眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

佐々木亮介単独公演"佐々木亮介の夜遊び天国ツアー" at 渋谷B.Y.G 感想

3年前に恵比寿、2年前にWWW、去年は行けなかった佐々木亮介さんのワンマンを渋谷B.Y.Gという、非常に趣深いライブハウスで観てきました。

 

現段階で、今年一かっこいいライブを観れました。勿論、a flood of circleのライブもかっこいいんですけど、亮介さんの歌をアコースティックで聴ける幸せときたら、何物にも代えがたい宝物なんです。

 

隠れ家のような、秘密基地のようなライブハウスで、亮介さんを見下す感じで堪能した2時間半は至福としかいいようがありませんでした。今日発売された新譜の曲「Baby 君のことだよ / Baby It’ s You」「ラブリー・アワー / Lovely Hour」はまだ聴きこんでいなかったんで十分に曲の良さは分からなかったんですけど、生で聴くそれはもう気持ちよかったです。

 

「賭け (Bet! Bet! Bet!)」も、「The Cat Is Hard-Boiled」も、「プリズム」もよかったけれど、「Honey Moon Song」がずば抜けてかっこよく、完全に心を持っていかれました。呆然と眺めることしかできないほどに圧倒的な力強さで歌われる「Honey Moon Song」のおかげで、今日の鬱屈とした気分が少し楽になりましたありがとうございます。

 

カバーもたくさんやってくださり、歐陽菲菲やサム・スミスジュディマリと非常に幅広い選曲で、それぞれの曲は個性が強いのにそれを佐々木節に変える亮介さんの個性的で唯一無二なかっこいい歌声のおかげで、ライブ中ずっと、目も耳も釘づけでした。

 

ライブの途中でステージに上がった山田将司さん(THE BACK HORN)と村松 拓さん(Nothing's Carved In Stone)とのセッションで歌った「真夏の夜の夢」だけでも、今日来てよかったと思える瞬間でした。こんなにも真近で将司さん観ることができるなんて思っていなかったので、ものすごく興奮してしまい、そのあとの数曲はぼーっとしてしまいましたすいません。

 

文章に起こすと今日のライブのすごさを全然表現できていなくてもどかしいです。もう本当に、殆どの時間、集中が途切れることなく佐々木さんの歌声に聴き惚れてました。あんなにかっこよく歌えるんだったらさぞかし歌うのは気持ちいいんだろうな、と思うと同時に、この歌声をこんな近くで聴けるなんて、私はなんて幸せ者なんだろうとつくづく実感しました。

 

平日のライブだったので行けるかどうか不安だったんですけど、無事観ることができ、充実した時間を過ごすことができて、ほんとうよかったです。こういうライブを観る機会があるから、ライブは止められないんだよ。12月にまたLOFT HEAVENで引き語りライブをやってくれるので、ぜひぜひ行きたいし行きます。

 

本当に幸せだった。

 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20181002234544j:image