眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2019年7月13日(土)14日(日)15日(月)

すごく久しぶりのように感じられる連休。けれど、そこまでありがたみを感じないのは、最近の仕事が暇で暇で、平日に心を擦り減らすということが無かったからだろう。

 

 

7月13日(土)

 

休みにしがちなことですが、気持ちよくてついうとうとしてしまって、気付いたらお昼になっていたことが。ということで、三連休全て昼まで寝てました。それもいつもの休みより弛緩してしまったせいだろうか、いつもよりも長めに睡眠をとってしまったこともあり、三連休があっという間に感じられました。

 

今日は大学の先輩と近場のゴルフ打ちっぱなしへ。スクールでは結構練習して、ボールを真芯で捉えることが出来るようになってきたので、がんがん遠くへ飛ばせるだろう。という私の予想は見事に打ち砕かれました。前回の打ちっぱなしよりかは多少当たるようになったんですけれど、それでもこんなんではコースデビューなんて出来ないよな......。打てないのが何回も続くと、「だる...つまんね...」と自己嫌悪に陥ってしまい、なんでゴルフをやっているのかが分からなくなってきました。冷静に考えたら週に3回、それも50分しか練習をやっていないのに、それですぐにガンガン打てるようになる、というのが浅はかな考えでしたね...。もう少し長期的な目で物事を考えられるようになりたいです。でも先輩がカキーーーンとボールを打っているのを見ていると、ぐぬぬ......となってしまいます。生粋の負けず嫌いなものですので。その後に近所の味噌ラーメン屋へ。開店前なのに6人ほどが並んでおり、ネットの評判も良かったので、楽しみに待っていました。そして開店して20分ぐらい経ってからようやくお目当てのラーメンが来ました。まずはスープを啜ってみました。......味噌汁じゃん......。しかし、ラーメンの上にちょこんとのっかっていた味噌をスープに溶かしていくと、味がいい塩梅になっていき、ちぢれ麺もスープに合っていて、麺がすすむすすむ。あっという間に平らげてしまいました。先輩も大層満足していたご様子で、この店を選んで正解でした。ということで19時前には先輩と解散し、次はまた一か月後くらいに打ちっぱなしに行こう、9月くらいにはショートコースデビューして、11月くらいにはコースデビューしたいね、という話をしました。はたして、そんなスケジュールが実現するのかどうか。不安で不安でしょうがないですが、もうここまで来たらやり通したい。ので、これからも練習に練習を重ねてゴルフを極めていきたいです。今日は呉勝浩「雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール」をぽつりぽつりと読んでいました。ぶっ飛んだ話だけれど、文章がしっかりしているから読み続けられる。

 

雛口依子(ひなぐちよりこ)の最低な落下とやけくそキャノンボール

雛口依子(ひなぐちよりこ)の最低な落下とやけくそキャノンボール

 

 

 

7月14日(日)

 

昨日のゴルフ疲れのせいだろうか、12時頃まで眠り耽けっていました。睡眠、最高。もうずっと寝ていたいよ。頼むから、起こさないでくれ。でも、今日は14時にジムでトレーニングの指導を受ける予定があるので、そそくさと準備を済まして3回目のジムへ。スタッフの人に予約の旨を伝えると、「ええと、16時からですね」。。。よくよく確認してみると、確かに16時からでした。さて、あと2時間どうしよう。ひたすらエアロバイクを漕ぎ続けるのもしんどいからな。ということで、ちょうどいいタイミングで始まったストレッチの教室に潜り込んで、30分ほど体を伸ばすことを繰り返していました。初めの頃は体が硬くて全然動かなくてちょっとイラッとしましたが、教室が終わる頃にはだいぶ体も柔らかくなっていて、心の方も少しばかりほぐれているのを感じました。たまにはこういう教室に顔を出してみるのもいいかもな。それでもまだ1時間以上あったので、エアロバイクで10kw漕ぎ、そのあとにテキトーな筋トレマシンで体をいじめました。そしてようやく16時になり、スタッフの指導が始まりました。まずはヒアリング。特におかしなぶぶんはなさそう、ということで次は測定。私は筋肉がしっかりついているのですが、脂肪の方もしっかりついているので、まずは運動で脂肪を落としていき、適切な体重まで戻すことが目標です、ということになりました。確かに、運動して、適切な食事をすれば適正な体重になることは分かっているんだけれどね。運動は継続させるのが難しいし、食事だってお昼についついカロリー過多のものを食べてしまうんですよ。その辺の自分のたるみを抑制しないことにはどうにもならないんですよね。そのあとに、ストレッチや筋トレの仕方を1時間弱教えてもらい、今回の指導は終了。よし、これで解放された、と思ったんですけれど、「それでは来週の予約をお取りしておきたいんですけど」ということで、来週の日曜日もジムに行くことが決定しました。はあ、でもこういう風に決めた方が無理矢理にでも運動をするから、これでいいのかなあ。今日は藤井太洋「東京の子」をのそりのそりと読みました。うーーーーーん、題材は面白そうなんだけれど、肝心の話のほうが引き寄せられないんだよな。作者の文体もどうも自分には合わないし。折角130pまで読んだんですけれど、他にも読みたい本がたくさんあるので、断念します。残念です。

 

東京の子 (角川書店単行本)

東京の子 (角川書店単行本)

 

 

 

7月15日(月)

 

今日も昼近くまで眠っておりました。昨日は昨日でジムで体を酷使したからでしょうか。エアロバイクで10kw走り終えた時には体中から汗が噴き出していて、着ていたTシャツがびっちょびちょになっていました。そして体がだるい。この三日間、一日として快晴の日がなく、だらーんとした天気だったもので、それに呼応して体もだらけていたのでしょう。しかし今日は、待ちに待った「トイ・ストーリー4」を観る日なんです!本当は封切の日に観に行きたかったんですけれど、金曜日で予約した時間に間に合うかどうか分からなかったので、確実に行ける休日に予約をしました。三連休の最終日でしたが、映画館は人で溢れかえっておりました。そしてついに 「トイ・ストーリー4」が始まる......。うーーーーーん、期待していたほどではありませんでした。賛否両論を巻き起こしているラストが自分にとってはどちらかというと否でした。うーん、こんな終わり方をするくらいだったら、別に3で終わりにしておいてもよかったんじゃなかったのかな。でも、自分の中でいろいろと考えていくうちに、あの終わり方はベストではなかったけれどベターだったのかな、という結論がまとまりそうです。子供にとっての幸せがイコール、おもちゃにとっての幸せになるとは限らないし、逆もまた然り。話はまあそんなに惹かれなかったんですけれど、映像美が凄くて、映画館で観ておいて良かったなと。なんならもう一回ぐらい映画館で観ておいても損はないほどの作品だと思います。うーーん、もう一度観ておこうかな。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20190715195620j:plain

TOY STORY 4(☆☆☆☆)

 

 

 映画帰りにパッセの星野書店へ寄って、気になっていた本をまとめ買いしてしまいました。図書館で借りてきた本でまだ読めていないものもあるのに、なんでこんなに本を買ってしまうんだろうか。ただ、買った時の幸福感はたまらないものがありますな。

 

<購入した本>

池井戸潤陸王

津原泰水「11 eleven」

森博嗣「MORI Magazine3」

 

陸王 (集英社文庫)

陸王 (集英社文庫)

 
11 eleven (河出文庫)
 
MORI Magazine3

MORI Magazine3

 

 

 

そして、そのあとにアメリカンイーグルへ。Tシャツが不足しているので、勢いづいて7着も購入してしまいました。普段は服なんてめったに買わないから、まあいいか。

 

 

家に帰って、なにをするでもなくただだらだらと過ごしていました。幸せ。結婚していたらいろいろとしなくてはいけないことが発生していたんだろうな、と思うと独身でフリーである今の境遇に感謝したくなります。ただ、いろいろな厄介ごとを未来へ先送りしているだけで、後々しなくてはならないんだと思うと、今のうちにさっさと済ましておいた方がいいような気がしますけれど。ただ、結婚なんてものは相手がいないと成立しないもので、その相手を碌に探そうとしない今の自分はどうなんだろうか、と思ってしまう時もあります。わざわざ出会いの場へ行って必死になって探すものなのだろうか。そういう人とは運命的に繋がっていて、ある日ある場所で出会うように設計されているのではないか。とさすがにこれは夢見がちすぎました。結婚したいのであるならば、自分から積極的に人が集まっている場所へがんがん行かなければ行けないんですよね。そういうことをするのが本当に億劫に感じてしまう人間なので、誰かにケツをひっぱたいてもらわないとたぶん動き出さないような気がする。そんな親切で面倒なことをしてくれるような友達がいないもので、自分でなんとかその気になってやっていくしかないんでしょうけどね。今のところはそうする気分になれません。だって仕事終わりや休日に自分の好きなことを全力でやっていても時間が足りないというのに、そこに恋愛なんてものを挟み込んでしまったらだいじなだいじなプライベートの時間がへっつぃまうじゃないですか。......そういうところを直していかなくちゃいけないんでしょうけれどね。