眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

85日目「意味のないことを死ぬまで繰り返そう」

今年の中でもトップクラスを狙えるであろう眠気に襲われた。昨日の夜、寝る直前までBird Bear Hare and Fishのアルバムを聴いていた。聴き終わったら部屋の電気を消そうと思って布団のうえに横たわっていたら朝が来てしまった。まあまあの睡眠時間を確保できたはずなのに一日の初っ端からすごく眠かった。気圧が低いことや、昨日の水泳で体を思う存分酷使したことも原因なのだろう。少しでも気を抜くと後ろから全力でど突かれたほどの衝撃の眠気が来てしょうがなかった。タブレットをばりぼりと噛み砕いても一向に眠気が収まらず、もうこうなったらままよ、と周りを眺めていたら人が殆どいないことに気付いて、「もう会社に居る必要なんか無いんじゃないか。世間体なんてくだらない」としょうもないことをえんえんとこねくり回して一日を力技で終わらせた。やるべきことが何も無い日の8時間の、なんと長いことか。勉強しなければいけないことはたくさんあって、随時勉強しているんですけど、如何せんいまだに興味を持つことが出来ないせいか、眠くて眠くて仕方なかった。最近、手を全然動かしていないことに気付いた。そりゃ頭の回転が遅くなるわけだ、と勝手に決め付けて安心しようとすることの何が悪い?

 

 

 

机の裏にこびりついていた付箋の、その色の濃淡に心躍らせる日々にも似た感情を持ち合わせていた。気付いたらここじゃないどこかに存在していた経験、それを是とする世間の風潮に抗う術を知りたくは無い。どうしてもこみ上げてくる震える魂の叫びにも似た、どこか懐かしく恐ろしい、ホッチキスで留めた領収書の切れ端のような。感情を失ったロボットが歩き続けている。感情を失った人間は歩くことができるのか?変わらない、じゃなくて変われないという言論を見かけるたびに、ご冗談をと自分を抑える気持ちに他意はなかった。苦し紛れに生まれた発想を忘れたくないと思うことは少しも恥ずかしいことではないよと、誰かに言って欲しかっただけなのに。それさえも強欲の仲間入りを果たしてしまうから、コンビニの無造作な棚の陳列を看過できない。

 

 

 

 

家に帰ってから、自己投資の時間を全然設けられていない。仕事が終わったあとの愉悦感で頭がぽおっとしてしまって、勉強をしようとする気になれない。仕事のことなんて忘れてしまって、ひたすらに目の前の娯楽をごくごくと飲み続ける。こんなんじゃだめだって分かっているから、尚更趣味に時間を費やしていることがたいへん気持ちいい。今のところ残業はほぼ0なので、ジムによらず家に帰ってとしたら6時間もの時間を自由に使うことができる。さすがにそこまでの時間をドラマや小説だけで過ごすのは飽きてしまうので、隙間時間にスマホをぽちぽちとやっている無意味な時間を削減して、自己投資に回したほうがいいって分かっている。そうしたほうがいいってのは頭では理解しているのに、なかなか行動に移せないのが凡人の凡人たる由縁なのかもしれないですね。今日もジムで人泳ぎしてから、ちょちょっと小説を読んで、溜まりに溜まった韓国ドラマを少しずつ消化して一日が終わった。。転職活動、話し方教室の準備をしなくちゃいけないことは痛いほどに分かっておりますが、楽なほうへ流されてしまうこの私はいつまで経っても変わらないんですね。行動していないのなら愚痴をこぼすなよ、と思うのですけど、けどどうしても辛い日がやってきてしまうから、それをすることぐらいはどうか許して欲しい。誰に?たぶん自分だろうな。

 

 

 

 

一つことを終えると自動的に用意されるまたひとつ、それをこなしていくのが当たり前だと思っていた。心にも無いことを上司に言い続け、荒んだ心にじっくりと炭酸水を浴びせ、収縮しきった血管をことごとく圧迫する。面接、それも面接官が30人のアトラクションみたいなそれを明日に控えても。一度も発話したことのない志望動機に似た空の色を眺めていた。電話機のコードを引きちぎると、手帳からあふれ出す知らぬ存じぬの電話番号をただ眺めていた。分からないことをはっきり分からないと言い続けて聞こえにくくなった幻聴と、それに附随する不安定な気持ちにより、角の喫茶店のコーヒーは今日も苦く感じられた。吐き気がした、そんな昼の沿道を下るときによく見る白い子猫のくりっくりのめんたまが相変わらす柳の端を捉えていた。何をするでもなく、心は未来へ向かう。

 

 

 

予習のつもりで久しぶりに聴き始めたThe Cheseraseraがもうすんごくよくて、この声でこのサウンドでこの歌詞で、ってもう最強じゃん!早くから彼らの事を知ってて、ライブにもちょくちょく行けててよかった。でも、彼らのライブにはあまりいい思い出がないので、どうか日曜日のライブはいいかんじになりますように。そしてMr.Childrenの当落発表が明日に持ち越されて、もうやきもきが止まらない。さて、ももクロのミュージカルは二日間行こうかしら迷っているぜいたくな悩みの真っ最中です。一人暮らしの私に、一万円はでかいです......。

 

9,432歩

 

WHAT A WONDERFUL WORLD

WHAT A WONDERFUL WORLD