眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ‘19〜神vs神〜” Day2@東京ドーム(2019.9.8)感想

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

昨日があれだったので、今日はそこまで期待していませんでした。昨日のあれ、「神セトリ」だったんですか?それともポルノグラフィティ運営が考える「神セトリ」というものは昨日のが模範解答で、私が考えているような「さいきょうのせとり」とは似て非なるものなのでしょうか。震えながら開演を待っていました。

 

 

一曲目は何で来るんだろう、昨日観れなかったから「プッシュプレイ」でもいいかな。もう何でもいいや、期待していない。さてライブは始まりました。センターステージからの「プッシュプレイ」かーい。昨日は大きなステージから現れたそうで、微妙な違いですね。あってないようなもの。でも昨日は定刻に間に合わず聴けなかったので、初「プッシュプレイ」はあがりました。これが最後らへんに演奏される「VS」に繋がるんですよね分かります。2曲目は「Mugen」かーい。昨日と同じ曲をここで持ってくるのかーい。微妙な変更だな。やっぱ昨日高速バスなんか使わないで新幹線使えば、ポルノ神7シングルの「メリッサ」が聴けたんだよな、選択ミスったーーー。まあ、「Mugen」はむっちゃ好きな曲なので、二日間連続で聴けてよかったです。3曲目「THE DAY」て昨日のまんまかよ。遊び心少なさすぎませんか。20周年ですよ。10周年の時にあれほどはしゃいでくれたんですから、もっと頭のねじ外していいんですよ、リミッターを外していいんですよ??

 

 

そんなんで微妙に釈然としない気持ちのままMCからの昨日に引き続き本間さん登場。昨日の異常なぐだり(あんたのワンマンショーじゃないんだから)を反省したのかさくっとトークをまとめていただき、昨日も好きなくだりだった本間さんメドレー。昨日は恥ずかしてできなかった「マシンガントーク」でのモンキーダンスを全力で仕切ったのがいい思い出。やっぱりこの曲はフルで聴きたいな。今後ライブに行き続ければいつかやってくれるのでしょうか期待していいですか?そこから昨日と同じセトリでお送りされました。「n.t.」なんてレア曲だそうですけれど、ノータッチだったので反応に困りました。ただ、「こんな曲もあるんだな」と無の感情を浮かべながら聴いてました。なぜこの曲をチョイスしたんだろう。私の予習不足だからこの曲や、「Twilight,トワイライト」「Theme of "74ers"」にあれこれ言うのは予想。それはお門違いの発言だろう。それにしても、私は何故この曲たちに興味を持たなかったのだろうか......。

 

 

そっからまた小鳥のさえずりタイムが始まって「昨日と全く同じ演出かよ。これ微妙じゃね?」というつまらない感想は、「瞳の奥をのぞかせて」という選曲で一気にひっくり返されましたし、2番で演奏に入ってきたとある方のお陰で神でした、完全に。出来ることなら弾き語りではない感じので聴きたかったんですけれど、あの方がいらっしゃったのでそこはもういいです。控えめに言って最高でした。そこは本当によかったんです。でも、恐れていたことは起こりました。昨日、「新藤晴一曲」をやってしまったので、(もしかして今日も......)という不安は的中しました。「ウェンディの薄い文字」か、そうかそうか、そうなんだ。こういうのをファンが求めていると思っているんだ。まあ確かに一定数のファンが求めているのかもしれないけれど、そういうのはファンクラブライブとかでやっておいてくれないかな?東京ドームでポルノグラフィティがらいぶやるんだって?それじゃ観に行こう!と軽い気持ちで昨日今日のライブを観にいったライト層のファン、たぶん無の感情。私も新幹線の時間が近づいているので、思ってはいけないことなのでしょうけれど(早く終われ早く終われ早く終われ)と願ってしまいました許してください。そこで我慢をしたお陰?だからか、次の「リンク」で一気に開放感が体中を駆け巡りましたし、あらためて昭仁さんの声は凄まじいな、と体感しました。続く「サウダージ」前のぐだぐだなMC可愛いし、「サウダージ」がようやく聴けた。昨日今日合わせて、ポルノ神7シングルほとんど聴けたよ(メリッサ......)、嬉しい、という感情が躍動しているときに、来ました、来ましたよ、「ブレス」が。むっちゃ好きなんだよ。この曲ですっかり離れていたポルノをもう一回聴いてみようかなって思えた、私にとって大切な曲。今回のライブで演奏されることをすごく望んでました。そして音源以上に素晴らしい演奏と歌声、御馳走様でした。今日の「ブレス」を思い返すだけで、辛いときも何とかやっていけるような気がしております。あのタイミングでやって頂いて本当にありがとうございました。はーー、今日もライブに来てよかった。そろそろ新幹線の時間も近づいているから会場を離れなくちゃいけない、もどかしい。そんな気持ちを抱きながらむずむずしていると、昨日に引き続き「愛が呼ぶほうへ」。今日はあのお方も一緒に演奏してくれているし、その曲はすごく好きだ。昨日よりも心にすっと入ってくるのはなぜだろう。この曲が終わったら席を離れるんだ、そうしよう。そう思って曲が終わったので席を離れようとしたら、「ゾンビーズアーーーーーー」って、このタイミングで来るーーー、16曲目で持ってくるーーー?帰れない、この曲をしっかりと見届けない限り、帰ることは許されない。結果、「Zombies are standing out」をまるまる一曲堪能してから帰りました。はーすっきりした。

 

 

昨日今日とずーーーっともやっていたことがあるんですけれど、ポルノグラフィティのファンの方々、異様に拍手してない?バラードでは勿論していないんですけれど、そこまでアップテンポじゃない曲でも異常な速さ、異常な大きさで「ぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱん」と拍手し続けて疲れませんか?拍手の合間は人差し指をふりふりするライブ恒例のあれを皆さん、ほぼ同じタイミングでやっていて、少し怖さを感じました。今日は2階席のほぼ真ん中だったので会場を見渡せたんですけれど、皆一生懸命拍手しているし、皆一生懸命指振りしてて、「自分の意志でやってんのか?みんながやっているから、仕方なくやっているのか?」と不安になりました。その不安は昨日の「ライラ」にも通ずるところはあるんですけれど話が長くなるのでやめておきます。そんな拍手を一切封じた「Zombies are standing out」は圧巻でした。曲に集中できました。となりでけっこう大き目な音で「ぱんぱん」されていると、曲に集中するのが気になってしょうがないんですけれど。まあ、そのような行動をアーティスト側が誘引しているからしょうがないぶぶんはあるんでしょうけれど、初めてその光景を観た感想として「飼いならされているなー」という冷めた感情でした。この話はここまでです。

 

 

次に「サボテン」なんて名曲を演奏されて、(せめて、せめてこの曲だけでも)と思ったんですけれど、さすがにこの曲を観たら新幹線の乗車時間に間に合わないかもしれない→高速バスに乗らなければいけない→高速バスが時間通りに動かなかった→月曜日爆死、の未来がちらついたので諦めて大人しく帰りました。ここが限界でした。その次に「ヒトリノ夜」「瞬く星の下で」を演奏していた案件、ちょっといらっとしたけれど(台風にです)、まあ今後ライブに行き続ければいつか聴ける、と自分に言い聞かせている今です。そこからは昨日と同じセットリストだったようで安心しました。アンコールに「プリズム」とか、「フィルムズ」、もしくは「ネガポジ」なんて持ってこられていたら、壮絶に台風に苛立ちをぶつけたい気分になっていたでしょうな。そこが唯一の救いです。

 

 

というわけで、ポルノグラフィティの20周年のお祭りが終わったわけですけれど。いいライブだったなという感想は確かに抱きましたが、「神セトリ」ではないでしょう。生粋のファンの方々が聴きたかったのはシングルの連発だったのでしょうか?にわかじゃないけれどライブには行ったことのなかった人間にとっては、神7を聴けただけで満足だったんですけれど、古株の方々はもうちょっとアルバム曲、ましてやカップリング曲を聴きたかったんじゃないんでしょうか?運営側とファンとの間でライブのセットリストに対する考えが少し違うのかな、とは感じました。それを今後どういう風に修正していくのか、はファンの方々の働きかけ次第かな、とは思います。MCで「ポルノグラフィティはファンに甘やかされている」ということを言っていて、その自覚がアーティスト側にあるのは救いだと思います。あとはファンが不満をしっかりと運営側に伝えるしかないんじゃないでしょうか、今日みたいなセットリストを生み出さないようにするためには。最近のシングルがかっこよすぎたばっかりに今回のライブに参加した次第ですけれど、昨日今日のライブは満点ではないです。そりゃ満足したぶぶんもあるけれど、微妙だなと思ったぶぶんもけっこうあったので(小鳥とか小鳥とか小鳥とか...)。次のツアーが新しいアルバムのツアーだったらたぶん行きます。今日聴けなかった、狂おしいほど大好きな「カメレオン・レンズ」「フラワー」がほぼほぼ聴けるのが確定しているから。ただ、小鳥タイムがありそうな気がするから、行くかどうかやっぱり迷うな。小鳥、お前は要らないぞ!!!

 

 

いろいろ不平不満をぶちまけましたけれど、いいライブだったと思います(誰目線だよ)。J-POPバンド、というポルノグラフィティに対する認識を改めました。特に2日目の方が昭仁さんの声がよく出ていて、東京ドームという最悪な音響化でも綺麗に響いていました御馳走様です。台風のせいでいろいろもたついてしまったぶぶんはありましたが、行ってよかったです。まずは20周年おめでとうございます、お疲れ様です。来年あたりに出るかもしれないアルバムを首を長くして待っております。2日間、お疲れさまでした。ゆっくり休んでください。私もこの2日で動きすぎて体が疲れ切ったので、まだ24時を迎えていませんがもう寝たいと思います。当分は2日間のライブを思い返してにやにやしたいと思います。

 

 

<セットリスト>
01.プッシュプレイ
02.Mugen
03.THE DAY
04-1.ミュージック・アワー
04-2.マシンガントーク
04-3.ヴォイス
04-4.狼
04-5.ミュージック・アワー
06.アポロ
07.n.t.
08.Twilight,トワイライト
09.Theme of "74ers"
10.瞳の奥をのぞかせて
11.ウェンディの薄い文字
12.リンク
13.サウダージ
14.ブレス
15.愛が呼ぶほうへ
16.Zombies are standing out
17.サボテン
18.ヒトリノ夜
19.瞬く星の下で
20.ハネウマライダー
21.アゲハ蝶
22.VS
EN
23.オー!リバル
24.Century Lovers
25.ライラ

f:id:bigpopmonsterpro:20190908234249j:image