眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

引越しの準備

日曜日。歯医者を9時に予定していたので、否応無しに早起きをする。昨日はそこまで夜更かししなかったので眠たさはそこまでない。歯医者に行き、右上奥歯に被せ物を付けてもらう。なんとか間に合った。転勤の辞令を交付されたときは歯の治療が3月中に終わるか不安だったが、力技で治して頂いた。これからは歯医者なんておぞましい場所に行かないよう、きちんと歯磨きをしないといけないとは頭では分かっているんだけれど、夜になってだるだるになると歯磨きが面倒になって、部屋の電気を消すのも面倒になって、布団の上でだらーっとしていたら眠りこけて朝になる、パターンが最近は多発していたのでこれからは改めるようにします。

 

 

歯医者から家に帰ったのが10時前、駅前に最近できたパン屋さんで買ってきたパンを食べる。そこそこ美味しいけど、この値段はおいそれと払えるようなもんではないな、やはり自炊に限る。そこから引越しの準備を始めればよかったんですけれど、HDDにたまっていたバラエティを消化していたらうとうとがやってきてしまって、思わず布団の上にごろんとしてしまったが最後。気持ちいいなあ、と思っていたら眠りに落ちていて、起きたら14時過ぎ。あーあ、今日もやってしまったなー、と思いながら昨日届いた段ボールに訥々と本やら服やらを詰め込んでいく。本ばかりを詰め込むと相当な重量になるので、本の間に服を詰め込んだりしていい感じに作業を進めていく。段ボール7箱分を詰め終わったら急激に飽きがきてしまって、また布団の上にどてっとしてしまった。まだ段ボールに入れていないものはたくさんあるけれど今日はこれでおしまい。17時から有安杏果のライブがあるので、あまり体力は消費したくない。

 

 

家を出て、大好きなコッペパンのお店でトンカツサンドを食べてお腹を満たしてから、いざ六本木へ。遂に、遂に。待ちに待った今日のライブ。有安杏果はどんな姿で出てきて、どんなパフォーマンスを披露してくれるだろうか。楽しみで楽しみでしょうがない。開演時刻40分前に着き、会場に入ろうとしたら入場に手こずっているようで、なかなか自分の番が来ません。まあ初めてのライブだし、これぐらいはしょうがないよね。

 

 

有安杏果のライブは初めてだったし、去年からいろいろとあったので、彼女がどんな姿で出てくるのか不安でした。杞憂でした。有安は有安のままでした。ソロライブだとこんな感じなんだ、すごくゆるゆるとしているというか、時に鬼気迫る感じはあるけれど終始リラックスしながら観てました。2時間半ぐらい、よくもまあ体力がもつよなあ、と感心しながら六本木を後にしました。

 

 

ライブで少しバテてしまった体を引きずって渋谷へ。今日こそは昨日借りられなかったCDを借りるんだ。あってくれ、頼むから。.....一枚だけ残ってた!よかったよかった!早く家に帰ってこのCDを飽きるほど聴いてやる。

 

<借りたCD>

 

CENTER OF THE EARTH(初回限定盤)

CENTER OF THE EARTH(初回限定盤)

 
13分間の悪夢

13分間の悪夢

 
ANGELS

ANGELS

 
Blank Envelope

Blank Envelope

 
Eye of the Storm

Eye of the Storm

 
時の肋骨

時の肋骨

 
NUMBER SEVEN

NUMBER SEVEN

 

 

 

Wonderful Wonderful

Wonderful Wonderful

 
MASSEDUCTION [CD] (8-PANEL POSTER)

MASSEDUCTION [CD] (8-PANEL POSTER)

 
Bloom

Bloom

 

 

 

家に着いたのが22時。ご飯を炊いていなかったので炊く。炊けるのを待っている間に先ほど借りてきたCDを黙々とインポートしていく。こんなにも借りて、一体いつ聴くんでしょうね。名古屋に戻ったらTSUTAYAに行っても聴きたいアーティストのCDがレンタルされていないので、買うしかないか。今更ストリーミングサービスに戻るのもなんだしな。やっぱり音源は自分の手元に置いておきたいからな。好きなアーティストが何かやらかして、配信されなくなったら嫌だからな。当分はまたちまちまとCDレンタルをしていくことにします。

 

 

この二日間を振り返ってみて、「よく寝るよな」と自分の怠惰さを思い知りました。平日にハードな仕事をしているわけではないのに、なんでこんなにも疲れてしまうんだろうか。そんなに緊張しているのかな。緊張してるよな。職場に腹割って話せる人......いない。そもそも気軽に世間話を振れるような環境じゃないからな、あいつがピリピリした雰囲気を撒き散らかしているんだよな。俺はもっと和気藹々、とまではいかなくても些細なことでも気軽に訊けるような環境を作った方がいいと思うんだけどな。いつまで先輩のことを見下して、ソロプレイをぶんぶんかまして悦に浸っているんだろう。かっこ悪いし、チームでやることではないだろ。上司もそのことに対して注意するべきなのに、なんで何も言わないんだろうな。ほんと、もうなんなんだろ。後1週間もしたらこの職場とは関係がなくなるからもうどうでもいいんだけど。