眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

The Mirraz「ハローウィンウィン物語7~今年はギンギンギーン!!!!!!君へウィーンウィーンウィーン!!!!!!2018~」(2018.10.27) 感想


bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

The Mirraz「RED JACKET」がアルバムとしてのまとまりがすごくよく、各曲も完成度が高かったので、思わず足を運んでしまった今年の3月のライブから早くも7カ月が経ってしまったんですね。月日が経つのが早いな。

 

ハロウィン真っただ中の渋谷は恐ろしく、足早に会場へ向かいました。

 

7割ぐらいの人が仮装していたのかな。私は準備が間に合わなくて今回は見送りました。未発表曲のCD、欲しかった。

 

一曲目に畠山自身の仮装にちなんだ曲を演奏して。それから、「レディース&ジェントルメン」「WAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!!!!!!!!!!」「アナーキーサヴァイヴァー」と、ミイラズの初期のなかでも大好きの曲を連発していただき、とても興奮しました。

 

それからは、ただただ怒涛の演奏と、だらだらとしたMCを聴く幸せ。これがミイラズなんですね。

 

最新作「夏を好きになるための6の法則 part.2」からの曲「誰も死から逃れられない!」がきれっきれの演奏でとてもテンションが上がりました。このアルバムは全曲がもれなく大好きなので、12月のレコ発にはたぶん行きます。行けるかな。まだ自分、息してるかな。

 

アンコールは40分ほどだらだらと観客の仮装いじり。正直、だれましたね。でも、喜々としている畠山が観れたんで、よかったかな。

 

今回の白眉は「プロタゴニストの一日は」を聴けたこと。この曲、こんなにもよかったんだ。「OPPORTUNITY」を改めて聴きなおしてみようと思っております。

 

帰りもそそくさと歩いて駅へ向かいました。ハロウィンの渋谷なんて、近寄るもんじゃない。来年は渋谷ではないところでやっていただきたいです。

 

 

<セットリスト>

 

01.ペ・ル・ソ・ナ~邪魔しないでよ~
02.レディース&ジェントルメン
03.WAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!!!!!!!!!!
04.走れ魔法使い
05.アナーキーサヴァイヴァー
06.僕はスーパーマン
07.ラストダンスとファンデーション
08.ゾンゾンゾンビーズ
09.つーか、っつーか
10.VAM!VAM!VAMPIRE!
11.格闘ゲーム
12.check it out! check it out! check it out! check it out!
13.ふぁっきゅー
14.バタフライエフェクトを語るくらいの善悪と頑なに選択を探すマエストロのとある一日
15.Get Money
16.観覧車に乗る君が夜景に照らされてるうちは
17.マジか。そう来たか、やっぱそう来ますよね。はいはい、ですよね、知ってます。
18.ラストナンバー
19.スーパーフレア
20.僕らは
21.誰も死から逃れられない!
22いつまでたってもイスタンブール

 

EN

 

23.プロタゴニストの一日は
24.5.5.5st

 

EN2

25.CANのジャケットのモンスターみたいのが現れて世界壊しちゃえばいい

 

f:id:bigpopmonsterpro:20181028230608j:image