眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ‘19〜神vs神〜” Day1@東京ドーム(2019.9.7)感想

ポルノグラフィティライブ。遠征してまで行くほど、とても楽しみにしてました。ポルノはシングルくらいしか知っている曲がなかったので、大好きなブログで紹介されていた曲を中心に、ここ1ヶ月ポルノ浸りでした。そんなことをしてしまったから、より上のものを求めてしまったのだろう......。

 

 

今回の遠征にそこまでお金をかけたくなくて、行きに高速バスを選択したのが間違いでした。それも新宿駅の到着時間をライブの開演時間の1時間前という微妙な時間帯にしたからダメだったんだよな。順調にバスは進んでいたんですけれど、首都高のとあるところで事故が発生していたそうで。それのせいで、新宿駅に着いたのがライブの開演時間でした終わりました。急いで電車に乗って水道橋で降りて、急いで東京ドームに行ったら3曲目「THE DAY」がちょうど終わったところでしたああああああああ。席は物凄く良かったです。ファンクラブ会員ではないのでそこまで期待してなかったんですけれど、外野レフトの一列目でした。トロッコでポルノの御二方が来た時は、それはもうすごく近くて、会員じゃないのによかったのかな?と少し不安になりました。「THE DAY」の前に「プッシュプレイ」と「メリッサ」をやっていたとか。奥歯噛み締めすぎて砕け散ってしまう案件ですね、何故序盤にそんな強い2曲をやってしまうんだよ、明日絶対やらないよね、悔しすぎる......。

 

 

「THE DAY」が終わりMCに入り、そこでスペシャルゲストが来たんですけれど、ネタバレになるので明言を控えておきます。その人のMCが長くて長くて、そこをきゅっと引き締めたら3曲は追加で出来たんじゃないかな。いやいや、それは贅沢って話ですな。そこからメドレーで「ミュージック・アワー〜マシンガン・トーク〜ヴォイス〜狼〜ミュージック・アワー」という贅沢な曲をやったんですよね。特に「マシンガン・トーク」とかずるいよ。メドレーでちょびっとじゃなくて、どの曲もフルで聴きたかったよ。その後にデビュー曲「アポロ」をやるんですけれど、今回のスペシャルゲストはもう1組いて、その方々アレンジが好きな曲にかかっているのちょっといらない...、と失礼なことを思ってしまった。どの曲も初めて聴くものなので、出来ることなら原曲のアレンジのまま、そのままで聴きたかった。サクソホーンとか要らなかった.......、いや失言でした忘れてください。

 

 

「神セトリ」と前々から公式で謳われていたので、マニアックな曲を披露してくれるのだろうと期待してアルバム曲、カップリング曲を聴き込んでいったんですよ。その曲たち2曲くらいしかやらなかったよ......。「Hey Mama」なんて蛇足でしかないだろ、神セトリに含めるな。弾き語りで演奏した「n.t.」、予習してこなかったから全然分からなかったけど、いい曲なんだってのは凄く分かりました。でも、その前の小鳥のさえずりの演出、意味不明でしょう。あれ、誰得なんだよ......。そんなこんなで中盤はポカンとしている時間が長すぎて、「おいおいおいおい、10周年のときの神ライブを超えてくると思ったらこんなものかよ。期待していてるんるんしていたあのときの自分にどう言ったら納得してくれるんだよ...」と打ちひしがれていました。

 

 

「ジレンマ」も普通に演奏して欲しかったし、ライブの終盤で聴きたかった。だから、ホーンの演奏に寄せたアレンジにしなくていいんだよ。もう。そのあとの「愛が呼ぶほうへ」もCD音源ほぼそのままのアレンジで聴きたすぎた。でも「愛が呼ぶほうへ」は初期の曲のなかでも特に思い入れのある曲で、小学生の頃から聴いていた大切な曲だから、今日聴けてよかったよ。そのあとに「ハードロックをかましてやるよ」ということで「ラック」をぶちかまし(炎の演出ってどれくらいお金がかかるのだろうか)、「キング&クイーン」というポルノのなかでも最下位を争う駄曲をやってくれたなよくも。そこから「Mugen」で一気にテンションが上がり、「ネオメロドラマティック」「ハネウマライダー」「アゲハ蝶」というヒット曲の怒涛の演奏に目ん玉が飛び出そうになりました。こういうのを待ってたんだよ。でもこのライブの定番曲の連発、ライブ常連者の方々にとってはどうだったのだろうか?「いつもいつも聴いてるよ。それよりもいつものライブでぜんっぜん披露してくれないあんな曲やこんな曲をやってくれよ」と思っていたんじゃないかな?分からないですけど。本編最後は映像にカラオケ付きの「VS」で終了。想像していたよりも演奏した曲が少なくてビビった。本編で25,6曲くらい演奏して、アンコール含めて30曲やってくれると信じていたのに、信じていたのに......。

 

 

アンコール一発目「オー・リバル」は凄く嬉しかったです。今回のライブのために改めてポルノを聴き込んでいったんですけれど、その中でも特にお気に入りの曲がこの曲だったので。普段のライブでも演奏してくれるのかな、そこまでレアじゃないのかな。アンコール2曲目に「Century Lovers」披露してくれて、なんかもう今まで抱えていた鬱憤なんてしょうもないものに思えてくるほどにかっこよかったです!!!音源でも十分カッコいいのに、ライブだとこんなにも爆上がりの演奏になるんですね。やっぱり今日のライブに来てよかったかも。アンコール最後に「ライラ」で疲れ切った観客の体力をひたすら消耗しにかかり、ライブは終わりました。

 

 

欲を言えば、最近の曲が過去の曲よりも段違いで好きなので、「ブレス」「カメレオン・レンズ」「Zombies are standing out」「フラワー」「プリズム」聴きたかったわー、本当に。この曲のなかで一曲でもやってくれていたら、今日のライブの印象は段違いに変わっていたかも。特にダレた中盤で「Zombies are standing out」をぶちかましたら一気に神セトリになったの、かも。聴きたい曲をやってくれなかったのが痛い。シングルで良く知っている曲を披露するのは「まあそりゃやるよな」と思うけれど、「ミステーロ」とか「空想科学少年」とか「ラビュー・ラビュー」とか「カルマの坂」とか「まほろば○△」とか「m-FLOOD」とか「ANGRY BIRD」とか「ドリーマー」とか「惑星キミ」とか「元素L」とか「Jazz up」とか「ロマンチスト・エゴイスト」とか「煙」とか「蝙蝠」とか「月飼い」とか「Sheep〜Song of teenage love soldier〜」とか「クリシェ」とか「別れ話をしよう」とか「PRIME」とか「敵はどこだ?」とか「一滴」とか「ルーズ」とかを聴きたかったんだよ。シングルだと「ヒトリノ夜」とか「サウダージ」とか「サボテン」とか「シスター」とか「黄昏ロマンス」とか「ROLL」とか「ジョバイロ」とか「リンク」とか「ギフト」とか「今宵、月が見えずとも」とか「アニマロッサ」とか「瞳の奥をのぞかせて」とか「EXIT」とか「2012spark」とか、最近のシングル曲全部聴きてえんじゃい!!!!!!!!

 

 

ライブが終わったのは19時53分くらいでした。3時間以上やった割には、そこまでインパクトの強いライブではなかった。まあ、ポルノグラフィティのワンマンライブに行けたという経験、ヒット曲を一通り聴けたのはよかったかもしれないけれど、「神セトリ」と銘打っていたんだから、もう少しファンが望んでいる曲を最高の曲の流れで聴かせてくれると思っていました。「期待しすぎ」でしたかね?誰が今日のセットリストを考えたのか知りたいわ。どうしてこんなセットリストにしたのか。まあこんなもやもやは、明日の最高のライブに上書きされて、「なんだかんだで最高の二日間だった」という風に思わせてくれよお願いします頼みます。

 

<セットリスト>

01.プッシュプレイ
02.メリッサ
03.THE DAY
04-1.ミュージック・アワー
04-2.マシンガントーク
04-3.ヴォイス
04-4.狼
04-5.ミュージック・アワー
05.アポロ
06.グラヴィティ
07.Twilight,トワイライト
08.Theme of "74ers
09.n.t.
10.Hey Mama
11.渦
12.俺たちのセレブレーション
13.ジレンマ
14.愛が呼ぶほうへ
15.ラック
16.キング&クイーン
17.Mugen
18.ネオメロドラマティック
19.ハネウマライダー
20.アゲハ蝶
21.VS
EN
22.オー!リバル
23.Century Lovers
24.ライラ

 

f:id:bigpopmonsterpro:20190908225029j:image