眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

UNISON SQUARE GARDENの15周年はまだまだ止まらない

unison-s-g.com

 

 

ロックバンドに祝福を。

 

ニゾン15周年記念作品としてバンド結成日である7月24日にリリースされる本作は初のトリビュートアルバム。
ゆかりのある12組のアーティストにユニゾンの楽曲をカバーしてもらった。各アーティスト独自の解釈で新たに生まれ変わった変幻自在の12曲が君を揺さぶる。更にミュージシャン以外の様々なクリエイターにも協力してもらい(初回限定盤のみ収録)未だかつてないトリビュートアルバムがここに完成した。
ロックバンドはよくやった。たまには祝ってもらおう。

 

15周年でトリビュートアルバムを出すということで思い出したのが、ピロウズが結成15周年で「SYNCHRONIZED ROCKERS」という伝説的なトリビュートアルバムである。「SYNCHRONIZED ROCKERS」のメンツはとにかく豪華で、ミスチルバンプエルレという音楽の第一線で走ってきたロックバンドが参加していて、如何にピロウズがミュージシャンズミュージシャンであったかが分かる。しかし、ユニゾンがトリビュートアルバムを作るだなんて、少しは妄想をしてはいたがまさか15周年にぶちこんでくるとは。しかも、参加しているミュージシャンがこれまた豪華で、選曲も憎いところをついていて、今からとても楽しみである。

 

参加アーティスト/タイトル(50音順)
a flood of circle / フルカラープログラム
イズミカワソラ / ガリレオのショーケース
9mm Parabellum Bullet / 徹頭徹尾夜な夜なドライブ
クリープハイプ / さよなら第九惑星
THE BACK HORN / シャンデリア・ワルツ
the pillows / シューゲイザースピーカー
・SKY-HI / 蒙昧termination
東京スカパラダイスオーケストラ / 桜のあと(all quartets lead to the?)
堂島孝平 / シュガーソングとビターステップ
パスピエ / 場違いハミングバード
BIGMAMA / MR.アンディ
・LiSA / オリオンをなぞる

 

こんなかんじで、特にビビッときたのがピロウズがカバーする「シューゲイザースピーカー」。

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

二年前にユニゾンピロウズが対バンした際のライブタイトルに「シューゲイザースピーカー」が使われていたのである。このときのライブは特に素晴らしいものであったので、また機会があったら両バンドの対バンライブを観てみたい。他に気になっているのが、THE BACK HORNがカバーする「シャンデリア・ワルツ」。どんな曲でも自分たちの世界観に取り込んでしまうバックホーンがあの名曲「シャンデリア・ワルツ」を如何ように調理してくれるのか。非常に楽しみである。ただ、一つだけ気になっているのは今回のトリビュートアルバムにNICO Touches the Wallsが参加していないことである。何年か前に大阪でニコとユニゾンが対バンをした際に非常にいい空気が流れていて、NICO Touches the Wallsがカバーした「さよなら第九惑星」が頗る良かったので、いつしか音源化されればと期待していたのに......。それだけが気になっている。ただ、他にもa flood of circleが「フルカラープログラム」をカバーしたり、BIGMAMAが「MR.アンディ」をカバーしたりと、楽しいことが次々に起こっているようなので、とりあえずはトリビュートアルバムがどのような仕上がりになっているのかを妄想するのがこれからの楽しみになりそうである。

 

 

そして、トリビュートアルバムの発売とともに発表された自主企画「fun time HOLIDAY 7」の対バン相手。トリビュートアルバムの参加者から発表された「イズミカワソラ」@DIAMOND HALL、「SKY-HI」@センチュリーホール、「LiSA」@Zepp Nagoyaという錚々たる面々。この企画を名古屋で開催してくれることに感謝しているとともに、4月に名古屋に転勤が決まったことは必然なような気がしている。私がユニゾンのライブを初めて観たのが「Populus Populus」ツアーでのDIAMOND HALLでのライブである。あの時のライブがすごくよかったからユニゾンにべた惚れしてずーっとずっと聴き続けてきた、非常に思い入れのあるライブである。もしかしたらそんな記念的な場所でまたユニゾンを観ることが出来るのかもしれない。そう想像しただけで胸がいっぱいになってしまった。仕事の都合上、イズミカワソラとLiSAの公演に応募したが、お願いします、当選してください。特にイズミカワソラとの対バンめっちゃ観たい。田淵が影響されたアーティストであるイズミカワソラとの対バンなんて、もうどんなえぐいライブになるのか計り知れないだろうから、絶対に行きたい。何としてでも、行ってやる。

 

 

トリビュート企画ですごく興奮してしまったが、同時にB-Side Albumのほうの詳細も発表されていて。再録される曲がどのようになるのか楽しみでしょうがないし、このアルバムのライブにも必ずや、必ずや参加してやる。ああ、今年もユニゾンの一年になりそうです。