眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

244日目「寝不足のテニス」

昨日の夜は全仏テニスの大阪戦を最後まで観ていたせいで寝るのが25時過ぎになってしまい、今日は一日中眠たかった。どれだけ目覚ましの努力をしても眠気は収まらない。タブレットを何錠も噛み潰したところで単なる気休めに過ぎなかった。こういう日もあるさと、自分に言い聞かせるのは少し間違っている気がしないでもないが、まあいいか。

 

 

今日は保険の人が来て、2回目の説明を受けた。1時間の説明の中で、保険の人は懇切丁寧に保険の説明をしてくれたのだが、眠たい頭にはなかなか内容が入ってこなかったのは申し訳なかった。保険の人があまりにも熱心に説明をし、時折「もちろん入りますよね?」と意味ありげな視線を送ってくるので、(ああ、これは入ってしまうかもしれない)と不安になった。まあいいか、月々◯円払えばいいんだし、と投げやりな気持ちになっていた。説明の終盤で保険の人が「あっ、そういえば精神的な病をお持ちではないですよね?」と問いかけてきたので、「10年前から病院に通っていて、毎日薬を服用してます」と素直に答えた。すると、保険の人の表情は一気に曇り、「そ、そうなんですね」とあからさまにたじろいでいるのを見逃さなかった。そうか、そうだった。精神安定剤を服用していたら、確か保険には入らなかったという情報をどこかで見た気がする。保険に入らないのか。なら今までの時間はなんだったんだろうな。保険の人に対して申し訳ない気持ちでいっぱいである。「ちょっと調べてみますね」と言っていたけれど、たぶん無理だろうな。まあ、当分は体にガタが起きないと信じているから大丈夫だろうな、多分。

 

 

今日はかるーく事務仕事をして、お昼は人気のない職場でおにぎりを食べ、少しばかり寝て、午後からもすいーっと仕事をして、外出してそのまま直帰した。今日は18時に家に着いたので、今日は今日こそはがっつりと本を読んでやろうと思っていたけれど、昨日の夜更かしがなかなかに効いているのかどうにも集中することが出来ず、少し文章を読んでは目を瞑り、それを繰り返していたらテニスの試合が始まっていた。今回は錦織の二戦目、ツォンガとの因縁の対決。21時から試合がやっていたので今日は夜更かししないで済むだろう、と思っていたら、この試合がなかなかに拮抗したもので、思った以上に長時間の試合になってます。取られては取り返してを繰り返すゲーム展開に常に心は緊張しており、とても疲れる試合です。早く決着がついてくれ〜。そして、明日も平和な一日になりますように。