眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

何もしないで休日が終わる

本当はいろいろとしたいことがあった。しかし、それに見合うだけの体力が残っていなかった。名古屋に赴任して2週間。自分ではそこそこ新しい環境に慣れたと思っていたけれど、体の方はまだまだ慣れていなかったようで。残業なんてしていないのに一日が終わるとくたくたでほぼほぼ毎日ばたんきゅーでした。そして、歓迎会という体力の使うイベントが一週間に2度もあり、それのおかげでもう平日は何もすることができませんでした。ようやく迎える休日。先週はサカナクションのライブで東京に遠征していたため、今週でようやく名古屋でどっぷりと休日を過ごせる。大須にでも行って食べ歩きをしてみようか。そんな甘い考えを実行に移せるほど、私の体力は回復していませんでした。金曜日にカラカラになるまで使ってしまった私の体力は土曜日のほぼ丸一日を費やしても回復することはありませんでした。そして日曜日、ようやく人間らしい生活を送れるかと思ったらまさかの病気。起きたのが午前11時で、そのときにまず感じたのが激しい頭痛。遅れて、異様な寒気を全身で感じました。何故にこのような不調に?もしや誰かから風邪を移されたのか?その謎が解決せぬまま、えんえんと日曜日は眠り続け、午後6時前に何とか起きだして、それなりの状態には戻りました。たぶん、平日に張り詰めていた緊張が解れて、心身の疲れがどっと溢れ出してしまったんじゃないでしょうか。土曜日に飲みに誘われていたのを断っておいてよかった。日曜日のtacicaのライブチケットを買わないでおいでよかった。でも、せっかくの休日なのに何も出来ずにまた平日に飛び込んでいくのはあまりにも寂しすぎるではないか。私はもっと余暇を楽しみたかったのに。ああ、また明日から仕事が始まるのか。先輩がいい人だから人間関係での悩みというものが殆ど無いのはすごく助かってます。明日から一人で客先を回るようなので、ちょこっと緊張しつつもあとは出たとこ勝負でやっていこうと思います。まずは明日からの五日間を何とか生き延びて、次の土日を全力で楽しむんだ。......そろそろゴルフスクールに通わないとな。