眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

営業になってからの日々の記録(2018年)

1日目「はじまりの季節」

 

2日目「高揚感と新たな風」


3日目「春の嵐


4日目「眠いのです。」


5日目「一週間が終わりました」


6日目「少しの余裕と諦め」


7日目「レールに乗っかった人生」


8日目「一日が過ぎていくのが早くなってきたので、あとは惰性で時間よ過ぎよ」


9日目「ふと正気に戻るとぞっとする」


10日目「二週間を駆け抜けた」


11日目「新しい革靴2、仕事に命懸けたい」


12日目「おもんな」


13日目「とんだ茶番だな」


14日目「あと少しで休みだ」


15日目「一人で動きたい」


16日目「一日過ぎるのはやっ」


17日目「たちっぱなしつらっ」


18日目「自分が変わらないと世界は変わらないよ」


19日目「あと一日」


20日目「終わった」


21日目「Ready Player One」

 

22日目「前途多難なぐらいがお誂えだね」


23日目「母親は偉大だ」


24日目「仕事ができなくて死にたくなった」


25日目「遊び」


26日目「嫌なことをあとにのばしのばしで人生をすり減らしていく(´д`|||)」


27日目「どうせ明日だって今日みたいな一日なんだろ」


28日目「一日一日が終わっていくのが悲しい」


29日目「楽になりたいなどうしたらなれるんだよ」

 

30日目「今日も生きたね」


31日目「どんなに嫌がっても今日はやってくる」

 

32日目「一つ乗り越えたつもり」


33日目「怖じ気づいたら負けだ」

 

34日目「しょうもな」


35日目「何事もない日々が続けばいいね」


36日目「狭い範囲のなかでもがいている」


37日目「だいぶ慣れてきた」


38日目「まだまだだね」


39日目「そうですそうですはいはいそんな感じでいいです」


40日目「まだまだ続けてく」

 

41日目「ちゃんと決着つけるから。それまで待ってて」


42日目「もういっそ仕事さぼって一日中寝ちゃおう。それか海にでも行って一日中海を眺めていたい」


43日目「「「」」」


44日目「そろそろ打ち明けてもいいんじゃないの?」


45日目「残業は中毒性があるから怖い」


46日目「やっていけるかも」


47日目「苦しみは一人で抱えるものではない」


48日目「だめなのかが分からない」


49日目「何処へ行く」

 

50日目「そんな一日」


51日目「また今日が昨日になる」


52日目「本を読みたい」


53日目「もうだめだ」


54日目「あっけなく」


55日目「はじまりはじまり」


ー休職ー


56日目「日常が始まった安心感と、前へ全然進めてない不安感」


57日目「不安で不安で不安で不安でしょうがなくて、文章を書き続けて今を忘れる」


58日目「寝れないじゃないかよう」


59日目「もう帰っていいですか?」


60日目「明日の風」

 

61日目「あと一日」


62日目「盆休みがはじまった」


63日目「ボーナスタイムは終わった。夏も終わったならばいいね」


64日目「iPhoneをはじめた」

 

65日「挫けそう」


66日「この胸の高鳴りを一生忘れることはないでしょう」


67日「自分の世界を変えられるのは自分しかいない。でもその手助けを周りの人から得られると、世界を変えるスピードはぐんと増す」


68日目「雷鳴が轟いた。私はただ立ち尽くしていた」


69日目「人生が変わる音が確かに聴こえた」


70日目「人はなかなか変わらないぞ」

 

71日目「変えなくちゃ」


72日目「歌舞伎町」


72日目②「初めての新規営業」


73日目「あたそナイトに救われた」


74日目「ガダ・ダ・ヴィダ」


75日目「韓国ドラマブーム再来か?そしてApple Musicが私の音楽生活を変える音が聞こえた」


76日目「「FooL on CooL generation」は長年ピロウズのファンであった人へのご褒美」


77日目「あほが」


78日目「空元気出せるならもう元気になった証」


79日目「たくさん考えても結論は出ない。動いて後悔してもそれが私が選んだ選択なら、進むしかないよ」


80日目「自分で自分を追い込んでしまう苦しい」


81日目「話していることが理解できない。それと先輩との飲み」


82日目「もう今日のことは考えないで、さっさと地元のぬくもりを妄想する」


83日目「パソコンの前で何をするでもなく放置されていると、 まるでここで年老いていくのを待っているみたい」


84日目「暇って素晴らしい」


85日目「意味のないことを死ぬまで繰り返そう」


86日目「明日から三連休♪仕事の事なんて当分忘れちゃおっ」

 

87日目「今日は一体なんだったんだろうね」


88日目「音楽が鳴り続けるまで踊り続けろ」


89日目「アイドルこわい」


90日目「君とくだらない話をしたい」


ー部署異動ー


91日目「飲み会は残業に含めますか?」

 

92日目「君を縛るやつから 奪い去ってやる」


93日目「夢見る少年じゃいられない」


94日目「さよならをただ言いたいだけなのに」

 

95日目「まじないわ」
96日目「夢はいつだって届きそうで届かないところにある」


97日目「仕事に殺されないために」


98日目「だからあれほど残業をするなって言っておいたのに」


99日目「あと少しで100日」


100日目「楽していきたい」


101日目「無駄な残業を集めて」


102日目「在るべき姿」


103日目「救いようがない馬鹿だな」


104日目「少し暇。それが懐かしくもあり、疎ましくもある」


105日目「咳をしてもひとり」


106日目「星野源がアルバムを出すし、ももクロがDVDを出した。それだけで、私は仕事のストレスを帳消しにしてみせる」

 

107日目「ここで立ち止まるわけにはいかない」


108日目「風邪の事しか考えられない」


109日目「風邪たちぬ」


110日目「風邪がようやく終焉を迎えそうです」


111日目「自分と世界の境界線が曖昧になってしまうな」


112日目「10月31日の渋谷には絶対に近づいてはいけない」

 

113日目「もう一ヶ月。あと二ヶ月」


114日目「我慢ばかりじゃ辛いでしょ」


115日目「風邪は治ったっぽい。歯は痛いまま」


116日目「純粋さは隠すだけ損だろう?」


117日目「突き抜けろ」


118日目「腹が立ちすぎて、意味が分からない」


119日目「そして今日も明け暮れる」


ー別離ー


120日目「仕事の飲み会のたびに、自分の心の大切な何かを削り取られている」


121日目「颯爽と駆け抜けていく一日と残業の無意味さ」


122日目「震えるぜ」


123日目「もうそれだけで生きていける」


124日目「疲れてばたんきゅー」


125日目「それでも、生きていく」


126日目「正気になったら負け」


127日目「真面目すぎる君へ」


128日目「頑張ったご褒美」


129日目「会社にギリギリに行く意識の低さ」


130日目「夢見る頃を過ぎても」


131日目「生き延びるための歌」


132日目「FINLANDとゆく桃くる桃」


133日目「明日も進んでいかなくちゃいけないのに」


134日目「このままこの会社に残り続けたら、頭がおかしくなってしまうかもしれない」


135日目「仕事とはこういうものである、という諦め」


136日目「やっと来た」


137日目「自分の裁量で仕事を進めることができるとストレスが殆どなくなる」


138日目「明日から旅行でうきうき」

 

139日目「なんだかなあ」


140日目「お金を貰いすぎている」

 

141日目「さあ そろそろ目覚めるとき おのれの武器は何なのか」


142日目「思考を森博嗣化する」


143日目「今日も生きたよ」


144日目「どの道選んでも正解」


145日目「ばっかじゃないのー」


146日目「僕は落ち着きを取り戻す」


147日目「人間が仕事をしているなんてださい、という時代が早く来てほしい」


148日目「仕事ととの勝負にかたがついた」


149日目「あっという間に日は過ぎて」


150日目「明日終われば冬休み」


151日目「明日から冬休み」

 

 

 

この9カ月の記録を振り返ってみたんですけれど、暗いことしか書いていなくて怖。仕事に対する意識低すぎて、逆に凄い。「仕事をどんどん任されるようになって、毎日が充実してます(^^」とか「今日できなかった分は、必ず明日やり遂げてみせる」といった仕事に対する肯定的な気持ちがなさすぎて潔い。仕事とは苦痛なものである、という誰かの言葉を体現したかのような9カ月でした。来年から今の状況が劇的に変わる気配はございませんし、新人がいなくなったらまた私が標的になってしまうことは明白なので、今のうちに猛スピードで力をつけておいて、いざフルボッコにされそうになったときにきちんと立ち向かえるような攻撃力と防御力をつけておかないと、ということはぼんやりとは考えるんです。ですけれど、いざそれを実行に移すのはなかなかにめんどくさいな、だから今自分はこんなところで燻っているんだろうな。そろそろ仕事に対して本気を出す時が来ました。まあ、それに対して本気で立ち向かえるかどうかは別問題ですけれど。お金を貰っているんだから、最低限は会社に貢献しないとバチが当たるぞ。