眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

ももクロ一座特別公演 第二部 『ももいろクローバーZ 大いに歌う』@明治座 感想(8月18日(日))

ももクロ一座特別公演の千穐楽が終わったので、8月18日(日)に観てきたももクロ一座特別公演の第二部 『ももいろクローバーZ 大いに歌う』の感想をつらつら書いてみる。

 

 

まず何が凄かったかというと、あの箱の大きさでももクロを観れたこと。青春ツアーに一度も行けなかった私は今回のライブでようやく「もし青春ツアーのライブに行けていたら、こんな距離感でももクロを観れたのか」と仰天しました。だってさあ、この間のメットライフドームではその姿を殆ど垣間見ることのできなかった姿が、今私の目の前で、肉眼で、くっきりと見えているよ。籤運のいいことに、一番前の列、それも花道にとても近い席だったので、終始ももクロを間近で感じれたのが未だに現実のものとは思えません。たまに観るももクロの夢だったんじゃなかろうか、あの日の記憶は...。

 

 

時代劇の舞台の後のライブ、ということで「和」を意識したセットリストになると予想してました。一曲目「.ニッポン笑顔百景」で「近い、ももクロが近い!!!」と興奮しっぱなしの私の耳に飛び込んできたのは、まさかまさかの「夢の浮き世に咲いてみな」。たぶんライブで初めて聴く。そこまで好きな曲ではないけれど、改めて聴いてみると。間近でももクロのパフォーマンスを眺めているとこんなにも素晴らしい曲だったのか、とはっとさせられる場面がズイショズイショに。この時点で15,000円を払った甲斐があった、無事にもとは取れた。とほっとしたのも束の間、「ゴリラパンチ」でももクロの可愛らしい踊りをこの眼にしかと焼き付ける作業に入る。もう、近すぎるって...。頭がどうにかなってしまいそうなほどに近いって...。幸せな気持ちでのほほんとしていたら、「ももクロの令和ニッポン万歳!」で花道までメンバーが駆けつけてくれました。かなこちゃん、しおりん、あーりん、れにちゃん。めっちゃ近い、息するのも憚れるくらいに集中して彼女たちを眺めていた。今この目の前で、ほんの5m先に憧れのももクロがいるよ。生きててよかったよ......。そんな夢うつつな感情がごちゃまぜになりながら披露されたのはももクロの曲の中でも飛び切り笑顔になれる名曲「笑ー笑」。第一部の時代劇に出てきた人も一緒になって「笑ー笑」ダンスを繰り広げる様は圧巻。これぞ現場至上主義のももクロだから成せるパフォーマンス。もう、お腹いっぱいだよ。これ以上は違う日に取っておきたいな、贅沢やな。とか思っていたら、先日のももクロマニアでは惜しくも披露されなかった「レディ・メイ」をスタンドマイクを華麗に使いながら披露。かっこいい、そしてこの距離感でこの曲を観ることが出来てよかった。もう思い残すことはないよ。だってこんなに近くで、ももクロを観ることができたんだもん。本編最後は「灰とダイヤモンド」。しっかし歌がすごくうまくなったよな。誰かが歌っているときのしおりんの立ち居振る舞いをずっと眺めていた、花道側にいたから。可愛すぎる。こんなにも妖精みたいな子がこの世に存在してもいいものだろうか。ああ、ライブが終わってしまう。寂しいよ。ものすごく楽しかったから、その分寂しさの振れ幅がものすごく大きい。頭がまだこのライブの終わりを受け入れられていないよ。えっ、みんなアンコールしているけど、アンコールなんてあるの?あんだけ最高のパフォーマンスを魅せてくれたのに、まだやることを所望しているの?でも確かにもちっと観てみたい気分はあるんだよ。あっ、また出てきたよ。まさかの「ロードショー」だよ。ちっか。メンバー四人が代わる代わる花道を通ってくれるから、そのたびに息を止めてじっとメンバーを見る。右手に持ったペンライトを振ることも忘れて、ただただその美貌と艶やかな踊り、歌声に全神経を集中させる。これは夢か現か。どちらでもいいから、永遠に続いてほしいと願うのは私だけかい?しおりんが花道に来てくれた時、右手にあるペンライトの存在に気付いて、必死になって振りました。気づいてくれたらいいなあ、でもしおりんはつんとした印象があるからもし自分に気付いたとしても反応してくれないのではないだろうか。いやでもこんな近くで観る機会なんてもうないだろうから、懸命に振ってやる。あ、こちら側に体を向けてくれた。...!今さっき、確かに目があったよね*1。思いっきりペンライトを振る、手を振り返してくれる。手を振り返してくれた..........!ああもう一生ももクロについていく。大好き。もうそれしか言えない。そんな幸せな気持ちに包まれながら、ぽわぽわしているときに花道にれにちゃんが来てくれた。ああこれは現実なのか。ああ、曲が終わってしまう。ええい、ままよ。最後の勇気を振り絞ってペンライトを振りました。えっ、れにちゃんと目が合った、よね?いやいやいやいや、めっちゃかわいいじゃん、レニノフになってしまいそうだよ。えっ、ちょっ、投げキッス!!!!!もうだめだーーーー。

 

 

ということで、先日のももクロマニアで、「当分はももクロの現場には参加しません」という固い意志を持っていた私は、至近距離でももクロちゃんをたんと眺め、しっかりとアクションを貰ってしまったので、当分は現場通いが止められそうにないです。あの幸せな一日から一週間たって、さすがに落ち着いたろう自分の心よ、と思いながらこの文章を書いていたんですけれど、あの時の興奮が甦ってきてしまって、今日はももクロナイトになってしまいそうな気配がむんむん漂っています。あの神席に座れたことを、しおりんとれにちゃんからアクションを頂いたことを、一生忘れることはないでしょう。次はAEイベント。勿論東京大阪両方参加予定です。ああ、早く会いたい。そのあとはももクリですね。日程的に土曜日開催の大阪しか行けなさそうですが、とりあえずはチケット争奪戦に勝って、無事に三年連続のももクリ参加を果たしたいです。現場からは以上です。はあああ、今思い出しただけでまたにやにやしてしまったぞ......。

 

 

<セットリスト>

01.ニッポン笑顔百景
02.夢の浮き世に咲いてみな
03.ゴリラパンチ
04.ももクロの令和ニッポン万歳! 
05.笑ー笑
06.レディ・メイ
07.灰とダイヤモンド
EN
08.ロードショー

 

f:id:bigpopmonsterpro:20190827231141j:image

*1:お願いですから冷静に突っ込まないでくださいね。ファンの戯言と受け取ってもらって構いません