眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

寝てた

久しぶりの三連休。楽しむ、と昨日の夜はあれほど意気込んでいたのに、いざ蓋を開けてみると一週間分の仕事の疲れがどっと飛び出してしまい、体はそこまでだるくはなかったけれど眠くて眠くて。布団に突っ伏している状態が一番幸せだった。そんな自堕落な時間の過ごし方をしていたら眠りに落ちていて、起きたらライブの開演時間を過ぎていたのです。

 

 

明日こそは、明日こそは休日を満喫してやる、と明日発売されるミイラズの新作を聴きながら、夜更かしをして明日も駄目にしてしまいそうな気がしてます。暇だったら有馬記念に行こうかな。