思った次第です。

 

 

<セットリスト>

01.aurora arc
02.Aurora
03.虹を待つ人
04.天体観測
05.月虹
06.プラネタリウム
07.Butterfly
08.記念撮影
09.話がしたいよ
10.ダイヤモンド
11.リボン
12.aurora arc
13.望遠のマーチ
14.アリア
15.Spica
16.ray
17.新世界
18.supernova
19.流れ星の正体
EN
20.ランプ
21.カルマ

 

f:id:bigpopmonsterpro:20190923225904j:image

f:id:bigpopmonsterpro:20190923225921j:image

f:id:bigpopmonsterpro:20190923230007j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20190923230002j:image