眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

ももクロ春の一大事2019 in 黒部市 〜笑顔のチカラ つなげるオモイ〜 DAY1 感想

まさに至高。これぞももクロ。そんな幸せな気持ちに浸れた春の一大事でした。

 

 

開演が15分遅れ大丈夫だろうかと不安になっていた。ギリギリにコンビニでチケットを買ったので最後方のブロックになり、会場に入場する前にももクロのライブ前のアナウンスが流れていたので、「これは間に合わないかも」という不安がありつつも、なんとか開演には間に合いました。初めての春の一大事。どんなライブになるのだろうか。開演前からワクワクでいっぱいでした。

 

 

一曲目に「イマジネーション」が来て、「ああ、またこの曲か。好きなんだけど、最近多くない?」という不満を抱えつつ、会場が普段の箱に比べて小さいせいか、最後方なのに肉眼でももクロの姿を認識できる幸せをほのかに感じてました。二曲目「サラバ、愛しき悲しみたちよ」でほんのりと嬉しくなり、三曲目「吼えろ」でようやく体が温まってきました。これだよ、この独特の高揚感、他のアーティストのライブでは味わえないようなこの感じを味わいたかったんだよ、と思いながら四曲目「行くぜっ!怪盗少女」を眺めてました。幸せなり。ここでMCが入り、改めてももクロの姿を肉眼で見えることの幸せを噛み締めてました。冷静になると恥ずかしくなってしまうももクロの自己紹介だって、大声でやって楽しくなってしまった。続いて、ももクロちゃんZの曲をカバーするという体で「HERO」を披露し、こんな曲も歌っているんだ、ももクロちゃんZまではカバーしきれてないなと痛感しました。で、次になんの曲をやるのかしらとワクワクしてたら、ピアノのあのイントロが流れ、私の大大大好きな「WE ARE BORN」へ。この曲すっごくかっこいいし、前にも増して踊りや歌がキレッキレになっててビビった。そっから「行く春来る春」「DNA狂詩曲」で一度はけ、次に現れた時の衣装があまりにも可憐なもので見惚れてしまいました。「仏桑花」「GODSPEED」でゆるゆるになったところでまさかの「チントンシャン」!。この曲は「笑一笑」が発売された時に何回も繰り返し聴いてて、去年の春一以降披露されてなくて凄く待ち遠しかった曲。この曲は春一だけでしか披露しないつもりなのかな。この曲は歌うにはなかなかにハードな曲なので、短めのライブの時にしかできないのかしら。この曲をやってくれただけでも、「あー、今日来て良かったわ」と思いました。そっから「Chai Maxx」で軽くてテンションを上げてから、最高かよのぐだぐだMC。幸せなり。「次の曲は春っぽい曲だと思う。フレッシュというか」ということで何が来るのだろうかとワクワクしていたら、まさかの「ももいろパンチ」でもうメロメロ。イントロの時のれにちゃんがポージングをぐっと堪えている姿を眺めているの本当に幸せなり。相変わらず可愛い曲である。その後に「キミノアト」を持ってきたのは大正解。何年前かの夏のライブにこの曲を聴いた時から大好きになって、またどこかで聴きたいと思ってて、まさか春一で聴けるとは思いませんでした。前に聴いたときよりもさらにレベルアップした「キミノアト」を聴けてぐっと来たところに「天国のでたらめ」って反則でしょ?この曲は名曲をたくさん持っているももクロの中でもトップクラスに最高な曲で、イントロだけで泣ける。歌詞もメロディも踊りも、全てが完璧なこの曲を定期的に披露してくれるのは本当に幸せでしょうがない。この曲をライブで披露し続けてくれる限り、ももクロのライブに私は行き続ける、くらいに大好きで大切な曲。曲が終わって幸せな気持ちに浸っていたら、春一のテーマソングみたいな立ち位置の「笑一笑」で本編は終了。トロッコで何度か移動はしていたんですけど、後方のステージに上がらなかったのは残念でした。まさか、このステージは明日だけ使うの?そんなわけないない、だって水がセッティングされているんだから。とやきもきしながらアンコールが始まりました。

 

 

アンコール一曲目に「Link Link」を持ってくるのは反則じゃない?切なくて、涙が出そうになった。春一に似合いそうな曲だなと思ってたので、今日のライブでやってくれて本当に嬉しかった。次に「ももクロのニッポン万歳!」でようやく後ろの方に来てくれた。ち、近い!近すぎる!肉眼でありありとももクロが観れるなんて。曲が終わり、あのイントロが流れてきた時にはついついニヤニヤしてしまいました。春一でやってくれるなんて、演出が憎いな。まさか「だてあり」を観れるとは思っていませんでした。この曲のときにようやく後方のステージに立ってくれたんですけれど、あまりにも近すぎて、今のこの状況が現実なのかどうかわからなくなりました。距離にして2m少し。たぶん、こんなにも近くでももクロを観たのは初めて。ああ、ギリギリで今日のライブに行くことにした自分に感謝。本当にめっちゃ近くて、ちょいちょいメンバーがこっちを見てくれたときにドキドキが凄くて、曲に全然集中出来なかった。なんなん、あれはなんのご褒美だったんだろうか。次に「コノウタ」で、「あー、今日のライブも終わってしまうのか。相変わらず、ももクロのライブは最高だったよ」と早くも感傷に浸りそうになっていたら、アンコールのラストがまさかの「Guns N'Diamond」でしたありがとうございました。

 

 

高速バスの時間が近づいていたので、最後の挨拶まで観ることは叶いませんでしたが、相変わらずに最高の時間を過ごさせて頂きました。今回は初めての春の一大事、それも遠征ということでいろいろと不安なところが多かったんですけれど、そんな不安が簡単に吹き飛ぶくらいに最高のライブを楽しませて頂きました。やっぱりももクロは最強で最高であることを再確認できました。次のももクロのライブは5月の「JAPAN JAM」なので、今日の帰り道はそこまで寂しさに襲われることはありませんでした。夏や冬のライブに比べて時間が短かったので、「あれっ、もう終わり?」という呆気なさがあったにはあったんですけれど、あっという間に時間が過ぎたのは最高にももクロのライブが楽しかった証拠ですね。アルバム発売まで一ヶ月を切ったので、新曲がどんなものになっているのだろうかとワクワクしながら待っています。今年もどっぷりとももクロに浸りそうです。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20190420201955j:image