眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

SNSのトラブル

腹立つことがあった。詳細は省くが、大切な情報を隠しながらSNSのやり取りをしてて、いざおかしな発言を相手がしてきたときに、「そんな話聞いてないよ」と言うと、「上から目線ですか?」と言うふうに返された。いやいやいやいや、それは前提の上でコミュニケーションを取っていたんじゃないんですか?スマホが普及したせいで、SNSの相手がどんな人間なのかが不透明になっている。ネットが普及していない昔であれば大抵は大人であったが、今は子供であったり常識の通用しない人間が相手だったりすることがある。今日はそんな奴に捕まってしまった。話のズイショズイショで変なぶぶんはあったけれど、目先のキラキラしたものに心を奪われてまともな判断が出来なくなっていた私のせいでもある。こんなしょうもないことで腹が立って立ってしょうがなく、まともな思考が出来なくなるくらいなのでもうSNSは見るだけにしよう。文字のやり取りだけで人とコミュニケーションを取るのは危険すぎる。そんなことを思いながら、腹が減っているのに腹が立っているせいで、目の前に551の肉まんがあるのに食べようとしない自分が憎い。早く家に帰ってジョジョが観たいよ。