眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2018年によく聴いた音楽

2018年によく聴いた音楽を振り返ろうとしたんですけれど、今年に発売されたアルバムを振り返ってみたらそこまで聴いてなくて。じゃあ一体何を聴いていたんだろう、と考えてみたらももクロUNISON SQUARE GARDENでした。

 

 

 

ももクロは今年で結成10周年ということで、いろいろな企画を行ってました。その一つ一つを掬い上げることはできませんでしたが、いろいろと楽しみを分けてもらいました。B面曲をライブでは聴くんですけど、音源としては持っていなかったので、それを入手して、通勤中によく聴いていました。特に「5TH DIMENSION」の頃のB面曲がすごくよくて、

 

「BIONIC CHERRY」(from「労働讃歌」)

「LOST CHILD」(from「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」)

「Wee-Tee-Wee-Tee」(from「サラバ、愛しき悲しみたちよ」)

 

の3曲をよく聴いてました。ももクロはシングル、アルバム曲も素晴らしいんですが、B面曲も手を抜くことなく、いやB面曲だからこそ自由に遊べるのかな、突き抜けた曲が多い印象を受けました。

 

営業に配属されて、慣れないことが多くて(特に濃い人間関係)、しんどい1年でした。そんな辛いとき、朝起きたくないとき、電車に乗るのが「うっ」となるとき、ももクロの曲を聴くと心がすっと軽くなって「まあそんな力入れんでもいいか」と思えてきて、少しだけですが前を向けるようになりました。会社に行く途中の満員電車でももクロの可愛くてまっすぐな歌声を聴いていると、ユートピアの中で揺蕩っているような気分になって、会社へ行くことの不安と苦しみが軽減されました。本当にしんどい一年でしたが、なんとかこうして年越しを迎えることができるのもももクロのおかげです。本当に一年間ありがとうございました、そしてお疲れ様です。来年は新しいアルバムを発表してくれるので、新しい曲がぐんと増えるのがすごく楽しみです。どんな曲が待っているんだろう。ライブも楽しみに待ちながら、のんびりと2019年も生きていこうと思っております。

 

 

 

あとは今年の元旦にアルバムを一か月以内に発売すると電撃宣言したUNISON SQUARE GARDENを相変わらずよく聴いていました。

 

 

MODE MOOD MODE (初回限定盤B) [CD+DVD]

MODE MOOD MODE (初回限定盤B) [CD+DVD]

 

 

「Dr.Izzy」が完璧な作品だったので、「果たして、彼らはこの作品を超える作品を作ることができるのか?」と不安になっておりましたが、そこはUNISON SQUARE GARDEN。期待を裏切ることなく、より完璧な作品を仕上げてきました。

 

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

個々の曲が素晴らしいのは勿論のこと、とにかくアルバムの流れが素晴らしい。一曲目「Own Civilization(nano-mile met)」から12曲目「君の瞳に恋してない」まで、ズイショで緩急をつけながらするっと聴けてしまうのはもはや職人芸。特に、「フィクションフリーククライシス」からの「Invisible Sensation」の流れが完璧で、何回聴いても鳥肌が立ってしまいそうになります。

 

2018年のUNISON SQUARE GARDENのライブは1月28日に幕張メッセで行われた「TOUR 2017-2018 “One roll,One romance”」と、4月19日にNHKホールで行われた「TOUR 2018 “MODE MOOD MODE”」の2本しか行ってなかったんだ、少ないな。そっか、そうか、もっと行っていると思ってたんですけれど、あまりにもこの2本のライブの満足度が高すぎて、すごく印象に残っていたんでしょうか。来年は「TOUR 2019 “MODE MOOD MODE ENCORE”」に行く予定で、すごく楽しみにしております。本編からどれほどセットリストを変えてくるのか、本編では演奏しなかったアルバムのあの曲はやってくれるのか、そして直近のシングル曲のB面曲は.......と妄想が尽きません。今年も相変わらず、ユニゾン尽くしの1年でした。来年もあまり無理をせず、活動を続けてくれることを願っております。

 

 

ということで、この二組アーティスト以外は正直あまり聴きませんでしたし、新規開拓も全然できませんでした。それほど、追い込まれた日々を送っていたんです。心許ないときには何度も何度も聴いてきた、馴染み深い曲で自分の心を整えないとやっていけないんです。なので、新規開拓を来年こそはどんどんしていきたいんですけれど、まずは仕事に慣れてからですね。果たして来年には慣れているんだろうか......。