眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

150日目「明日終われば冬休み」

今日も本当にしょうもないことをして時間を消費してしまった。回りくどい言い方で人を煙に巻くような人間がわーわーと喚いているんじゃありません。そんなにも気になるのなら自分でやればいいのに、口だけ達者なもので面倒なことこのうえない。

 

 

お昼休み、昨日久しぶりに訪れたお店に、上司の意向で今日も行くことになるとは。昨日行かなければよかったなと思うし、高圧的に話す上司とご飯を食べててもただただ疲れるだけだなと再確認できた。もう嫌なんだよ、人の話ははなから聞く姿勢は見せないくせに、自分のこととなるとどうでもいいことでも熱心に語っちゃってさ。そういう話は仲のいい人とやってください。部下があなたと食事を行くことで、貴重な昼休みを無駄にしていることに気づかないだろうな、あの性格じゃ。こんなにも不満たらたらな人生を送りたくないのに、それを上司が両手を広げて通せんぼしてくる。

 

 

定時を過ぎたのでさっさと帰ってしまおうとしたんですけれど、先輩に一言「何か手伝えることはありませんか?」と訊かないとあとで先輩からぶーぶー言われるので、毎度面倒だけど聞いているんですけれど、今日は上司と話をしていて、30分以上も待ちぼうけを食らった。ようやく上司が帰って、上記の質問したら「おお、早いな。今日もパーティか?」と聞いてきて面倒このうえなかった。仕事は定時に上がるのが基本、残業するような働き方は下手くそなんだと思っている傲慢な私には、定時前に仕事を振ってこないなら、定時過ぎた後に仕事を振ってくるんじゃねえよと思う。

 

 

口が悪くなってしまったな。......元々か。