眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

佐々木亮介"RAINBOW PIZZA Delivery Tour 2019"@名古屋Vio(2019.9.12)感想

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

あの素晴らしいライブから一年経ってしまったんですね。前回のワンマンライブはカバー曲多め、フラッドの曲を織り交ぜながらのセットリストだったんですけれど、今回の「RAINBOW PIZZA Delivery Tour 2019」は佐々木亮介として出した作品の曲をじゃんじゃんやってくれました。

 

 

一曲目「Fireworks feat.KAINA(Chicago Mix)」から完全ぶち上げのライブ。前回は渋谷だったからあんなにも観客の勢いが凄かったのか、名古屋はどちらかというと大人しい印象を受けました。そんな観客の気配を察したのか、佐々木が「皆緊張してる?」と言って、3曲目くらいでまさかの観客席突入。目の前であの声で歌っているものだから、くらくらしてどうにかなってしまいそうでした。

 

 

途中、佐々木一人だけ、椅子に座ってまったりと弾き語るコーナーがありまして、「皆も座りなよ。たぶん床は綺麗だよ」ということで座りながら4曲くらいを堪能。そこでカバー曲を披露したんですけれど、選曲が憎い。「今はなくなったアーティストだけど。楽屋で練習していたらいっぺー(ドラムの人)がすごくいいって。知らないんだね、この曲」と言うもんだから、一体誰の何の曲をやるのか興味津々でした。「SMAPで「Fly」」いやいやいやいや、あの紹介からはちっとも想像できませんでした。まあ確かに今はなくなったアーティストか。それにしても、SMAPの中でも大好きすぎる「Fly」を佐々木がカバーしてくれるなんて、そしてそれがまたすごくかっこいいんだも。このカバーを観るだけでも今回のライブに来た甲斐があります。「「Game Over(Tokyo Mix)」って曲ではいろんなアーティストや曲名を歌詞に入れているけれど。勝手に入れているから、怒られるかな。でもあの人なら、天国で笑ってくれると思うんだ」からの忌野清志郎「スローバラード」。歌詞に入っていたから、やってくれたんですね、嬉しい。曲は存在すら知らなかったんですけれど、一回聴いただけで一気に心を鷲掴みにされました。また佐々木がものすごくかっこよく歌い上げるんだもん。ライブ盤出して欲しい。

 

 

本編ラストは「We Alright feat.三船雅也(Tokyo Mix)」で締め、アンコールは一曲のみ。「ロスに会いたい友達がいるなら、メールをして会いに行ける。やりたいことがあるならやれる。やる曲がないから、やった曲をもう一度やる」ということで、本編一曲目の「Fireworks feat.KAINA(Chicago Mix)」を演奏。「ふぁいあーわーくす!!!」と皆で歌うのが気持ち良すぎる。仕事で心が辛くなっている時期だったから、少しだけれど救われたよ。

 

 

佐々木の弾き語りワンマンライブに初めて行ったのが、2015年の10月。恵比寿ガーデンプレイスタワー38階というとてもおしゃれなところで、素敵なカバーの選曲と、フラッドの曲を弾き語りで聴く幸せ。あのときは社会人一年目で、左も右もよく分からない状況で(今も正直、よく分かっていません)、すごく心細くて。それを素直に打ち明ける友達なんて東京なんていなくて、一人孤独をこじらせていてなかなか辛かったじきだったんですけれど、その日の佐々木の歌声は最高で、別にそれで状況が一変したわけではないんですけれど、「行ってよかったな」という思いと、力強い歌声にそっと背中を押されているのを記憶しています。それから律儀に毎年のように佐々木の弾き語りライブに行ける幸せ。今回はピザバンドを連れ、殆どの曲をバンド形式で歌っていたので今までとはライブの印象が変わりましたが、自由な気持ちで、好き勝手にライブを楽しめるのはいつも通り。彼のライブに行くと、窮屈で死にそうな心がリラックスして、深呼吸を始めるのが分かる。CDじゃ伝わりきらない、佐々木の生の歌声を定期的に聴き続けて、心の健康を保っていきたい。

 

 

毎年ソロのアルバムを出しているし、「また名古屋に来るよ」と言っていたので、来年もソロアルバムを出して、名古屋でライブしてくれるって期待していいかな。最高の夜でした。ライブから家に帰るときに「RAINBOW PIZZA」を聴き直していたんですけれど、一度ライブで聴いたからか、曲が今まで以上に近くで寄り添ってくれているようで、聴いていてすごく安心する。聴く心の安定剤。今日はいい夢が観れそうです。

 

 

 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20190912225920j:image

f:id:bigpopmonsterpro:20190912225932j:image