眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

「ザ・クロマニヨンズ ツアー レインボーサンダー 2018-2019」at LIQUIDROOM 感想 (2018.11.14)

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

おいおいおいおい、残業のせいでLIQUIDROOMに着いたのが20時10分で。おいおいおいおい。全速力で会社から恵比寿まで、とにかく走った。息ぜえぜえでなんとか中に入ると、「雷雨決行」を絶好調にかましているときで、もう最初から観たかった気持ちと、でもこんな近くで観るクロマニヨンズは初めてだとか、後ろから不気味な声が聴こえるとか、そのあとに「どん底」「GIGS(宇宙で一番スゲエ夜)」をやって本編が終了した。サイコーだ。急いでZIMAを頼んで、ほぼ一気飲みに近い飲み方をしたら頬が緩んで楽しくなってきた。難しいことは考えないで、そのままでいこー、と思えた。アンコールで「時のまにまに」「突撃ロック」、そして「ナンバーワン野郎!」って最高かよ。会社出た時には、会場に着いたらライブが終わっているんじゃないか、と危惧していたが、なんとか6曲聴けた。6曲も聴けた。欲を言えば、この日のためにたくさんたくさん聴いてきた「レインボーサンダー」の曲を浴びるほど聴きたかった。アルバム曲はどうせ序盤のほうでどばっとやってしまうことは分かっていた。。だからまあ、いい。来年の3月か4月にホールでまたこのツアーのライブを観るから、そのときに今日のもどかしい気持ちを解消させる。土日だから、定刻に遅れることなく満遍なく楽しめる、とは思っているんですけど。転職して、土日休みではなくなってしまっていたら、まあ、そのときはそのときで。もう、頬が緩みっぱなしで、幸せな気持ちで電車に揺られていました。もう、クロマニヨンズすごくかっこよかった、あんな短時間でこんなに満足感を得られてしまうのなら、フルで観ていたら今頃大変なことになっていたことでしょう。

 

今日の教訓:平日にライブの予定を入れるのはやめましょう。しかし、来年の一月まで平日のライブチケットを買ってしまっているという現状。今は自分でスケジュールを決めて仕事を進められないから、とにかく定時内に任された仕事を終え、あとは天に任せるのみ。先輩、頼むからライブのある日は定時が過ぎてから仕事を振るのは本当に本当にやめてくださいお願いします。

 

 

ああ、楽しすぎて、勢いで本屋で文庫本を買おうとしてしまった。土日まで我慢しよう。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20181114214504j:image