眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

年末映画二作目「カメラを止めるな!」(☆☆☆☆)

 「カメラを止めるな!」をようやく観ました。

 

 

そうか、そうか、そうだったんだね。という感想を漏らしていいのかは分かりませんが、映画を観ている途中で何回も頷いてしまったので記しておきます。

 

 

この映画、序盤がものすごく不安定な映像で、乗り物酔いをしなくなった、と自負していた私でも気持ち悪くなってしまって、途中で観るのを止めてしまおうと思いました。映像を観ていて本当に吐き気がこみ上げてきて、正直なんでこんなつまらないのにやたら持ち上げられていたんだろうと不思議でした。でも、その理由は最後まで観ないと分からない作りになっていたんですね。

 

 

観てて「この映画、大丈夫か?」と不安がる箇所が何度もあったんですけれど、それが最後には「ああ、そういうことだったんだね。なるほど、ほうほう、いやこれよくできてるよな」とにやにやしながら観てました。

 

 

最近はこんなチープな作りの映画を観ていなかったんで不安と期待が半々でしたが、観終わった後は「ああ、観てよかったな」と思える作品でした。でも、これは少しでも内容を知ってしまったら全然楽しくないと思うんで、これから観ようかなと思っている人は情報を一切知らないで、真っ新な状態で観ることをお薦めします。

 

 

でもほんと、最初の部分の画面酔いはしんどかった。それがこの映画の一番の欠点ですかね。いいものを観させてもらいました。 

 

 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20181226193851j:plain

カメラを止めるな!