眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

153日目「まだ仕事は始まらない」

今日も昨日と同じように、ウォーミングアップのような一日でした。一つの物事に集中して取り組んでいると、さらさらと時間が流れるのを感じました。朝は寝不足で気怠げな体も、定時を過ぎてプライベートを満喫できると思うとスッと軽くなりました。重い仕事を振られることはなく、のんべんだらりと時間が過ぎていくのを楽しんでいました。

 

 

髪が伸びてきたので散髪しようと思ったんですけれど、18時の段階で10人以上も待機していたので散髪は諦め、まっすぐ家に帰らず、久しぶりにジムに行ってきました。およそ3週間ぶりのジム。月に1万円も払っているのに、先月は一回しか行かないという体たらく。以前は週に五回も行くなんて馬鹿げた真似をしていたんですけれど、最近は「体を動かすのは人生の無駄である」というよく分からない考えに囚われてしまっているせいで、ジムに行くぐらいなら家でのんびりを満喫することを選ぶ意思の弱さが露呈されてしまいました。まあ、のんびりするといっても音楽を流しながら布団の上でごろごろするというしょうもないことしかしないような、本当にこの時間、人生に必要?って感じの時間の過ごし方をしていたんですけどね。久しぶりに泳いでみると、体が思うように動かない、特に肩のあたりに重しがのっかかっているんじゃないかってぐらいに重さを感じました。完全に運動不足です。1年前から太ってきているくせに、ちゃんと運動していないから、出っ張ったお腹がなかなか引っ込まないんですよ。以前は穿けていたズボンのチャックが閉まらなくなるのって、想像していた何十倍も辛いんですね。早くスリムな体形に戻って、あの頃の身軽さを取り戻したい、と思うんですけど、思うだけなんですよ。健康的なものを食べるでもなく、運動をするでもなく、家に帰ってごろごろしてれば痩せるなんてそんな夢のような話は実現しませんね。さあ、今日ジムに行って気分が良くなったことを頭に頑丈に焼き付けて、継続して通い続けるようにします。今月はジムに行ける日数が20日と少しなので、せめて10日は行ってやろうと思っています。

 

 

それで、ジムから帰ってきて、夕ご飯をもごもごして、来週の月曜日にライブを控えた髭を聴いていたんですけれど、度重なる夜更かしによる寝不足と、髭のゆったりとした曲のおかげで、気付いたら2時間弱寝てました。起きた時はすごく幸せな気分でした。眠たくて目がゴロンとする感じもなくなって、頭もいつも以上に冴えているような気分になりました。やっぱり睡眠はきちんと取らないとダメですね。今は溜まっていた洗濯物をまとめて洗いながら、HDDの中身を整理して、時間が残ったらマッチングアプリを眺めようかなと思っています。もう、これ、本当に中毒性があるな、怖いよ。

 

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

昨日から一体どれだけの時間を費やしたんだろう。本当にこんなので彼女を作れるのかな。彼女よりまず、女の友達が欲しい。てか休日に一緒に遊んでくれるような人がいてほしい。その人とたくさんの事象についてあれこれ話して、話すことに対して抵抗感を無くしていきたい。今現在、長期休みからの久しぶりの出勤で必要以上に人を恐れているきらいがあって、本当にこの感情鬱陶しいと思うし、早くもう少しフランクに人と接することが出来るようになりたいと思うのは向上心なのか、はたまた......。ああ、なんでこんなにも人と接することに対して抵抗感を持ってしまうんだろう。だる......。

 

 

明日こそは、仕事らしい仕事ができるよね。そうだよね。自堕落な一日なんてさせない。