眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

157日目「銀杏BOYZのライブには行けなかったし、有安杏果は復帰するし」

ああああああああ、今日は定時内に仕事を終わらせて、というか仕事なんてなかったのでのんびりと時間をやりすごして、定時を過ぎたら武道館に直行しようと思っていたんです。Aさんにさりげなく仕事の有無を訊いたら「特にないよ」(いつもじゃん......)と了承を得たので、後は一人、Cさんにお伺いを立てて事なきを得れば、いざ武道館へ。と思いながらCさんに訊いたら出るわ出るわ。隠し持っていたのか、それを午前中、いや午後でもいい、15時だっていい、なぜそれを定時が過ぎてから出すのだ。もうなんなんだ、私はどうしたらいいのだ。午前中に仕事を任されて、午後も仕事があって、それを終わらせて定時になって、そこで「まだ仕事が残っているよ」ならいいですよ。でも、定時前に仕事があるだなんて一言も言わなかったですよね。定時内にその仕事が発生したというのならまだなんとか、ぎりぎりの理性を保って納得しようとしまうけれど、それ、金曜日のときに振れる仕事、ですよね?なんで定時が過ぎてから持ち出してくるんだよ。毎回毎回、定時前には仕事を振らないくせに、なんだよもう。どれだけ私が銀杏BOYZのライブを楽しみにしていたと思うんだと。昨日は興奮してなかなか寝付けなかったんだよ。彼らのワンマンライブは今まで観たことなかったし、武道館はすごく好きな会場なので、今日という日をすごく楽しみにしていたんだよ。なのに、もう。なんなんだよ!

 

 

21時過ぎにようやく解放され、ジムに行ってストレスを発散させる元気もなく、とぼとぼと歩いて家に帰りました。心の中で燻る黒いものが爆発してしまわないように、夢中になって親と話していたらあっというまに1時間半を過ぎていました。お陰ですごくすっきりしました、ありがとうございます。でも、今のような仕事の振り方をされたら、どっかのタイミングで怒ってしまいそう。改めてくれないかな。それとも、新人は先輩から理不尽に仕事を任されるのも文句を言わないで飲み込まないといけないのかな。ああ、やっぱり腹立たしいな。

 

 

 

お昼にスマホを眺めていたら、有安杏果の復帰のツイートを発見しました。

 

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

あれから一年も経つのか。時間過ぎるの早!という思いと、「やっぱりソロでやりたかったのか......」という気持ちが綯交ぜになって、呆然としてしまいました。ソロでやるんだとしたら、なんで卒業ライブの時にあんなことを言ったんだろう、と思うし、でもバックから圧力がかかっていて言えなかったのかな、とも思うので、今回の件に関しては何とも言えない。ただ、「既にライブの会場も抑えているんだね」という用意周到さに苦笑が漏れてしまうだけで、彼女に対してあまり感情が湧いていない自分がいることにびっくりしています。去年の今頃は有安杏果の喪失感でけっこうしんどい思いをしたはずなのに、今はそこまで気にならなくなっているのは、四人になったももクロだけを一年間しっかりと見てきたからなんだと思う。ももクロ有安杏果も、これからもお互い頑張っていってほしいなとだけ思いました。それ以上の感情は、もう持ちたくないので。

 

 

 

ああ、一日が終わってしまう。先週ぐらいから読書欲が湧いて、今日はライブ終わりにほくほくした気持ちで本を読んでやろうという計画を立てていたのに、結局何もしないまま、一日が終わっていくのか。もう本を読む気分でもないし、さっさと寝るか。頼むから、明後日のライブには行かせてくださいお願いします。いや、ここで願うんじゃなくて、朝から先輩に「何か手伝えることはございませんか?」と鬱陶しいぐらいに詰め寄ってやればいいんじゃないか。でも、そんなことは思ってもいざその段になってみるとそれをする元気がなくなるのが自分なんだよな、と思うのでした。明日は、早く帰れたら、ジムに行こ。