眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

マッチングアプリ3「努力が足りなかったのか」

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

マッチングアプリを5日間ほど開いていなかった。めんどくさかったのだ。えんえんと女性の顔写真とプロフィールを眺めるのがたいへんだし、たとえいいねを送ってマッチングして、あれこれ考えた末に送った渾身のメッセージに対して返信が返っててこないと「じゃあなんでいいねを押したんすか?」と問い詰めたくなる。また、メッセージが返ってきたとしても、面白くもなさそうな話題がずるずると続いてしまっているとき、素の自分を曝け出したくなってしまう。私は変な人間なんです。それを承知のうえでお付き合い願いたい、と。真面目に「スイーツが好きなんですか。どんなスイーツをよく食べられますか?おすすめがあったら教えてほしいです!」なんてメッセージを送っているとき、心の中の私は真顔で(なんでこんなことをしているんだろう)と心底つまらなそうにしている。こんな実りがあるのかないのか分からないような、ふわふわとしたことをやっているよりも、自分の趣味を満喫していたいのだ。仕事から帰ってきて、お風呂に入ってご飯を済ましたらそこそこいい時間になっていて、寝るまでの時間はあまり長くないのだ。その貴重な時間を有意義に使いたいのだ。アニメを見たり本を読んだりすることが有意義かどうかは分からないし、将来への投資という見方をすればマッチングアプリをこつこつしているほうが有意義なのかもしれないけれど、仕事で疲れ切って腐りそうになってしまっている心をときめかせるためには、限られた時間の中で全力で楽しみたいんです。人生はあっという間に終わってしまうと思っているので、退屈な時間なんて極力なくしたいんで。なので、マッチングアプリは最初に宣言した通り、一か月で止めます。あと2週間ぐらいしか残っていないし、連絡先を交換できるようになるまで関係性を発展させられる気がしないので、もう開くのやめようかな。もしかして自分の波長に合っていない人だったからつまんない会話しかできなかったのかもしれないし、自分のトークスキルがしょぼすぎて会話がつまんなくなったのか、どっちなのかは分かりません。もう分かろうともしていない私は、今すぐ全力で趣味に没頭したいと思います。やっぱる、一人で過ごしているほうが楽だな。誰なのかよく分からない人に対して気を遣うのは疲れた!!