眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

The Cheserasera 2019 幻のワンマンツアー~『幻』Release Tour~@名古屋HUCK FINN(2019.7.6)感想

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

The Cheseraseraは東京に行ってから知ったバンドなので、名古屋のライブハウスで見るということがへんなかんじがした。それもHUCK FINNという、今まで訪れたことにないライブハウスだったので、いつもと違った感じでライブに向かいました。

 

 

今日のライブは、終始、「幻」という最高のアルバムが漂わせている最高な空気が漂っている最高のライブでした。MCの方はそれぞれが不調だった感じでしたが、それも込みでThe CheseraseraはThe Cheseraseraなので、ほんわかしたMCやぎらっとしたまっすぐなMCをこれからも続けてくださいね。

 

 

「幻」の「幻」をやるときに、観客に最初のフレーズを歌わせるのは、ちょっと違うよな~~、と思いながら、若干しらけながら眺めていました。最近のバンドはこういうことをしないといけないのかな。あとは曲の説明が長すぎて。その辺は雑誌のインタビューとかでやっておいてほしいですね。でも、「幻」は紛れもなく名曲なので、これからのライブでもやっていってほしいです。

 

 

今日のライブで思わず唸ってしまったのは、最後に畳みかけるように演奏してくれた5曲のの圧倒的な強度です。その最初の二曲に「幻」の「愛しておくれ」と「たわけ」がきちんと存在感を放っていたことが嬉しかった。新作でもこれからのライブの肝になっていくであろう曲をきちんと作ってくれるところがこのバンドのかっこいいところだと思っております。過去の名曲に縋ることなく、しっかりと自分たちをアップデートしていってくれるところが大好きです。

 

 

アンコールで「good morning」やってくれたのは意外でした。前回のアルバムのラスト曲をここに持ってきてくれるなんて。そしてダブルアンコールで「SHORT HOPE」でバシッと決めてくれるの凄い好きなので、これからもどうか。

 

 

東京で観る時と比べて観客が比較的少ないし、今日のライブハウスは演者が見やすい位置にいたので、今までのThe Cheseraseraのライブで一番メンバーが見えたと思われる。今日のライブが本当に素晴らしかったし、「幻」の曲をまたおかわりしたくなったので、来週のファイナルが終わったらまたツアーを組んでくれないかな,,,,,,,。正直なところ、彼らのことをそこまで欲していなかったんですけれど、今日のライブがかっこよすぎて、いろいろと心揺さぶられてしまったので、もう一本でも多く彼らのライブを観たい心境に陥っております。ああ、東京では二回もライブをやっていてくれたなんて、やっぱり東京はええなあ......。